浄化

四柱推命/算命学

「一人は楽しい」で開運する算命学

高尾義政先生の算命学の教科書を読んでいると、「こういうときは孤独になると禍を免れます」とか「親縁が薄くて親元を離れた人は開運します」とか「家族も配偶者も子どももいない、そういう人がこういうときに見事に成功するのです」とか、とにかく「一人推...
精神世界:スピリチュアルブログ

コロナで外出自粛…こんな時だからこそ読みたいスピリチュアル本5選

外出自粛でオウチ時間が増えています。こんな時こそ、瞑想してみたり普段は読めなかった精神世界の本を読んでスピリチュアルに生活してみてはいかがでしょう。霊的な視野を持ち込めば、「これからどうなってしまうのだろう」という不安も和らぎます。 ...
メルマガ読者限定記事

楽園まであと何マイル?

リズ・グリーンの神々の物語―心の成長を導く教えを読んでいたら、旧約聖書のアダムとイブの話が出てきました。手短に説明しますと、「楽園で何不自由なく暮らしていたアダムとイブが蛇にそそのかされて食べてはいけない知恵の木の実を食べてしまい...
人生:スピリチュアルブログ

乙女ゲー(ギャルゲ)でシャドウを統合する

私は昔から乙女ゲーやギャルゲーを「自分の内面状態を映す鏡」として使っています。そして「無駄な人(キャラ)などいないのだ」ということが腑に落ちると「自分も誰かにとって必要な1ピースなんだ」と気づくことができるのです。苦手な人もいなくなります。
人生:スピリチュアルブログ

ほろ苦さこそが癒しにつながる「おっさんずラブ in the sky」

前の記事で、JUNEについて書きました。 そして2019年の今。雑誌JUNEは廃刊し、地上波ドラマで男同士の恋愛が「真っ当に」扱われるような世になりました。そう、ドラマ「おっさんずラブ」はもう明確に「JUNE」ではありま...
ホロスコープ

個人を浄化する乙女座の力

乙女座は、個人性を示す星座群の最後にあって、個人の浄化を目的とし、集団性の星座の最後にある魚座は、われわれの住む地球環境や地域環境全体の浄化に関連している。 愛蔵版 サビアン占星術  魚座15度 イケメンに愛される乙女なマツコ・...
精神世界:スピリチュアルブログ

音楽を聴こう、闇の中に光が見えるから~音の力

ベートーベンの最後の交響曲「第九」。あの喜びの歌は、音を失っていく絶望とともに生み出されたのです。「いつでもポジティブ!ワクワク!楽しいことだけしよう!」なんて心理状態じゃ、全人類の平和と共存を願うシラーの詩に乗せた歓喜は生まれ得なかった
お客様の声(体験談)

かわいくない私、卒業します!

奈良県 I様からのメール ※一部個人情報に関わる部分を伏せたりぼかしたりしております。ご了承ください。 リンデンバウム~スピリチュアルカウンセリング・ヒーリング Nozomiさま ●日にはカウンセリングを有難うございま...
精神世界:スピリチュアルブログ

生が大事ならば死だって大事

メンヘラは「死にたい」と言って死にません。死にたいのではないのです。「死にたいなんて言わないで(≒あなたは必要な存在)」と言われたいのです。死というものをそんな風に利用するなんて、死への冒涜が過ぎます。死は生と同じくらい神聖なものなのに。
人生:スピリチュアルブログ

理解できれば、憎しみは浄化されていく

理解したほうが「あーハイハイ」ってイラつかずにストレス無しにスルーしやすくなる。言語化できると「そういうことか!」ってスッキリできて解放されることができます。理解できれば、憎しみは浄化されていくのです。言語化って、大事だね。
人生:スピリチュアルブログ

あなたはきっと、泣けないと思うよ。

自分の不自然な感情や感覚、憎しみや苦悩、未解決の悲嘆、海のようにため込んだ涙を、表に出すことさえできれば、本来の自分に戻ることができます。 「死ぬ瞬間」と死後の生 P175~176 マンガ「或るアホウの一生」の最終回に、こんなシーンがありま...
人生:スピリチュアルブログ

深い闇の中にこそ、真の癒しはある。

「或るアホウの一生」みたいな作品って、えぐられるし重いって思うかもしれない。だけど、そういうところにこそ、本当の深い深い癒しや救いがあるんですよ。失うからこそ、傷つくからこそ、その後に大きな癒しの力がもたらされるのです。
タイトルとURLをコピーしました