【フリー画像編集ソフト】GIMPでブログ画像を編集する

ビジネス:スピリチュアルブログ
写真AC

私は今、ブログ画像の編集にGIMPを使っています。とても快適です。

なぜGIMPを使おうと思ったのか

仕事用に使っていたPCがサポートの切れるWindows7だったんです。そこで、Linuxに乗せ換えて使うことにしました。

Linuxでは、基本Photoshopが使えません…。
Linuxで画像を編集するには、GIMP(GNU Image Manipulation Program)というソフトが良いらしい。GIMPはオープンソースで、無料でも使えるソフトです。

そこで早速、GIMPを使ってみることにしました。

ブログ画像の加工はGIMPでOK!

私はWindowsではPhotoshop Elementsを使っています。LinuxではGIMPを使ってみることにしましたが、Photoshopでやっていることができないところもあるかも?とはじめは不安がありました。

そして、半年以上使ってみた感想ですが――

うーん
GIMP、いいではないですか

ブログ用の画像加工は、GIMPで十分可能だという感触です。
WindowsでもGIMPを使おうかなと思えるくらいですね。もともとPhotoshopでもCCじゃなくてElementsを使っていたくらいですし、そこまで本格的な機能もいらないので。

Linuxでは「ソフトウェアマネージャ(Linux Mint)」や「ソフトウェアセンター(Ubuntu)」などからサクッと日本語版がはじめからインストールできるので大変簡単です。

最新のGIMP(ギンプ)日本語版のダウンロード&インストール方法

ブログ記事画像の加工例

フォントをGIMPで使えるようにインストールする

デフォルトだと、日本語フォントが少なかったりするので、追加でフォントをインストールします。

フォントの追加 < データや機能の追加 | GIMP入門(2.8版)
ウェブ素材、チラシ・ポスター・ポップなどを制作するなら豊富なフォントが欠かせません。商用フォント・フリーフォントを問わず、世の中にはたくさんのフォントがあふれています。お気に入りのフォントをGIMPで使えるようにしましょう。
【2019年版】Linuxでも使えるフリーフォント集
こんにちは。今回のテーマは『2019年 Linuxで使えるフリーフォント集』です。2015年版を書いてから随分...

素材画像をリサイズする

ダウンロードしたフリー素材をGIMPで開きます。
今回はパソコンとカメラ – No: 2883607「写真AC」こちらの画像を使用しました。

うーん、開いた状態そのままだと、ちょっと見にくいですね…。
「-(マイナス)」キーを押して、表示される画像サイズを小さくし、ウィンドウの大きさを調整します。

この作業が面倒くさいな~という場合は、「シングルウィンドウモード」に設定すると良いです。

GIMP 初心者の使い方講座:画面構成や基本操作がスムーズに分かる|Synclogue Navi
初めてGIMPをインストールしたけど、GIMPの使い方が分からずに困っていませんか?画像加工テクニックを覚えようとしても、GIMPの基本が分からないと先に進めません。今回は、GIMPの基礎中の基礎となる「画面の見かた・画面構成」や「操作の基本」を説明します。

画像サイズをブログにちょうどいいサイズに調整します。「画像」メニューから「画像の拡大・縮小」を選びます。

画像サイズを指定します。

好みの数値を入れて「拡大縮小」をクリックします。
私は1200*800程度にしています。

文字を入れる

文字入れをします。GIMPの文字入力は若干癖があるので、入力方法を調べて勉強しました。もちろん、慣れれば簡単です。

文字を打つ < 文字を入れる < 簡単なイラストの制作 | GIMP入門(2.8版)
文字ツールを使って、ウィルバー君の下に"Wilber"という文字を入れます。

まず、ツールボックスの中にある[テキスト]ツールをクリックします。

画像上の文字を入れたいところをクリックし、文字を入力していきます。
ここでは「GIMPでブログ用画像を編集」と入力しました。

私がちょっと戸惑ったのが、文字の調整方法です。
文字全体を調整したいときは左にある「ツールオプション」を使い、一文字だけ大きさを変えたいという時は、画像上の小さなウィンドウを使います。

たとえば、「GIMP」という文字だけを大きくしたい時は、画像上のウィンドウで指定します。

文字を画像の真ん中に持ってきたい時は、整列ツールを使います。

文字をわかりやすいように加工する

入力した文字を、画像上で読みやすいように加工します。
まず選択ツールで適当に文字を囲めるくらいの範囲を選択します。

新しくレイヤーを作ります。
メニューの「編集」→「描画色(背景色)で塗りつぶす」で選択範囲内の新しいレイヤーを塗りつぶします。

文字がすっきりと見えるようになりました。

このままでもOKなのですが、不透明度を調整して、後ろの画像を見えるように透かします。

さあ、GIMPマスコットのウィルバー君をワンポイントに入れて、できあがりです!

私がやりたいことは、十分にGIMPで可能だなという感触があります。WindowsでもGIMP、使っちゃおうかなと考えております。

なんといっても、オープンソースなのが嬉しいですね!
私は今のところ30USDほど寄付いたしました。もちろん、無料でも使えます。使ってみて良かったら、自分にとって無理のない範囲内で寄付(Donate)するのも選択肢の一つかと。

GIMP の使い方|Synclogue Navi
GIMPの使い方を全てまとめた総合マニュアルです。初歩的な機能から高度な機能まで順番に解説しているので初心者の方でもGIMPをマスターできます。
できるクリエイター GIMP 2.10独習ナビ 改訂版 Windows&macOS対応 できるクリエイターシリーズ
ドルバッキーヨウコ (著), オブスキュアインク (著), できるシリーズ編集部 (著)

↑著者の「ドルバッキーヨウコ」さんって、やはりナゴムギャル系の方なのかしらん…。

タイトルとURLをコピーしました