人間関係:スピリチュアルブログ

恋愛・結婚:スピリチュアルブログ

男は女が必要。女は男が不要。

男には女が必要。 でも女は男がいなくても生きていける。 何とも悲しいのは、男性は有配偶者でないほうが寿命が短いという点である。男性の40歳時点の平均寿命は、有配偶者で39.06年だが、未婚者では30.42年、死別者では34.95...
人間関係:スピリチュアルブログ

世界を平和にしたいなら

シリアでイラク戦争みたいなことやってますね。 「大量破壊兵器はあった!」(あったとは言ってない) 「化学兵器を使うなんてけしからん!」(使ったとは言っていない) ホント飽きもせず同じ手口でアホかいなと。 そんくらい、戦争...
メルマガ読者限定記事

おまえらは地球人対策が足りない

……なんですか。このものすごい電波なタイトルは……。 日本軍と日本兵 米軍報告書は語る、この本ではアメリカ軍が「いかに日本に興味があったのか」ということを示しています。 え?日本軍なんか興味ないよって? そうやってすぐ...
オタク ヒーリング

あなたは陰でいたい?陽でいたい?

この世界は陰陽でできています。 陰になれば陽に引きあい、陽になれば陰に惹き合います。 陰同士、陽同士は引き合いません。反発して距離ができます。 頼もしい男の人と一緒にいたいなら、出しゃばるな あるハイスペ女性はこういいました...
恋愛・結婚:スピリチュアルブログ

日本男児の子種などいらぬ!

我ながらすごいタイトルだな…。 白井 なぜここまで少子化がひどくなるのか。成熟した資本主義国ではこういう出生率のカーブになるという傾向が世界的にあることはわかります。しかし、それにしてもあまりに極端ではないか。その原因を考えた...
メルマガ読者限定記事

男と女は分かりあえる

男と女は違う生き物である。 男の好むものと女の好むものは違う。 相手を同じ人間と思うからコミュニケーションが取れないのだ。 確かにその通りです。男と女ではホルモンのシステムが違います。 また、社会から「男はこうすべき」「...
人間関係:スピリチュアルブログ

痴漢は本屋にいる

私は本が好きです。 本屋でいろんな棚、ありとあらゆるジャンルの本を見て歩き「へぇ、こんな本があるのか!」「この人、新刊出てたのかー!」「ここの書店員さん、目利きなんだよなぁ。平積みしてる本は絶対チェックチェック!」とプラプラするの...
人間関係:スピリチュアルブログ

弱い男ほど男尊女卑になる

私は筋肉が好きです。 男体の美は筋肉にこそあると思っています。 私がゲイカルチャーを好むのは、ゲイには筋肉を愛でる文化があるからです。 幼女の頃から筋肉好きでした。 父の腹をさわって「お父さんのおなかには卵がはいってる~...
人間関係:スピリチュアルブログ

逃げてもいいから、上手く逃げなさい

逃げちゃいけない? 違う、逃げるが勝ちだ。でこう書きました。 やっぱ、逃げたほうがいい時もあるよ! だって、この世界なんて修行のために来ているようなものなんだからね。ここになんて、「一時的に」いるだけなんだから。 逃げち...
人間関係:スピリチュアルブログ

本を読もう。そうすれば世界がつながるから

ちょうど今読んでるこの本で、何千年も当たり前に行われてた拷問や残虐刑が18世紀頃に突然姿を消した要因として、出版の爆発的増加、即ち読書習慣の普及が挙げられてるんだよ。 人々が読書を通じて他者の視点を体験することで、他者に共感する能力が...
メルマガ読者限定記事

劣等感を克服するには

なぜ日本男は劣等感が強いのか 先日こちらの記事で、劣等感に対して大変無神経にふるまう自分の様子を書きました。 そしてシンクロのように、「あっ、私またわかってなかった」と気づく出来事がありました。 男よりデキる女は愛されない!?...
人間関係:スピリチュアルブログ

なぜ日本男は劣等感が強いのか

日常で「男性の劣等感の強さ」が異常だと感じることはありませんか。 例えば、間違っているところを指摘したらふくれる。その場で間違いを認めない。 だけど、間違いは間違いだから、あとから確認するとこそっと自分で直していたりする。だけど...