これからは陽の時代〜だから、コミュ力って大事♪

ビジネス:スピリチュアルブログ

私は最近というもの
「コミュニケーション能力が大事!!」
ということを繰り返しお伝えしております。

これは意味もなくただ言っているのではないんです。「これからは陽の時代だから、コミュニケーション能力がある人が伸びていくんだよ」ということ。
令和は、陽の時代なのです。

イケジイさんが御代替わりのときに、ブログでこう書かれてました。

「陰の時代」から「陽の時代」へ

こんにちわ。
最近の私の最も気になることと言えば、陛下の退位後の「新元号」とその後の日本の動向です。

明治(陽の時代)
大正(陰の時代)
昭和(陽の時代)
平成(陰の時代)
○○(陽の時代)

ここでお気づきの方もいらっしゃる事と思いますが、「陰」と「陽」は常に繰り返しているのです。
この繰り返しにより「連続性」が生まれているのです。

退位後の日本「陰の時代から陽の時代へ」 | イケジイのおもしろ玉手箱

「へ〜なるほどな〜」とは思いつつ、その時点では正直、あーんまりピンと来てませんでした。
しかし令和も1年半がすぎ「なるほど、たしかにこれからは陽の時代なのかも!」と肌で感じることが多くなってきたんです。

令和は陽の時代♪ 陽キャラしか勝たんっ!!!

私はすごい筋肉が大好きです。
マッチョ大好きです。
私自身も割れてる腹筋を誇りにしております。

でも、平成の時代って「筋肉気持ち悪い」って風潮だったんですよ。
なかやまきんにくんがあれほど素晴らしい肉体をお持ちになっていたのに、キモキャラ扱い。ひどい。

ですが、最近筋トレに関して非常にポジティブな流れが出てきたんです。その好例がTestosteroneさんの「超筋トレが最強のソリューションである 筋肉が人生を変える超科学的な理由

筋トレ産業の業績も好調です。

盛り上がる筋トレ市場 「黒船」企業も日本に熱視線
ドリンク、鶏ささみ肉、チョコレート……。コンビニやスーパーの商品棚を見渡すと、プロテイン含有量を前面に押し出した品が目立つ。プロテイン市場は近年、急拡大を続けている。調査会社の富士経済(東京・中央)が2019年11月に公表したリポートによると、国内の市場規模は14年の695億円から19年には1453億円と2倍超に。30...
「1億総プロテイン時代」到来! 市場規模1700億円、2年間の5倍に
 13日、プロテイン新商品「マイルーティーンMAX」のオンライン記者会に、流通アナリストの渡辺宏明氏が登壇。急成長中のプロテイン市場について語った。 渡辺...

男性だけじゃなくて女性も最近ってプロテイン飲んで筋トレしてる人多いですよね!
根っからの体育会系脳筋な私にとって「うわー!仲間増えるー!嬉しい♥」ってワクワクしちゃう流れです☆体動かすって、スッキリして気持ちいいよねっ!!

やっぱ運動すると、気分上がりますよ〜♥
やる気も出てくるし、ストレスもすっきり解消できるし、運動って最高です♪

スピリチュアルに体を極めたい場合は、武道がおすすめですよ〜♥

でね、最近人気のYoutuberを見てても、「陽の氣」が強い人が圧倒的なんです。

当たり前ですよね。もともと知名度のある人は別として、まずは目立って見てもらわなきゃ始まらないわけですから、とにかくリアクション大きくしてパワーワード使って視聴者に印象付けなきゃならない。ってなると、陰の氣で楚々と控えめにやってたんじゃ始まらない。陽の氣でとにかくアピール!アピール!アッピィール!!!

ってなると、有名Youtuberって自然と陽キャラが多くなるんです。
コミュニケーション能力が高くて、社交性がある=コラボ動画なんかもガンガン組んで、面白く盛り上げられる人が人気を獲得する。

Youtube以外のSNSでも、フォロワーをたくさん作れる人は言葉の表現や写真の見せ方がうまい。つまり、人にアピールする力(≒相手のニーズを察知する力)コミュニケーション能力が高いんです。これも陽の力ですね。

いや、そんなのは当たり前のことでしょう

そう思われたかもしれません。しかし、平成や昭和からの流れをみると、明らかに令和は「陽の氣」が優遇されているのがわかるんです!

