毒親に関する記事

毒親に関する記事

残念ながら世の中、自分勝手なエゴで子どもを傷つける親がいます。そんな親に対して、わたしたちはどうやって対処したらよいのでしょうか。

実は、Nozomi自身が毒親サバイバーです。竹刀で娘を殴る父と、過干渉お受験ママ(母子癒着型自己愛マザー)。地獄でした。
約10年前に親と縁を切って、お陰様で今は楽しく生きています♪

成長する母の姿に「縁を切って良かった」と思った日
ウェーイ!同志・毒親持ちの皆さん、お元気ですかー!!今日もハッピーに感謝でパリピしてますかー!!!まあわたしは部屋にこもって刀剣乱舞やってますけどね。だって今、経験値2倍キャンペーンなんだもーん。わたし槍推しなので、ぎねね育てなく…

毒親から傷つけられたトラウマを癒したい場合、インナーチャイルドの記事もおすすめいたします。

占い

「男らしさ」に苦しむ人ほど、占いをやったほうがいい

映画「行き止まりの世界に生まれて」という映画がただいま上映されています。札幌では10/2~サツゲキで観られるそうなので、行こうかなと思っています。 多くの女性たちは「女らしくしろ」「女のくせに」という圧力に長い間...
四柱推命/算命学

縁で見えてくる自分の姿~共通干支

スピリチュアルカウンセリングでは、相手と縁がある状態であるならば、相性が悪かったとしてもその人との関係を続けるように伝えます。 それが魂の成長にとって最も良いことだから、そういう縁ができている。たとえ、その不快な相手と関係を絶ったと...
四柱推命/算命学

機能不全家庭(毒親)と身強の星

私は超身強です。天南-天将-天将という「とにかくエネルギーを使わないと、死んでしまうー!!!」という「泳がないと死ぬマグロ」みたいな生き方が自然である星を持っています。 だから私は一般的な優しい言葉、例えば「無理しなくていいんだよ」...
四柱推命/算命学

自分の星を生きることの大切さ~壬辰の母に学ぶ

私の母は自分の星を生きていないなぁ、ちゃんと生かせてないなぁと思う人です。 自分を知れば、人生は輝く! 同じ命式でもこんなに違う〜魁ごうの双子の生き方こちらの記事にも書いたのですが、母は日干支が魁ごうの壬辰。エネルギー値...
四柱推命/算命学

帝旺(天将星)を育ててくれた異常干支と空亡(天中殺)

私は四柱推命の十二運で冠帯-帝旺-帝旺(算命学なら天南-天将-天将)という、“チョットドウシチャッタノ?アナタ〜”レベルな身旺人間です。 ちなみに、昭和の伝説の大女優、原節子様も私と同じ午月生まれの丙午でW帝旺です。そりゃ小津作品を...
メルマガ読者限定記事

親の遺伝子を継いで、なお自分らしく生きるには

一つの生涯というものは、その過程を営む生命の稚い日に、すでにその本質において、残るところなく、露われているのではないだろうか。僕は現在を反省し、また幼年時代を回顧するとき、そう信じざるをえない。この確からしい事柄は、「悲痛」で...
ホロスコープ

試練に立ち向かうべき人、サッサと逃げたほうがいい人

穏やかな「イージーモード」の命式やホロの人は「つつがなく何事もなく人生を送る」ということこそが至上で試練なんて逃げたほうが良い、向き合わないほうが良いのでしょう。壁を壊すために勇敢に戦うよりも、逃げたほうが良いのでしょう。生き方はそれぞれ。
四柱推命/算命学

父を「ただのオジサン」として認識することで見えたこと

凪のお暇のシンジの言葉「自分にとっては唯一無二の親も他人から見たらどこにでもいる普通のおじさんとおばさん」「親も所詮人間なんだって認め(中略)見くびって見限ること」はその通りだなあ、と思います。すると、今まで見えなかった父の一面が見えました
人生:スピリチュアルブログ

親と縁を切る長女/長男と、現実的に折りあう次女/次男

マンガ凪のお暇7を読んで「アヒョーッ! シンジんち、まじウチと一緒!!」と変な声を出しながらもんどりうちました。親の言うことに素直に従うなんて、バカのすることなんですよ。ええ、私はバカなんですよ。妹(次女)もシンジ(次男)も賢いのですよ!
四柱推命/算命学

自分を知れば、人生は輝く! 同じ命式でもこんなに違う〜魁ごうの双子の生き方

私の母は一卵性双生児の双子。当然、伯母と母は時柱以外全く同じ命式を持っています。壬辰の魁ごうです。だけど、伯母と母の生き方は正反対。同じ星でもイキイキ自分を生かす生き方と、よどんで腐ってしまう生き方――興味深い事例なので、シェアします。
ホロスコープ

互いにシャドウとなる親と子~サターン・リターンの子

29~30歳くらいに生まれた親と子の関係はなかなか難しいものになりやすい。この記事では一歩ふみこんで、父にとってサターン・リターンの子である私がどんなふうに互いにシャドウ(抑圧して認めていない自分の姿)になっていたのかを考えてみます。
ホロスコープ

サターン・リターンの子 ~ 試練の親子関係

29~30歳くらいに生まれた親と子の関係はなかなか難しいものになる。なぜなら、親にとって子供は常に「サターン・リターン」を思い起こさせる存在になるから。私も父にとってサターン・リターンの子です。リズ・グリーンの名著を引用しながら考察します。
タイトルとURLをコピーしました