健康

精神世界:スピリチュアルブログ

スピリチュアルな世界を堪能したいなら、肉体を鍛えるべし!

先日、スピな本が難しいよ~っていうけど、それはそれで仕方ないんだよということを 文字と霊能力 で書きました。 松村潔先生は 「本の内容が難しいよぉ~」 って読者へ以下のように返しています。 地球人の平均水準の知性...
人生:スピリチュアルブログ

自分の体と、おしゃべりしよう。

「病院に行けば何でも治してもらえて、完璧な健康が手に入る」 この依存的な考えこそが、今の製薬会社の不誠実な姿勢を作りだしているとも言えます。わたしたちには、医者や薬ではなく、自分の感覚で体の声を聴いていくという姿勢が求められます。
人生:スピリチュアルブログ

ねえ、ボクと契約して、うつ病(金ヅル)になってよ☆

日本という風土にうつ病は合いません。悲しみを受け入れる日本古来の文化はうつ病(精神疾患)ではありません。製薬会社は「気分が落ち込んだらそれはうつ病。精神科に通って薬を飲むべきだ!」という価値観を日本人にうえつけました。「うつは心の風邪だ」と。
人生:スピリチュアルブログ

子どもを作らないと、若くいられる?

先日のプレゼントキャンペーンで、とあるメルマガ読者様が 「40代半ばなのにもう生理が上がってしまった」 とおっしゃっていました。 まあ、ウチのメルマガの読者さんですから 子どもが欲しいわけではなくて全然問題はないということでし...
人間関係:スピリチュアルブログ

本当に心の病を抱えている人なんて、そんなにいない

落ち込んだり不安になったりするなんて、それは人間としてむしろ正常でしょう。結局のところ、製薬会社が病名つけて薬飲ませるターゲットを増やしたいだけ。「うつは心の風邪」で食い物にされているのです。発達障害だって、薬漬けにするカモを増やす手段。
人生:スピリチュアルブログ

トラウマや不安には、専門家のケアが必要なのか?

大抵の日本人は、ずうっとアメリカを「最先端の国」としてあがめてきました。「アメリカでは○○している」は「それは正しいこと」を意味したし、映画の宣伝では「全米が泣いた」と書かれる始末。アメリカ人が泣いたからって日本人が泣くと限らねえべや。 ...
人生:スピリチュアルブログ

うつは悪者? 落ち込むのはダメ? 違くね?

少し落ち込んだだけで「鬱だから薬を飲め」なんて、横暴すぎます。人間の感情は尊いものです。ネガティブな感情だって大切です。喜びと同じように辛いことだって、精神を育ててくれます。落ち込みがあるから心の奥から湧き出る喜びも訪れるのです。
人生:スピリチュアルブログ

体の声を聴いて、食べていますか?

現代人は「本能によって食べる」ということを失っています。体の声を聴いて食べるのではなく、頭の声を優先して食べています。体の声を聴いて判断することって、すごく大切なこと。「なぜ、『それ』を求めているのだろう?」ということも含め。
人生:スピリチュアルブログ

「健全」って一体何だろう

歴史的に名だたる指導者の多くが、表向きはキリッと健全そのものに見せておきながら、裏側ではボロボロ。世の中で一番真っ当で健全に見える人こそ、実は病んでるのかもしれませんね。「偉人」と呼ばれる人たちを見ていると、そう思っちゃいますね。
人生:スピリチュアルブログ

除菌しすぎるとメンタル弱くなる理由

昨今のキッチン・バス用品の多くって「除菌!」「消臭!」ってうたいますよね。「シュッとひと吹きで除菌OK!」みたいな製品がたくさんあります。だけど、わたし思うんですよねえ。「邪魔な雑菌を綺麗に片づけすぎてるから、身体もメンタルも弱く...
精神世界:スピリチュアルブログ

生が大事ならば死だって大事

メンヘラは「死にたい」と言って死にません。死にたいのではないのです。「死にたいなんて言わないで(≒あなたは必要な存在)」と言われたいのです。死というものをそんな風に利用するなんて、死への冒涜が過ぎます。死は生と同じくらい神聖なものなのに。
子どものいないあなたのための スピリチュアルブログ

まったく、どぶろくは最高だぜ(作り方あり)

どぶろくって知ってますか。 米と麹(こうじ)で作るお酒です。 というと「エー、日本酒でしょ?日本酒はちょっと…」という反応をされるのですが、ちょっと待った。 ちがう!どぶろくは確かに日本酒と同じ材料で作るんだけど、甘くてフルーティなんだよ...
タイトルとURLをコピーしました