【質問】憎くて怒りが収まらない相手への対処法

人生:スピリチュアルブログ

メルマガ読者様から質問を頂きました。

許すからこそ憎まれる、許せば許すほど関係が悪化するのは、両親との間で経験しております。
現在、仕事上の人間関係で、両親との関係の再現ではないかと思えるようなことがおこっています。正直、終日、怒りがおさまらず、相手が憎くてたまらないです。当方が穏やかに対応すればするほど、相手が横着になります。アラフィフになり、キャリアも積み、過去は消化できていたかと思いきや、実はそうではないかもと感じております。家族や恋愛関係以外の方に対する、許しについてご教示いただければと存じます。

こういうことは詳しいお話を聞かないと(具体例を出していただかないと)回答もフワッとしたものになります。そして、今回のメルマガ読者対象の質問はあくまでも「記事に関する質問をお願いします。個人的な相談(私は○○で悩んでいるんですが、これは○○という意味ですか?等)についてはカウンセリングセッションをご利用ください!」という話なので、ちょっとこれは個人セッション受けてもらわないと意味ない案件じゃないかなとも思います。

とりあえず、フワッと回答させていただきますと、「家族や恋愛関係以外の方に対する」という区分はあまり意味がないと思います。両親ですら、冷徹にただの投影対象だと思ってください。凪のお暇7のシンジの言葉の通りなんです。

【画像】凪のお暇7凪のお暇 1

親だから、とか、同僚だから、とか、恋人だから、とか、そういう色眼鏡を取っ払ってください。

インラケチ。
あなたはもう一人の私です。
常に、人間関係は自分の鏡です。血縁があってもなくても。

そこから、自分に提示された「こなすべき課題」を認知する、そのために相手はあなたの人生の舞台に現れているのです。

この世界はすべてこれ一つの舞台、
人間は男女問わずすべてこれ役者にすぎぬ、
それぞれ舞台に登場してはまた退場していく、

シェイクスピア「お気に召すまま」

あと、「当方が穏やかに対応すればするほど、相手が横着になります」とありますが、あなたは「自分は正しい大人の対応をしているのに、相手がふさわしい形で応えない」と思っているところがあるのでは?

人間関係は「正しく振る舞えば良い結果が出る」というわけではありません。キャリアを積んでらっしゃる方なら、よくご存知でしょう? 少し冷静になってくださいね。(そんな分別ある人間の冷静さを失わせるくらいの重要なる魂の課題とも言えますね)

この回答で納得がいかなければ、個人セッションを受けてください。
正直、この手の質問は具体的につめないと(つまり個別化、グラウンディングしないと)あんまり意義のあることは語れないです。

つまり、公開の場で全世界発信するのは余りふさわしくないイシューと言えます。閉じた場で、ごくごく内密に打ち明けられるべきデリケートな問題なのです。

タイトルとURLをコピーしました