思い通りの現実を創造する 引き寄せ読書会のお誘い

お知らせ

みなさん。
事件です。
ヴァジム・ゼランドの日本語訳新刊が出ました!

タフティ・ザ・プリーステス 世界が変わる現実創造のメソッド(Amazon)

読書会、やりたい(理由)

この本の存在を知ったのが、11/28。
次の日の11/29、私は札幌のジュンク堂に駆け込みさっそく購入しました。
(北海道はAmazonで頼んでも2日かかるのでリアル書店のほうが早いです)

むさぼるように読んで、思ったのがこれ。

「……ああ、いつものトランサーフィンだ…」

つまり、すごい、難しい。

「振り子の法則」リアリティ・トランサーフィン―幸運の波/不運の波の選択(amazon)

私は以前よりトランサーフィンをおすすめしておりまして、リンデンバウムのお客様にも実践されている方がいらっしゃいます。
そんな方から聞く言葉もやはり「難しい」。

2022/10/22 お茶会の様子

お茶会にいらっしゃった方からも聞きました。
「トランサーフィンは難しい」

ワークショップ後にご飯を食べに行っても聞きました。
「トランサーフィンは難しい」

このお二人、くしくもどちらもエンジニア。

「ヴァジム・ゼランドは量子力学者なのでしょう? 文系の私にトランサーフィンは難しくてわからないです」という方、ご安心ください。ガチ理系でも難しいです。もちろんガチ文系の私にも難しいです。

難しいけど、すごいってことはわかる。
だから手探りで何とかやってみる。
それがトランサーフィンの魅力ではないでしょうか。

今まで、トランサーフィンシリーズは古本で高い時で1~3万円の値がついておりました。3000円台だったら「最安値!今買って!」という感じ。
ですから、なかなか積極的におすすめもできませんでした。

しかしです。
今回、新刊が出ました。
紙でもKindleでも、手軽に新品を買えます。

もはや、気軽におすすめできる。
それなら、みんなで「三人集まれば文殊の知恵」で一緒に実践できるじゃありませんか!

難しいと言われるヴァジム・ゼランドのメソッドを、一緒に集中的に実践してみませんか?
古代には一年の節目としていた冬至の日より、読書会をしませんか?
お仲間を募集いたします。

読書会 概要

参加者はタフティ・ザ・プリーステス 世界が変わる現実創造のメソッドをご購入いただき、読書会当日までに該当箇所をお読みの上実践してください。

難解なトランサーフィンの理論を読み解くため、Lessonごとのポイントをまとめて質問形式にしたワークシート(グーグルドキュメント)を各回で配布します。それに沿って、本の内容と実際の経験(気づき)を整理して読書会に参加してください。

タップ/クリックで拡大

日程

  1. 2023/12/22(金・冬至)19:00~20:00 説明会
  2. 2023/12/30(土) 19:00~20:00 Lesson01~10
  3. 2024/01/13(土) 19:00~20:00 Lesson11~20
  4. 2024/01/27(土) 19:00~20:00 Lesson21~30
  5. 2024/02/10(土) 19:00~20:00 Lesson31~40
    ※1回目のみ金曜日開催で、あとは土曜日となります。

方法

Zoomでのミーティングを予定

タイムテーブル

1回目(12/22)予定
  • 19:00
    読書会開始

    読書会主催Nozomiより説明
    (この読書会の流れ、行ってほしいこと、ワークシートの使い方など)

  • 19:25
    休憩

    19:30まで5分休憩

  • 19:30
    自己紹介

    読書会を知ったきっかけ、なぜ参加しようと思ったか、普段やってみている引き寄せなど

  • 19:45
    参加者によるシェア

    トランサーフィン実践のある方、引き寄せエピソードがある方の経験をシェアしていただく(ルール:言いっぱなし、聴きっぱなしでジャッジしない)

