必要な本は必要な時にやってくる ~ タグ「本」の記事一覧

人生:スピリチュアルブログ

ねえ、ボクと契約して、うつ病(金ヅル)になってよ☆

日本という風土にうつ病は合いません。悲しみを受け入れる日本古来の文化はうつ病(精神疾患)ではありません。製薬会社は「気分が落ち込んだらそれはうつ病。精神科に通って薬を飲むべきだ!」という価値観を日本人にうえつけました。「うつは心の風邪だ」と。
人間関係:スピリチュアルブログ

本当に心の病を抱えている人なんて、そんなにいない

落ち込んだり不安になったりするなんて、それは人間としてむしろ正常でしょう。結局のところ、製薬会社が病名つけて薬飲ませるターゲットを増やしたいだけ。「うつは心の風邪」で食い物にされているのです。発達障害だって、薬漬けにするカモを増やす手段。
人生:スピリチュアルブログ

トラウマや不安には、専門家のケアが必要なのか?

大抵の日本人は、ずうっとアメリカを「最先端の国」としてあがめてきました。「アメリカでは○○している」は「それは正しいこと」を意味したし、映画の宣伝では「全米が泣いた」と書かれる始末。アメリカ人が泣いたからって日本人が泣くと限らねえべや。 ...
ホロスコープ

起こるべきことが、起こるべき時に起こる

「大人が幸せに生きていないと、子供や動物が犠牲になっていく」本当にそうだなあと思います。「じゃあ自分の幸せの形って何だ?」と問い直してみました。それは「女系社会」かなと。原始の女系社会では、争い事は無くて支配は無く分かち合う社会だったのです。
人生:スピリチュアルブログ

死を考えることは、どう生きるかを考えること

6/2に放送されたNHKスペシャル「彼女は安楽死を選んだ」。昨年11月末、新潟の52才の女性が安楽死を選択し、この世から旅立ちました。その様子を追った衝撃のドキュメンタリーです。カメラはどこまでも実直に、彼女の死の瞬間まで生々しくとらえて...
精神世界:スピリチュアルブログ

行き詰ったら読んでみて ~ 漫画「神との対話」

なにかに行き詰ったときに、ブレイクスルーを起こす。視点を変えることによって、突破口を見つける。そのためには、今までの凝り固まった視点、常識や固定観念を一旦リセットする必要があります。 そんなパラダイム・シフトのためにオススメな一冊が...
メルマガ読者限定記事

俺が恋愛できないのは地磁気のせいだ(ラノベ風)

悪くねえっ、俺は悪くねェッ!!全部星が悪いんだ!星の巡りが悪いんだ!!! なんて言ったら、「お前はどこのレイモン・ドメネクだ」ってツッコまれちゃいますネ。え、ドメネク知らない? サッカーのフランス代表の元監督で、ワールドカップの采配...
人生:スピリチュアルブログ

体の声を聴いて、食べていますか?

現代人は「本能によって食べる」ということを失っています。体の声を聴いて食べるのではなく、頭の声を優先して食べています。体の声を聴いて判断することって、すごく大切なこと。「なぜ、『それ』を求めているのだろう?」ということも含め。
人生:スピリチュアルブログ

ゆとり教育は実に素晴らしい♥

今の若い人って、スッゴイ優しい人が多いです。人を傷つけないで波風立てないで穏やかに生きていきたい人が多く見られます。一人ひとりを尊重し、個性を大切にする。相手を否定しない。 まさに、「世界に一つだけの花」の優しい世界観!! ...
人生:スピリチュアルブログ

「健全」って一体何だろう

歴史的に名だたる指導者の多くが、表向きはキリッと健全そのものに見せておきながら、裏側ではボロボロ。世の中で一番真っ当で健全に見える人こそ、実は病んでるのかもしれませんね。「偉人」と呼ばれる人たちを見ていると、そう思っちゃいますね。
人生:スピリチュアルブログ

孤独のメリット

感染症のことを考えるなら、ぼっち最強なんですよ。もっとみんなぼっちになれば、風疹とか麻疹(はしか)も流行らないで済むんだよ。セックスをやめれば梅毒の流行も起こらない!集団で行動する生き物だって絶滅してるのだから集団行動=安全ではないんです。
人生:スピリチュアルブログ

汝の敵を愛しなさい

イエスはこう言いました。「敵を愛し、迫害する者のために祈れ」 三国志や宮本武蔵で知られる小説家、 吉川英治は「我以外皆我師(自分以外は全てが師)」といいました。何をきれいごとを、と思われるかもしれません。だけど、本当にその通りなのです。
タイトルとURLをコピーしました