必要な本は必要な時にやってくる ~ タグ「本」の記事一覧

恋愛・結婚:スピリチュアルブログ

日本男児の子種などいらぬ!

我ながらすごいタイトルだな…。 白井 なぜここまで少子化がひどくなるのか。成熟した資本主義国ではこういう出生率のカーブになるという傾向が世界的にあることはわかります。しかし、それにしてもあまりに極端ではないか。その原因を考えた...
人間関係:スピリチュアルブログ

弱い男ほど男尊女卑になる

私は筋肉が好きです。 男体の美は筋肉にこそあると思っています。 私がゲイカルチャーを好むのは、ゲイには筋肉を愛でる文化があるからです。 幼女の頃から筋肉好きでした。 父の腹をさわって「お父さんのおなかには卵がはいってる~...
人間関係:スピリチュアルブログ

本を読もう。そうすれば世界がつながるから

ちょうど今読んでるこの本で、何千年も当たり前に行われてた拷問や残虐刑が18世紀頃に突然姿を消した要因として、出版の爆発的増加、即ち読書習慣の普及が挙げられてるんだよ。 人々が読書を通じて他者の視点を体験することで、他者に共感する能力が...
人間関係:スピリチュアルブログ

なぜ日本男は劣等感が強いのか

日常で「男性の劣等感の強さ」が異常だと感じることはありませんか。 例えば、間違っているところを指摘したらふくれる。その場で間違いを認めない。 だけど、間違いは間違いだから、あとから確認するとこそっと自分で直していたりする。だけど...
ビジネス:スピリチュアルブログ

好きなことだけやって生きてく

夢中になって好きなことやってたら、勝手にスキルが身に付いてた。人生って、導かれるものですねえなんてことを書きました。こういうことを書くと「自分の好きで仕事にしていきたいですっ!!」という声をいただきます。おう、じゃあやればいいじゃないですか。
人生:スピリチュアルブログ

「負けるが勝ち」ゆえに、負け犬は勝ち組

一回負ければいいんですよ。挫折すればいいんですよ。こんなに頑張っても自分を磨いて綺麗になっても、誰も私のこと、見てくれない!!愛してくれない!!って。負ければいいのよ。そうすれば、道が開けるのよ。何の道って、女性性への道が。
子どものいないあなたのための スピリチュアルブログ

わけのわからない苦しさから解放されるために

果てなき孤独感、飽くなき承認欲求というのは、「切り離されてしまった感じ」が影響しています。「自分は自然(地球・宇宙)とつながっていると思う人」は少数でしょう。シュタイナーは本能に従って行動することを、つながりなおすヒントと示しています。
人間関係:スピリチュアルブログ

自制は愛

腕力があるのに女を殴らぬ男は、本当に強い男。同じように、何か力を身に付けたら、律せねばならない。力をつければつけるほど、自制する必要が出てくる。制御するだけの心の強さを同時に持たねばならなくなる。使っていい時と悪い時を、見極めねばならない。
人生:スピリチュアルブログ

殺人とセックスは、近い。

「ナンパは自傷」 この言葉で、「そういうことか!」と納得がいきました。 どうしてナンパ師が即れる(セックスできる)ようになったのに精神的にドンドン病んでしまうのか、そしてなぜ彼らがメンヘラビッチとばかり引き合うのか、この言葉で合点がいっ...
オタク ヒーリング

社会の流れを読みとろう

年末年始、あなたはどんな本を手に取りましたか? 私が読んだ一冊はわたしの安倍晋太郎―岸信介の娘としてです。 ご存知、安倍晋三首相の御母堂、安倍洋子さんが書いた手記です。 これを読んで 「此の親にして此の子あり」 と非常...
人生:スピリチュアルブログ

淋しさを癒さないと大変なことになるゾ★

私は貴女は、壊れたがっているのだ。にも書いた通り、安倍晋三首相がすごい嫌いです。全般的に生き方がださいし、いちいちやること格好悪い。あまりにも意味不明すぎる。 いや、ある視点から見るなら確かに合理性はある。だけど、それやると庶民がディスト...
恋愛・結婚:スピリチュアルブログ

男と女の間には深くて暗い川が流れておるのじゃ…

枡野浩二さんの「結婚失格」を読んでいます。 漫画家・南Q太さんとの離婚のいきさつが書かれた私小説です。 「なぜ俺を捨てる? 俺が何か悪いことをしたというのだろうか? 頼むから子どもにだけは会わせてほしい」 という悲痛な叫びが、つらつら...
タイトルとURLをコピーしました