  • 20:00
    終了
2回目(12/30)予定
  • 19:00
    読書会開始

    読書会主催Nozomiより説明
    (Lesson1~10のまとめ、ワークシート内容、実践ポイントなど)

  • 19:25
    休憩

    19:30まで5分休憩

  • 19:30
    グループシェア

    少人数(3~4人)に分かれて、この1週間の実践方法や気づき、起こったことをシェアする(ルール:言いっぱなし、聴きっぱなしでジャッジしない)

  • 19:50
    次回読書会について

    読書会主催Nozomiより説明
    (Lesson11~20のまとめ、ワークシート内容、実践ポイントなど)

  • 20:00
    終了

※こちらは予定です。実際のスケジュールとは異なる場合がございます。

参加費

参加費用:3000円

  • 費用は参加回数に関わらず一律3000円です。
  • 1回しか参加されなかった方は1回3000円、5回参加された方は1回600円の計算になります。参加すればするほど単価がお得になるシステムです。
  • 一度いただいた参加費の返金は応じられませんのでご注意ください。

参加者特典

参加者用ページでは、Nozomiがタフティの現実創造メソッドで気づいたことやメソッドの実践内容をリアルタイムでお伝えする「Nozomiのタフティノート」をお読みいただけます!

例えば、「Lesson14 プレゼンスを得る」の章についてはこんなことを書いております。

台本を避けることはできないが、目を覚まして別の台本を始めることは可能である。(p97)

私が三つ編み練習をしていて「どうも絶対的に失敗するな」と感じるケースがあります。
多分、この「台本でもう決定していること」に干渉している場合、いくら上手く三つ編みを使ってみても現実創造できない感じがします。

例えば、ある人と仲良く電話している様子を現実創造してみた時のこと。

実際に携帯に電話してみても、留守電。
会社に電話してみても、離席中。
もう一度電話してみても、やっぱり留守電。

こんなことは今までなかったので「あれ?おかしいな」と思いました。
そして上の人に確認してみたら「もうその人とはそんなに深く関わる時期ではないよ」と言われ。

つまり、流れとしてガッツリ決まってるところ(台本に書かれていてしかもそれが現在と近い未来である場合)は、いくら「コマを差し込もう」としてもはじかれてしまう感じがあります。

こういったとき、どうしたらいいのでしょうか?
私は「ああ、台本に引っかかっちゃったのかな」と思って、そこはもうさわらない。さらっと流すのが良いのではないかと思います。そして、別のコマを創造する。

これからやってくるコマに意識向けるのがあなたの役目です。
台本はあなたがなんとかできるものではありません。台本を設定しようとしたり、それに抵抗しようとしたりすると、その罠にはまってしまいます。

一連の出来事に影響を与えようとすると、現在起こっていることに必死に固執しますが、これは意味のないことです。がんばればがんばるほど、三つ編みをどんどん強くつかまれてしまうことになります。

同様に、他人に影響を与えようとすることも無意味です。他人を操ろうとすることは、報われない、さもしい行為です。それは結局、自分がひどい目にあったり、望んでいたものとは逆の効果を生み出したりしてしまうこともあります。

登場人物は、それぞれ自分の台本に従って行動しています。彼らに影響を与えようとすると、罠にはまることになります。だから、それだけはやめてください。そんなことをしなくても、いつか彼らは自らあなたに駆け寄ってきて、あなたの思い通りに動いてくれます。詳しくは後ほど話します。

タフティ・ザ・プリーステス 世界が変わる現実創造のメソッド p100~101

執着すると叶わない。
そういうことなのではないでしょうか。

私たちがすべきは「ゴールのコマ」の創造であり、そしてそのゴールのコマをよりうまく創造していけるようにLesson10のトレーニングをして慣れていくことです。

現実を構築するということは、映画を選択することであり、台本をコントロールすることではないのです。

台本はあなたの能力を超えています。
あなたをゴールに導くために、台本が具体的にどのようなものであるべきか、あなたにはわかりませんし、知る必要もありません。

あなたは映画の映写機として動いているのです。
映写機でゴールのコマが照らされると、自動的にその通りの展開になっていきます。

タフティ・ザ・プリーステス 世界が変わる現実創造のメソッド p99

「ゴールのコマが照らされると、自動的にその通りの展開になってい」くときに起こること。
これ、ブロックの解放ではないでしょうか。

目的とするゴールの複雑さに応じて、その実現速度は異なります。
簡単なゴールはすぐ達成できますが、「遠くまで行く」ことが必要な難度の高いゴールには、時間と辛抱強さが必要です。