陽の時代だった昭和、陰の時代だった平成

昭和も陽の時代です。
昭和の時代のヒーローも、単純に陽キャラでした。

清く!正しく!美しく!!
単純ですね。陽はわかりやすいんです。
つまり、陽の時代はわかりやすいものが評価を受けます。

令和もそうですよね。「5分でわかる~」みたいなネット記事や動画があふれています。わかりやすいものを求めているのです。

鬼滅の刃の主人公、竈門炭治郎もまっすぐで善良。陽の時代のヒーロー像にピッタリです。

逆にダークヒーロー的な少し陰のある主人公が多かった平成は、陰の時代でした。

エヴァンゲリオンなんて、わかりやすく暗いですね。

実はね、私エヴァが流行りだしたとき「なんでこんなウジウジした暗いストーリーがいいんだろう。こんなの見てたらこっちの気分まで暗くなっちゃうじゃん!!!」って、全然理解できなかったんです。

碇シンジにも綾波レイにもサーッパリ共感できないっ!!
もっと根性見せろやオラァ!!(典型的体育会系)

ですが、妹をはじめとして周りの人はエヴァにのめり込んで夢中だったんですね。友達カップルのデートは、エヴァの劇場版。アニメ好きじゃない人まで「エヴァの台は打つよ、面白いからアニメまで見ちゃった」なんて言い出す始末。

それくらい、エヴァンゲリオンというのは平成という「陰の時代」にフィットしたコンテンツだったんです。そういう波に乗るものは、多くの人の心を捉えるんですね。

本質的に言うなら、陰も陽も対等なエネルギーであって、どちらが優れていてどちらが劣っているということはありません。しかし、陰に勢いのある時があって、陽に勢いがある時はあります。

そして、令和は陽の時代なのです。

ゆえに、平成に流行ったような暗めのコンテンツや綾波レイや長門有希のような陰キャラはあまり流行らなくなると予測されます。陽キャラで明るくてパリピ系の人が勢いに乗っていける時期ということですね。

暗くて救いのないダンサー・イン・ザ・ダークよりも、ホッコリ系が受ける。ハッピーエンドでみんな幸せ♥な大団円物が受ける。暗い純文学よりも明るい大衆文学が受ける。みんな良い人ばかりの「優しい世界」が受けるんです。陽の時代だから。

反対に、「人見知りコミュ障陰キャ」で共感を得るのが、なかなか難しい流れになるだろうとも推測されます。

平成の時代は「キモヲタ引きこもりニートだがなんか文句ある」みたいなキャラが割と受けてました。例えば、ボカロのカゲロウプロジェクトの主人公、シンタローは引きこもりで運動音痴な超陰キャラでしたが、カゲプロは中高生に大人気でシンタロー自身の人気もありました。

黒子のバスケの主人公、黒子テツヤも超絶陰キャで影が薄い(だからこそ活躍できる)設定でしたが、大変人気のあるキャラでした。
これからは、そういう系のキャラだと厳しくなってくるのかもな、と。

ちょっとシビアな話ですが、昨今の「弱者叩き」的なものを見ると、やはりこの流れはすでに来ているのだなと感じます。同じ陽の時代である昭和の頃も、弱者叩き、結構強烈でした。少なくとも平成の頃には「ナマポ死ね」みたいな強烈な差別感情というのは今ほど無かったと言えます。平成の頃に比べて、人の心に余裕がなくなってきたのかもしれません……。

AKBな平成と、NiziUの令和

この流れはファッションアイコンにも言えます。

以前、赤リップはやりましたよね。今はもう定番感があります。眉を太く書いて唇を赤く塗ると、「強い顔」になります。まさに陽の時代にふさわしい流行です。(昭和もそういうメイク、流行りました)

