高次の導きに従って生きる【2023年を迎えて】

人生:スピリチュアルブログ
写真AC

ベンチャーの成長に本当に大切なのは資本ではない。
変調をきたし崩壊寸前の市場、そして自分の失敗を想像することもできないマヌケでクレイジーな天才創業者だ。

GAFA next stage ガーファ・ネクストステージ: 四騎士+Xの次なる支配戦略 p152

動画 38:55頃~
世の中の99%以上が理解できないことをやるので、理解できないけれども俺を信じるしかないよねってところでしかやらないんで。
割と無理ゲーなんですよ。

この堀江さんの言葉を聞いて、私は思いました。

「ウチの上の人と同じだわ」と。
(ウチの上の人とは、私がいつもコンタクトを取っているガイドのことです)

ウチのガイドも、無茶ぶりがすごいです。
基本無理ゲーです。
「え? いや、なんで?」ってことばかり言ってくるのです!

でも

上の人(ガイド)
上の人(ガイド)

いいからやって
理解できなくていいから
大丈夫だからやって

これだけ。
細かい説明、なし。

(正確にいうと、三次元の言語で表現できない情報なので、伝えられないという場合も多々あるようです……)

「99%以上が理解できないことをやるので、理解できないけれども俺を信じるしかないよね」、まさにこれ。
意味わからないけれども、高次の導きを信じるしかないよね。これです。

そして、5年後、10年後に「こういうことだったのか」と、ようやく理解できるのです。それくらいの微妙な微細な感覚を、5年前10年前にポンと振ってくる。

それでは理解不能で当然です。
意味が分からない。
でも、やるしかない。

堀江さんはビジョンが見えている人なので、そういう5年後10年後見据えて周りが全く理解できない状況でも動いていける天才なのでしょう。対する私は、理解できない側です。わけわからないけれどもやってます。

先週↑上の「私も自信はありません」という内容の記事を書きました。
これは本当にそうなんです。本当にわけがわからずやっております。理解できないから自信など持ちようがないけれども、とにかくやらなきゃならないのでやってます。

気分的には常に徒手空拳。
信じるのは自分の感覚とガイドの導きのみ。

だって、私の凡庸な頭脳で何かやったところで、そんなものはたかが知れています。私はそんなに能力のある人間ではありません。

そもそも18年間も、この仕事一本で生活できていること自体が異常です。20代の私に「今こんな生活しているよ」と伝えたら、「何言ってるの、夢みたいなことばかり言っていないで、現実見なよ」と諭されてしまうでしょう。うーん、現実第一の体癖5型

友達にも「そういう仕事で生活している人がいるんだって、Nozomi見てはじめて知った」って言われる始末。異常分子ですよね。

メディアにも露出せずセミナーも開かずコラボもせず。
ただひたすらブログを書いてメルマガを出してセッションをして生きているわけです。
18年間。(あと2年で20年!)

恐ろしいですね。ビックリです。
普通無理でしょう。「ブログなんてオワコン」って言われてるのに、いまだにブログ書いてるんですよ。オワコンですよ、普通。でも、お陰様で生活できてます。

これも、私が「上の人(ガイド)の指示」に従っているからです。
わけのわからない無理ゲーを意味も分からずプレイしているからです。
やはり、高次の導きはすごい。私の力では無理です。

絶対無理、と思うようなことも、リーマンショックも震災も、正直あまり私の仕事的には影響がありませんでした。特に困ったこともなく、通常営業でした。これも、高次の導きに従ったからこそできたことです。普通はありえないので。

そもそも今の日本で「ふつう」に生きてると落ちます。落ちるだけです。
でも、私は20年前と生活水準が変わっていません。
これも、高次の導きのおかげです。

無理ゲーでわけのわからないことでも、「それが導きなら」と信じて飛び込む。
人生に必要なのは、この肚の据わり方、覚悟なのかもしれません。
2023年も、無理ゲーをハラハラしながらプレイしていこうと思います。

(も、もしかして私ってばマゾなのかしら!?)

世界情勢は混迷を極め、インフレに加え大きなリセッションがささやかれる昨今。
そんな時こそ「高次の導き」を実感するのにふさわしい時かもしれません。
導きに従い「ふつう」をぬけだせば、光は見えるのです。

2023年、あなたにも、素敵な高次の導きがありますように……。
セッションでお会いできるのを、楽しみにしております。

2023年元旦 Nozomi

タイトルとURLをコピーしました