タフティ・ザ・プリーステス 世界が変わる現実創造のメソッド p100

遠くまで行くゴール。
例えば、中卒引きこもりニートが「ビジネスで年商100億になりパリピになる」というゴールを設定したとしましょう。端的に遠いでしょう。

この場合「宝くじが当たりました。資本金3億あります」「あなたはこのビジネスやったらいいと教えてくれる人が現れる」「なぜか自分を慕ってくれる人ばかり現れて人間関係が上手くいく」ということが立て続けに起こる可能性は、かなり低いです。

そういうマンガのような展開にはならず、その前に「自分はお金を稼げない」「自分は人間関係が上手くいかない」「自分は仕事ができない」というブロックを外すような出来事が起こっていくことでしょう。

ゴールが遠いと、それまでに関所は何個かあるはずなのです。
直接夢がかなうのではなく、(ときに何にも関係なさそうに見える)ブロックを外すような出来事が起こるのです。

そして、少しずつ近づいていく。

例えば、付き合う人のタイプが変わっていったりします。無職でゲームやアイドルやVtuberの話ばかりしているような消費者気質の人ではなく、ビジネスに興味があって有益な情報をもたらしてくれるような専門性がありクリエイティブで生産的な人とつながれるようになったりします。

あなたが影響を与えなければならないのは、最終結果であり、これから来るコマであって、出来事の流れや他人ではありません。とはいっても、あなたはこれまでの習慣で、出来事や他人に影響を与えようとするでしょう。

あなたはまだすべてを自分の計画通りに進めることに固執しています。でも、その習慣も私がやめさせてあげますからね。

p101~102

耳が痛いです。
執着を手放すのが大切なのですね。
エゴから願ったことは叶いませんから……。

トランサーフィンでも出てきましたが、ゴールを決めるのが大切なのであって、プロセスがどうなるかを決めるのはない。

例えば、「おいしいワインが飲みたい」とゴールを設定するのはOK。
でも、「おいしいワインが飲みたいからエノテカで一番高いワインを選んでもらってそれを半額に値引きしてもらって駅前からタクシーで帰る」みたいにプロセスまで細かく考えちゃうと大体上手くいかない。

だって、エノテカってプロセスを指定して限定しちゃってる時点で。
想像もつかないような(小売りルートに乗らないような)素晴らしいワインに出会える可能性を排除してしまっているわけですから。自分が想像できる範囲内のことしか起こらない。

それだと、感動があまりない。
「ええっ、こんなこと起っちゃうんだ!すごい!」がない。

この感動を味わうためには、「人生ってこんな素敵なことが起こっちゃうのか!」という魔法を味わうためには、プロセスを指定しないことがとても大切なようです。自分の計画からは外れても、それも楽しめたら一番良いのでしょうね!

Nozomiのタフティノート Lesson14分

こんな感じで熱量激高で熱く語っております。
読書会参加者の皆様は、専用ページよりお読みくださいませ。

この読書会がおすすめな人

  • 人とお話しするのが大好きな人
  • ポジティブでハッピーな未来が欲しい人
  • 継続して作業を積み重ねることができる人

こちらに当てはまる方、ぜひぜひご参加ください。
こんな方に出会えるなら、私、とてもハッピーになれちゃいます。ありがとうございます。
今からお会いできるのが楽しみです♪

この読書会はおすすめできない人

  • 人見知りする人
  • 人前で話すのが苦手な人
  • 面倒くさいこと、努力の積み重ねが嫌いな人(気楽で気軽な願望実現方法を知りたい人)

人見知りをするような内向的な方や人前で話すのが苦手な方は、グループでの作業自体がストレスになってしまいます。この本に興味がある場合、無理をして読書会に参加するよりも一人で快適にお読みになるほうが幸せになれると思います!