一方で、平成の頃ってとにかくベージュ、ベージュ、ベージュでカラーレスなメイクが流行ってたんです。浜崎あゆみみたいな。

これ、メイクだけじゃなくてトークもそうなんです。
浜崎あゆみとか安室奈美恵とか、平成で輝いていたアーティストって、基本すごいテンション低いんですよ。
しかもこれは芸能人だけじゃなくて一般のギャルたちも、基本テンションが低くてダルそうにしてました。まさに、陰です。

ギャルが大好きなケータイ小説なんかもすごい暗かったです。だいたい援交して仲間に裏切られてレイプされて最後は彼氏が死んじゃって彼の子を身ごもってることに気づいてシングルマザーとして生きていくとかそんな話ばっかだった。ギャルの闇、深い……。

トップアイドルの陰陽の対比として面白いのが、AKB(陰)とNiziU(陽)です。

制服で統一感を出しているAKBに対して、NiziUはかなりバラバラで個性を引き立てることを優先しています。
陰の時代に流行るのがAKBで、陽の時代に流行るのがNiziUです。

「あざとさ」を肯定的に評価する流れも、陽の時代の流れでしょう。この流れは失恋ショコラティエの石原さとみが評価されたあたりから強くなってきた感じがしますね。後ろに控えて黙っているよりも、前に出て(多少わざとらしくても)可愛らしくアピールすることが評価されるのです。

コロナでマスク着用、もしくはリモートワークが進んだことも、この「リアクションを大げさに取ることで評価される」という陽の時代の流れを象徴しています。

マスクで口を覆った状態だと、目だけで表現しなければならない。それだとキツイから、上手く伝えるには手や頭の動きなどでジェスチャーを大げさにする必要が出てきます。

リモートワークでも、画面越しのビデオ通話だと微妙に伝わりにくいところが出てきます。メールやLINEなどの文字だけのコミュニケーションの場合も、かなり表現豊かにしないと意図やニュアンスが伝わりません。

ベストセラー伝え方が9割では、デジタルコミュニケーションにおけるコツを以下のように書いています。

知っておいてほしいのが、デジタル文字の冷たさです。

(中略)デジタル文字だと、温かみや感情がそぎ落とされてしまうからです。もらったメールでありますよね。「うわ、なんかそっけない」と。でも相手はそんなふうに思わず送っていることがほとんど。

あなたのメールも同じです。あなたのメールは、あなたが思っている以上に、相手に冷たく伝わっていることを知りましょう。

では、具体的にどうすればいいかです。
感情がそぎ落とされるぶん、コトバで感情を30%増しにするのです。これで、手書きと同じレベルになります。具体的には、語尾です。語尾に感情を加えるのです。

語尾を冷静にしないようにしましょう。
何の気なしに語尾を冷静にすると、相手には「怒っているの?」と思われることさえあります。

伝え方が9割  p196~197

この本が100万部以上も売れるんですよ。
鋭い方は、これからの時代が求めるものをわかってらっしゃるのでしょうね。つまり、陽の時代はコミュニケーション能力のある人、社交性に優れ押し出しの強い人が評価されるのです。

だから、私は強く「コミュ力大事!!」とあなたにお伝えしたい次第です。
コミュ力大事!!!

たとえ同じ企画であったとしてもAさんが話すと通るのに、Bさんが話すと通らないという経験がありますよね。それは伝え方で、心を揺さぶることができるかどうかなのです。

人生にはたくさん分かれ道があります。
相手を動かす伝え方を知っているかいないかで、人生の大きなことから、日々の何気ないことまで結果が変わります。

いつかどこかで起こる、大勝負のためだけに、コトバを磨くのではありません。たったいま、あなたの生きているこの瞬間を輝かせるために、人の心を揺さぶるコトバを知っておいてほしいのです。

これから発するひとつひとつのコトバ、書くメールが変われば、相手の反応が変わります。あなたの人生も変わるのです。

伝え方が9割  p201~202
タイトルとURLをコピーしました