現代人は食べても食べても栄養不足?〜大地のエネルギーを汲み取る能力について

メルマガ読者限定記事
写真AC

最近ね、「栄養失調」って言葉を聞きまして。
戦争中や戦後間もない混乱期ならまだしも、令和の日本に栄養失調。ちょっとピンと来ないですよね。

しかし、エネルギー量は足りていても栄養素が足りていない「現代型栄養失調」ってのがあるそうです。

エネルギー量は足りていても栄養素が足りていない「現代型栄養失調」とは | 健康管理能力検定 文部科学省後援
あなたは、日頃どんな食事をしていますか?朝はトーストにコーヒー、お昼はパスタ、夜は居酒屋でお酒とおつまみ…。そんな方は、1日のエネルギー量は足りていても、必要な栄養素が足りていない「栄養失調」の状態になっているかも知れません。 今回は、今増 ...

ハァ~こりゃまた興味深い現象ですね。

「食べてるのに満たされない」って書き方すると、ドキッとくる方もいらっしゃるんじゃないのかしらん? 目に見えないエネルギー的にはそういうことよね。

野口整体の野口晴哉先生の本を読んでると、こんなこと書いてあるんですよ。
何を食べても消化できちゃう体こそが健康で強い体なんだと。極端なこと言うなら、毒を食べても排出できちゃうような体のほうが、よっぽど強いと。

あれ食べてこれ食べてって、バランスを考えて食べないと健康でいられないんだったら、それは消化吸収の力が弱い、食べ物から栄養を摂る能力が弱いんだと。

だから、何食べても元気でいられるようなのが望ましい。多少偏って食べてても元気なのが本当に健康たいってことなんだと。
野口先生は、そうおっしゃるんですね。

確かに、民俗学の本なんか読んでますと「エーッ!?それで生きてられんのー!?」って食生活してる集落とか、ふっつーにあるわけです。

メルマガ最新号に書いてあるIDとパスワードでログインしてください。

タイトルとURLをコピーしました