このメソッドは、率直に言って難解なところがあります。ですから、「面倒くさいと思ったらすぐ心が折れてしまう人(飽きっぽい人、メンタルの弱い人)」は、挫折してしまう可能性が高いです。わかりやすくて気軽で気楽なメソッドではないと、私個人は感じております。

もっと簡単でラクチンなものを求めていらっしゃる方は、TiktokやYoutubeショートで「引き寄せ」で検索したほうが合うメソッドが見つかると思います!

あと、この本は、根本的に癖が強いです。
「常にどんな相手とも対等であるべきだ」「上から目線は何があろうと絶対に許せない」という高いプライドをお持ちの方、もしくは上から目線に傷ついてしまう自己肯定感の低い方や、言葉が強いと辛くなってしまう繊細なHSPの方にも、合わない可能性が高いと思います。

一方で、タフティ様の下僕となることを喜べるドMの皆様にとっては多大なるご褒美です。

ああ~。
タフティ様~!
もっと冷たい目でわたくしめを敗者で愚かでぼんくらだとなじってくださいませぇ~!!(調教済)

(高次の存在からの「ウエメセ」については下の記事をお読みください)

読書会期間スケジュール例

読書会参加期間中は、このようなスケジュール感覚で過ごされるとスムーズに消化できるかもしれません。一例として参考にしてください。

1週目

曜日内容
日曜日Lesson1~2読み込み
月曜日Lesson1~2実践
火曜日Lesson3読み込み
水曜日Lesson4読み込み
木曜日Lesson3~4実践
金曜日Lesson5読み込み
土曜日Lesson5実践
Lesson1~5シート記入(まとめ)

2週目

曜日内容
日曜日Lesson6~7読み込み
月曜日Lesson6~7実践
火曜日Lesson8読み込み
水曜日Lesson9読み込み
木曜日Lesson8~9実践
金曜日Lesson10読み込み
土曜日Lesson10実践
Lesson6~10シート記入(まとめ)
19:00~読書会

1Lessonはおよそ5~7ページ。
平日に1Lesson5~7ページ、休日に2Lesson10~14ページくらい読んでいくペースです。

これはあくまでも一例です。
平日お休みの方は平日に集中的に読んで実践してみたらよいと思いますし、一点集中型で休みの日にまとめて読んで実践というスタイルもいいと思います。

上の一例はバランス型ですね。

期間は2月上旬までですので、ギリギリ年度末繁忙期には引っかからないくらい、確定申告もそれからがんばればなんとかなるくらいではないでしょうか。

みなさまご多忙のことと思いますが、スケジュール調整のほう、よろしくおねがいいたします。私も頑張ります。

注意点

こちらの読書会は、タフティ・ザ・プリーステス 世界が変わる現実創造のメソッドを深く読み込み、実践していくための目的で行われます。

「〇〇を実現したいのですが、どうしたらよいのでしょうか」など、悩み相談やご質問にお答えするものではありません。相談や質問やコンサルティングをご希望の方はカウンセリングセッションをご利用ください。

参加者からのシェアによって、気づきがあったりシンクロがあったり理解が深まることは期待できるでしょう。そのような(結果としての)助け合いは可能だと考えております。

しかし、読書会ではあくまでも、「自分で考えて」「自分で学び」「自分で動く」が基本です。ですから、参加者同士でのシェアも「言いっぱなし聞きっぱなしでジャッジしない(アドバイスしない)」という姿勢を大切にしたいと考えております。

参加希望フォーム

受付期間:12/17(日)10:00まで

募集は締め切りました。
ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました