SNSデトックスでハッピーに♪

癒しの子猫人生:スピリチュアルブログ
写真 photolibrary

私は今までも「SNSで個人情報を発信しないほうが良いよー」「秘するが花だよ」とお伝えしてきました。

しかし、もはやSNSはやらないに越したことがないのかもしれない。
木村花さんの死について、中川淳一郎さんが以下のようにおっしゃっていて「実にそうだよなあ」と思ったのです。

5ちゃんねるのスレッドには「俺みたいなSNS一切やらない人間はこの時代精神的に平和と思います」という書き込みがあったが、これは真理であろう。

木村さんのように、SNSで情報発信をする必要がある人気商売の人にとっては必須のツールではあるが、実名を出してのネットの書き込みはたいてい罵詈雑言・誹謗中傷とセットである。

『テラハ』木村花さん逝去「糾弾者に最高のツール」であるSNSはもうやめよう(中川淳一郎)

中川さんは「宣伝材料がある人間を除き、ネットで発言するのはデメリットのほうが多い。“ハイリスク・ほぼノーリターン”」と書いています。全面同意です。

SNSを何か目的があって(例:広報、情報拡散)利用するならば、メリットもあるでしょう。でも、ふわっとした交流目的などで使うのはデメリットが大きいのではないでしょうか。

私もブログに色々と書いておりますが、基本、現在のことはほぼ書きません。時間が経って知られてもあまり支障がないだろうなと思うことを蔵出ししております。実は結構フェイクも入れております。話題にした人物を特定されて迷惑になっても困りますし。

テラハもそうですけど、ウチのブログでも書いていることが100%現実なわけじゃないんですよ。ちゃんと現実にたどり着かないようにしているところもあるんですよ。

この方の「もともと真面目で良い人でないと、芸能界でここまでのこってないと思う」発言を驚愕のものとして取り上げたのも、「芸能人から発信されたもの」に対するリテラシーの低さを感じたからです。

私達は、芸能人やインフルエンサーの「人柄の良さ」をはじめとする魅力的なふるまいが、100%は嘘ではないにしても、「作られたもの」「見せ方を工夫されたもの」であることをちゃんと理解する必要があります。

その理解が足りなかったからこそ、木村花さんの悲劇は起こってしまったのです。言い換えるなら「プロレスにマジレスすんな」って話なのです。

プロレスをガチのケンカだと思ってはいけないのです…。リアリティショー(というかテレビ番組全般)は、プロレス。良い子は真にうけないように!

そして、中川さんがおっしゃるように、「特別に目的がある人」以外はSNSはやらないほうがいい。私もそう思います。SNSは刺激が強いので、心が不安定になるリスクが高いからです。

私も2ちゃんどころかあめぞう時代からネットでは叩かれてきました。
「ブス」「デブ」「キモイ」「イタイ」
そこらへんはもう挨拶代わりですね。

けど、病まずに済んだのは「ネットで叩かれてもリアルは全然変わらかった」からです。リアルの友達は一人も減らなかったし、恋人が去っていくことも無かったし、仕事にも全く影響は出なかったし、ネットで叩かれても困ることは一つもなかったんです。

でも、SNSでの人間関係とリアル人間関係が直でつながっている今の若い人たちの場合、SNSをやっていない(超快適♪)私のようには解決できないかもしれませんね……。難しいです。

私がゆとりに厳しい理由

私は今もSNS(FacebookやTwitterやInstagramなど)はやっておりません。スマホもガラケーも持っておりませんから、LINEもやっておりません。
超快適です。

ここはスピリチュアルブログですから、ちょっとスピリチュアルなことも言っておきますと、ネット経由でも「念」というのは受けてしまいます。

もちろんこれは良い面もあって、ポジティブでハッピーで愛あるエネルギーも伝えることができます。量子力学の実験が示すように、祈るだけで相手には波動が伝わります。

私たち人間の「意識」で「社会と地球と宇宙」を変える具体的な方法 Part.2 - In Deep
私たち人間の「意識」で「社会と地球と宇宙」を変える具体的な方法 Part.2

でも、悲しいかな、同時にネガティブなエネルギーも受け取ってしまいます。敏感な方はネットで見るコンテンツを厳選することを、心からおすすめいたします。自分に合ったもの、もしくは生活や仕事に必要なものだけを見てください。

「自分の感覚を大切にしたい」とか「内なる声を聴きとりたい」という方にも、SNSをやめることをおすすめいたします。SNSでは強力なインフルエンサーが自信満々に自説を述べますので、あなたの感覚や内なる声など0.5秒で吹っ飛びます。

「自分らしさを発揮したい」という方もいらっしゃると思います。しかし同時に「自分らしさって何?」という状態の方も多いのでは?

そういうときはまず、「自分らしさ」を見つけ出す、もしくは見つけ出して大切に育てるプロセスが必要です。いきなり「これが自分らしい個性だ!」とかババーンと出せる人なんて少数派です。

そういったときに、インフルエンサーの力強い言葉は毒になります。くさやの隣で淡白な白身魚食べたって、くさやの臭いで味が感じられません。ドリアンの横で桃を食べたってドリアンの臭いでドリアン味しかしません。

インフルエンサーはくさややドリアンの臭いレベルで強烈です。無理です。勝てません。逃げましょう。
SNSをやめれば、インフルエンサーの言葉も気にならなくなります。

大体、自己啓発系の本なんか「これ!」という1冊あればよいのです。インフルエンサーの最新の言葉など追わず、自分がピンときた本を何度も読む方が実になります。

自己啓発系の本は多読するより精読あるのみです。10冊買って1回ずつ読むより、1冊を10回読む方が理解が深まります。何度も読んでマーカーひいてメモ書きこみまくって、まるで自習ノートのようにしてしまいましょう。

自己啓発本を多読すると闇を見ます。
誰の言っていることを信じればよいのかわからなくて、迷路にはまってしまうのです。

ちなみに、私は「なりたい自分になる!」系の本はマスターの教え一冊あれば十分だと思っています。90年読み継がれている歴史。時代は変わっても、本質は変わらないと教えてくれます。

マスターの教え 文庫版
ジョン・マクドナルド(著)
山川紘矢(翻訳), 山川亜希子(翻訳)

私がSNSをやらないのは、必要以上に人の裏を見てしまう面があるからです。
人はそこまできれいな生き物ではありません。自分もそうでありますし、他人も同じです。

「見なくていいもの」が世の中にはあると思います。特に、心の繊細な人は見ないほうがいいものが多くなります。普段は気にならなくても、心が弱っている時に見てはいけないものってあります。

SNSはやめましょう。
心の健康のために、やめましょう。

SNSをやめて、必要以上に揺れて苦しむ心に、穏やかな凪をあげましょう。
多くの人にとって、SNSは少々刺激的すぎるのです。

タイトルとURLをコピーしました