必要な本は必要な時にやってくる ~ タグ「本」の記事一覧

必要な本は必要な時にやってくる ~ タグ「本」の記事一覧

人生の問題に直面していて、ぴったりのときに、ちょうどぴったりの本を手に入れ、ぴったりのページを開き、まさにぴったりの答えを得たとすれば、それは偶然だと思いますか?

おおぜいの人が同じ本を読むとき、本当にみんな同じものを読むのでしょうか?

そもそも読者に詩人を理解する義務があるのでしょうか、あるいは詩人に読者が理解できるように書く義務があるのでしょうか?

小説でカフカが言わんとすることが、評論家がその小説を解釈して述べることであるとすれば、なぜカフカはそれをはじめから書かなかったのでしょうか?

本に登場する人物は、その本が読まれないとき、なにをしているのでしょうか?

エンデのメモ箱 愛読者への四十四の問い

わたしはやたらめったら本を乱読します。なので、ブログ記事には本(マンガ含む)の紹介・引用も多いです。好きな分野は軍事・経済です。でも、スピリチュアル好きはそういうの好まない感じの人が多いので、できるだけスピ好きの人も楽しめそうな本に絞って紹介してますよ!

基本、本は専門書やノンフィクションが好きで、小説(フィクション)は好みません。

わたしの本の好みがなぜそうなっているかはなぜ私は小説を嫌い、マンガではBLを読むのかをご覧ください。

なぜ私は小説を嫌い、マンガではBLを読むのか
私は今、サガプリヤ・デロングの「あなたの内の男と女」を読んで男性性と女性性フィーバー中です。そのフィーバーっぷりは男性性と女性性タグの記事をご覧いただければ一目瞭然だと思います。 なぜこんなにドンドコドンドコフィーバー…


あなたと本の間に、素敵なシンクロニシティがありますように……♪

ビジネス:スピリチュアルブログ

自分がしっかりしなくても、周りが有能なら良いのだ~二代目の心得

私、経営の世界に入って知ったことがたくさんあります。その一つが「後継者問題」です。 後継者問題に悩む経営者の、なんと多いこと!商工会議所のセミナーなどでも後継者育成のための講座が開かれたり、後継者問題の相談口などが設けられていて、深...
人生:スピリチュアルブログ

メルカリで本を買うな!「積ん読」を卒業する読書術

ブログに本のことを良く書いているのですが、そういうことをすると自然と本を読む人が周りに集まってきます。まさに引き寄せの法則ですね。 ちなみに、私は「わかりにくい」って、すんごい大事!にも書いた通り、多読より精読派です。 ...
ビジネス:スピリチュアルブログ

二極化していく世界で、幸せに生きていく方法

子どもたちの階級闘争――ブロークン・ブリテンの無料託児所から(Amazon) 子どもたちの階級闘争――ブロークン・ブリテンの無料託児所からを読んでいて、「ああ、日本も他人事じゃないよなあ」と感じるところがありました。 わたしは...
子どものいないあなたのための スピリチュアルブログ

人生に小さな死をもたらすと、新鮮な気持ちで生きられる。

アメリカ陸軍士官学校の元教官が書いた人殺しの心理学。ミリヲタなおいらが嬉ションして読んじゃうタイプの本です。たーのしー!!! 戦争における「人殺し」の心理学 (ちくま学芸文庫)(Amazon) この本、表紙とタイトルがグログロ...
人生:スピリチュアルブログ

何事もほどほどに~過ぎたるは及ばざるがごとし

「振り子の法則」リアリティ・トランサーフィン―幸運の波/不運の波の選択(Amazon) 「振り子の法則」リアリティ・トランサーフィン―幸運の波/不運の波の選択を読んでいて、「ウウッ」と心に刺さる箇所があったのでご紹介します。「過ぎた...
ビジネス:スピリチュアルブログ

世界を広げる本の読み方

私は、よく人にこう質問されます。 Nozomiさんってどうやって読む本を選んでるんですか 私は「エッ、本って、向こうからやってきませんか」と、ものすごく役に立たないフワッとした回答をしてしまいます。申し訳ないです……。です...
四柱推命/算命学

丙午の女が丙午を深堀してみた

六十干支のひとつ、丙午。「ひのえうま」または「へいご」と読みます。 坂口安吾 作品全集(amazon) 文豪、坂口安吾の本名は坂口炳五へいごといいます。これも、1906年(明治39年)の丙午年に生まれたことによるものです。夏目...
人生:スピリチュアルブログ

「一人を楽しめる」と人生は豊かになる

安岡 正篤「易経講座 運命を開く知恵 人間学講和」(Amazon) 安岡 正篤 「易経講座 運命を開く知恵 人間学講和」を今読んでいるのですが、備忘録がわりに書かせていただきます。役立つ情報だとも思いますので。 おみくじの本当...
占い

どうして本格的な占いは「難しい」と言われてしまうのか

西洋占星術でも東洋の干支占術でも、よく「難しくて良くわからない」「難解だ」という声をききます。 初心者向西洋占星術の手引きである、まついなつき先生のしあわせ占星術 自分でホロスコープが読める本。 私は、わかりやすくてとーっても...
占い

薬膳って面白い!~食物と五行

ある日、友達と五行陰陽論についてメールしてたんです。 Nozomi 五行ってありとあらゆるものに割り当てられてるんだよ食物とか内蔵とか色彩とか そうなんだすごいねー! とメールしてて、ふと思ったのです。 No...
四柱推命/算命学

「普通じゃない」が穏やかな生活、幸せにつながる人

柳田邦男さんのわが息子・脳死の11日 犠牲 (サクリファイス)を読みました。 わが息子・脳死の11日 犠牲 (Amazon) 息子は、ぼくに向って「親父は作家だろ、作家なら、他人のことばかりカッコよく書いてないで、自分のこと書...
人生:スピリチュアルブログ

正解のない道をどちらか選ばねばならない時~先人の対話から学ぶ

世界を変えるための思考で、私は以下のように書きました。 「そうは言うけれども、ゆとり教育を押しつけてきたのは大人じゃないか。そこからどう抜け出せばいいんだ」という方に、一読いただきたいのがヴェルナー・ハイゼンベルクの部分...
タイトルとURLをコピーしました