試練に立ち向かうべき人、サッサと逃げたほうがいい人

ホロスコープ
画像:写真AC

↓の動画、友達が爽やかな曲を演奏しています。ぜひ聴いて癒されてください。

お家で弾いてみた

「凶」ばかり持つ娘と、「大吉」ばかり持つ父

占いを見てると、私はブチ切れます。
「うるせぇ!人のことディスってんじゃねーよコラ!!」

私は東洋の占術でも西洋の占術でも、基本、ディスられます。
つまり「悪い配置」があるんですね。特に東洋の占術だと「丙午の女はダメ」と全否定されます。アッハッハ!
神殺とかマジ悪いのばっかです!!うるせぇ!!!(多分そういうとこ)

そんな私とは真逆に、父親のホロスコープや命式を見ると、もう「褒めるところしかない」って感じの配置。「これこそ大吉!!」みたいなののオンパレードなんです。

だけど、ハッキリ言って、娘のわたしから見た父は、あんまり良い人生を送っているようには見えないんですよね。

祖父は暴力ふるう人でしたし、小豆相場に手を出した(借金こさえた)せいで学費出してもらえなくて苦学生したし、確かに就職後は収入こそ安定してたけど精神的にはマジ死んでる生活してたようにしか見えない。中年以降、精神安定剤ないと眠れなくなってたし。

まさに、リズ・グリーンの言う「生きてる意味の感じられない人生」。

木星-土星のコンタクトの現れの一つとして、土星(あるいは悪魔)にすべてを売り渡し、人生の目的の探求を放棄してしまうことがある。
その人にとっては、衣食住、社会的地位、感情の特に弱い部分の防衛という現実のほうが、はるかに重要かつ切迫した問題なのだ。

このような態度は、放置すれば鬱屈したものになってしまう。その人は人生半ばにしてすべての喜びを失い、何の満足感も与えることのない無意味な日常作業をひたすた続けることになるからだ。その人は食べるために生き、生きるために食べ、物質的な意味で大きく成功しても、その引き換えとして魂は売り渡してしまっている。
(中略)
人生に意味が見いだせないため、重い鬱病にかかることもある。木星-土星型の極端な表れが、抑鬱的で自殺につながりやすい気質なのは、こうした理由によるものなのだ。

サターン 土星の心理占星学 土星と木星のアスペクト P168

すぐ胃腸を壊す父は、頑強な母に「本当に弱いわね!女みたい!すぐ体壊すんだから!!」と罵られていました。(いや、つか、女なのに女を例に出して下げる罵倒はどうよ……)

アラサーの時には肋膜を患って社会復帰が危ぶまれるくらいの状態にもなりました。幸い入院して回復しましたが、健康診断で10年後も20年後もずぅーーっと肺のレントゲンに影が残るくらいで、やはり呼吸器は弱くて吸入器を買って朝晩と吸入をしていました。

で、出世もパッとせず。
母は定年間際になったころ、「本当はネ、お父さんの学歴やキャリアだったらネ、もう少し上のほうに行っても良かったはずなのヨォ」とブツブツブツブツネチネチネチネチ私に愚痴ってました。

そうよねー、出世頭だったから結婚したんだもんねー。
「どうしてお父さんと結婚したの?」って小さなころ質問したら「○○の××にお勤めだったからよ!○○の××にいるような人はね、変な人はいないの!ちゃんとした人じゃないと勤められないのよ!!」つってたからな。

それってさ、「○○の××に勤めてる男」だったらお父さんじゃなくても良かったってことだよね。アハハー。スゴイナー賢いなー(棒
実にピンポイントにATM向の男を狙って結婚したのでござるな。スターリン・グラード攻防戦におけるヴァシリ・ザイツェフだな。賢いな。港区女子からリスペクトされんな。婚活アドバイザーになれるぜ。「あなたにもできる!ハイスペ男をATMにする方法♥」

そして、私には貴方のような賢さはないよ……。愚娘で申し訳ございません。

でね、父の「金はあるけど愛はない」人生は、占い的にはハナマル大吉大成功人生なはずなんですよ。
「なんでこのズレが出るんだ??」ってフクロウのように首をひねって考えました。

とんちをひり出す一休さん

で、思ったんです。
「こういうあまりにも恵まれた星の持ち主って、苦労しちゃいけないんじゃないだろうか」と。

苦労をしちゃいけない、試練から逃げるべき人

父の命式には正官、正財、印綬と、穏やかな星ばかりが並び、しかも五行の偏り(大過)もなく、アタイが持つような傷官とか偏印とか「周りがどうとか関係ない。俺は俺の道を行く」的な通変は全然出てきません。かろうじて比肩が一つあるくらい。

西洋占星術でもグランドトラインがでででーんと鎮座して、ほとんどハードアスペクトがありません。オポジション?何それおいしいの?だって風と水ばっかなんだもーん!

そんな父は、サターン・リターンを上手く生かせなかった人です。私はそれがものすごくもったいないと感じていました。大病をすることで、自分の深みに気づくチャンスだったのに、と。

祖父から続く「男らしさへの呪縛」を解毒し、「自分なりの男性性」をつかむ貴重なチャンスが、父にとってはサタリタ(病気で倒れたこと)だったのになァ~……。

サターン・リターンの子~リズ・グリーン「サターン 土星の心理占星学」

でもね、父みたいな穏やかな命式でホロスコープの人ってね、もしかしたら「試練を上手く生かしにくい人」なんじゃないのかな、と思ったんです。

四柱推命では「吉星があれば凶意は薄くなる」とかいうけど、この「凶意が薄くなる」ってのは「つつがなくやり過ごせるレベルになる」ってことなんじゃないの?って。

つまり、試練を「なんとかやりすごし」ちゃって、「喉元過ぎれば熱さを忘れちゃうことが可能になってしまう」のではないかと。試練から学ぶ、試練によって磨かれて一皮むけるというハードな作業は、なかなか難しいのではないかと。

それが悪いというわけではなくて、父のような穏やかな「イージーモード」の命式やホロの人ってのは、そもそも「つつがなく何事もなく人生を送る」ということこそが至上であって、試練なんてのはできうる限り逃げたほうが良い、向き合わないほうが良い「ただの厄介者」に過ぎないのではないかと。

まだまだ魂の器的には重い物は背負えないから、そういう穏やかな星を選んで生まれてきているのだ、と。

私みたいな業の深い人間は「それじゃ深みが見られないじゃないか!」と思います。父の場合だと「世間の男性モデルによる呪いを解除して、本当の自分らしい男らしさ(男性性)に気づくべきだ!!」と。

しかし、多分、父は、そんなことは望んじゃいないわけです。むしろ型にはまることで安心できるのです。石原裕次郎の猿真似やってれば安心できるのです。「どうだ!裕次郎と同じヨットに乗ってるんだぞ!」と。

病気になったら、それが一日も早く治ることこそが幸せであって、なぜ自分がこんな病に見舞われたのかとか、病んでいる中から何か大切な人生の意味が見いだせるのではないかとか、そぉいうのに父は、全然興味がないのではあるまいか。

そう考えると、世の中には「苦労が身にならない人」というのは確実に存在するのだ、と自分の人生観との違いにめまいがするわけです。私は試練の中からこそ本当の自分が掴める!輝きを見られる!みたいな熱量激高タイプなので。

織田信長と同じ午月生まれのW帝旺なので(つまり、スゲエ短気!!)。

アレだ。
一言でいうなら、父は身弱でオイラは身旺なのだ。

試練に立ち向かって壁をブチ壊す貴方が好き♥

当スピリチュアルサロン、リンデンバウムは「メンタル弱い人は合わないので来ないでください」と常々お伝えしております。

それは意地悪で言ってるわけじゃなくて、私の熱量に当たったら、メンタル弱い人は粉々になってしまうからです。

だってメンタル弱い人って、たやすく感情的に圧倒されてしまって言葉が出なくなっちゃうでしょ? 私が少し何か言っただけで真っ白になって固まっちゃうんだよね~。マジで相性が悪いっ!

父が「苦労しても身にならない人」つまり「できるだけ試練から逃げて回ったほうがいい人」だったように、メンタルが弱い人はやはりあんまり苦労しないほうが良いと思うのです。逃げたほうが良いと思うのです。
壁を壊すために勇敢に戦うよりも、現状を維持したほうが良いと思うのです。

だけど私はオラオラオラオラですから、「そんなんじゃダメだ!立ち上がれ!自分を変えて魂の輝きを見るんだ!!」なんて体育会系ノリで言ってしまうのですよ。
あわないんですよ、メンタル弱い人と。

そういう人にとって占いは、本当に「運が悪い時期は運が悪い」なんです。運が悪い時期はダメなんです。「運が悪いといわれる時期こそ、深い精神面で真の成長を遂げられる」なんてのは、やはり熱量の高い人間の考えることであって、心の弱い人は素直に逃げて、嵐が過ぎ去るまでただブルブルと震えていた方が得策なのです。メンタルの弱い人は、試練になんて立ち向かったら壊れてしまうのです。逃げないと。

父は試練を生かせない人です。吉星とともに穏やかに生きるべき人です。
メンタル弱いのだから、それで良いのです。「スピリチュアルな目覚め」なんて目指さないで、ただただ無難に生きることこそが大切なのです。

そして、熱量の高いリンデンバウムは「試練上等!それで変容して新しい自分になってやるぜ!!」とオラつくサロンでありますので、他のヒーラーさんから「Nozomiさんのとこのお客さん、本当に強い人ばっかだね…」と驚かれるわけです。

これマジ実話ネ。「使命に目覚めた人って、こんなに強くなれるものなのか」って言われたっす~。
だはははははっ、それでこそ私の望むリンデンバウムの理想形であるッ!

私はそんなメンタル強いオラオラなお客様たちが大好きなのです♥
素敵なご縁をありがとうございます♥♥
サアッ、今日も、強 メ ン タ ル!! イエーイ☆

ヒプノシスマイク「Break the wall」/ 山田一郎 Trailer
タイトルとURLをコピーしました