セッション後の5カ月間の過ごし方と変化

お客様の声(体験談)

東京都
S様からのメール

※一部個人情報に関わる部分を伏せたりぼかしたりしております。ご了承ください。

 今年の2月○日のセッションではお世話になりました。
 あれから数ヶ月、おおよそセッションで受け取ったメッセージを腑に落とし込むことができ、通訳に大変助かりました。
 ありがとうございます。

 セッションを申し込んだ際、Nozomiさんの直感にご提案いただき、当初候補として挙げたものよりも手前の日付に変更したことからはじまり。
 好転反応を考えて他に予定の入らない日にしようとしていて、しかし直感があったならばと変更したのですが、思い返してみると、3月○日には親族集まっての墓参りの予定が入っており、その影響を受けずにセッションできて良かったです。
 あの頃は親族の影響を自覚しておらず、私だけでは思いつかない発想でした。

 セッション数日前には、上手くセッションしようと質問したいことを書き出し、順序や質問するタイミングを考えていました。
 その後リンデンバウムのブログを読み返すと、『心を開くと通じ合う』という記事にて「当サロン、リンデンバウムのスピリチュアルカウンセリングでは、事前に何を聞こうか何を聞くべきかを考えてまとめておく必要はありません。」とあることに気づき、質問用に書いたメモは千切ってゴミ箱へ。

 実際、セッションするキッカケになった疑問を私から投げかけて、相手とやり取りしているだけで、必要なメッセージは充分に貰えていました。
 そこに至る流れでも通訳が役立っていたと感じます。

 セッションそのものは「自分が女性的な格好をしている時に、どうして男の人たちが話しかけてくるのか、理屈は分かるけど感覚が分からない。それが気になって仕方ない。」と伝えることから入りました。
 話し合っていると、小学校高学年から短大卒業まで引きこもりまくったことで、大抵は中学高校で経験する思春期が、今来ているんだと判明。
 そこで欠けているものを疑似体験しなさい、例えば乙女ゲームで、という話に。
 夢小説は読んでも乙女ゲームは好きではなくほぼ遊んだことがなかったのですが、リンデンバウムブログ『乙女ゲー(ギャルゲ)でシャドウを統合する』を読んでいたので、それをスピリチュアルに利用する点では驚くことなく、どういうゲームタイトルを選んでやるかという具体的な話ができました。

 その後は、普通の人がどういうものに何故そう反応するのか、解説があり。
 リンデンバウムブログ『人生の使命は、一番後で聞いてね』を参考に頃合いを見て、自分の使命について尋ねて、我々(地球外由来)の地球での役割はただ自分として存在することで、そこが今回使ったタイガーアイの「自分を貫く」というメッセージに通じていると教えてもらいました。

 セッション終了後も、リンデンバウムのブログ記事によって、あの時受け取ったメッセージの深い部分での理解が多々誘発され、自分として存在するという感覚に至りました。

 それから、オプションでお願いしたホロスコープ解析。
 最初はいただいた内容をよく分かっていなかったものの、とりあえず書いてある通りにしてみたり、自分でホロスコープの細かい部分を調べて読み比べることで、自分にとって必要なものがもたらされました。

 セッションでのメッセージを日常生活に落とし込む最中は、文字通りの七転八倒、大泣き、頭痛や生理痛、体に力が入らなくて動けないなどの反応が、いつもより顕著になって過去最大の大変さでしたが、長年抱えてきたそれらを数日前ようやく片づけることができ、楽になりました。
 そのキッカケとなって下さり、本当にありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました