恋愛体質じゃないオイラがなぜいきなり恋に落ちてしまうのか

四柱推命/算命学

私は常々、「恋愛より友情のほうが上だ!!」ということを書いてきました。

でね、この「友情>>>>>>恋愛」的価値観って、東洋の占いの四柱推命で説明するとオモロイかも!と思ったので書いてみますね。

官星がない女(財星がない男)は恋愛運がない

四柱推命では、官星を「男の星」とみなし、財星を「女の星」とみなします。
自分の命式の中に官星(正官/偏官)や財星(正財/偏財)があるか見たい人は、四柱推命の命式を作れるサイトで自分の星を見てみてくださいね~。

マニアック四柱推命
占い.マニアック四柱推命.四柱推命.悩み相談.メール鑑定

私はね、この男の星がひとっつも無いのでございます。見事に。

私は元命が傷官なのですが、不二龍彦さんの正統四柱推命術 詳解に、傷官を生かすために必要な条件というのが載っておりましてね。その条件の一つに「官星がない」というのがあります。

なぜなら傷官は字のごとく「官星を傷つける性質」でありまして、自分の内側に官星を持ってたら自己攻撃をしてしまうんですね。だから傷官が強い命式の人は官星を持たないほうが自己肯定感が持てる、と。

これね、イチローなんかもそうなんです。彼は食傷と印星がドワーっとあって、ちみっと財星が一つだけある。官星は一つもない。ジョブズもこのタイプで、食傷と印星しかない。官星無し。五行の調和?何それおいしいの?

私も実にこのパターンです。食傷と印星がドワー!っとあって、間に合わせのように比肩と正財が一つだけある。官星はない。典型的な「才能で生きていく命式」です。

逆に官星と財星が強い人は現実的に生きていくのが上手いのでサラリーマン向きです。空気が読めて組織に馴染む人ですネ。

官星のない女は、男を異性として意識できない→結果、男運がない

で、この官星、女性にとっては「男運」の星であります。命式内に官星があると、男運のある人とみなされます。正官があると結婚運のある人とも言われますね。男性の女運を見るのは財星です。

でね、私は命式内に官星がないのですよ。男運がない。
私の生きてきた実感でいうと、「男が男ではない」。つまり、人なわけですよ。異性じゃないんですよ。みんなただの人であって、男だろうが女だろうが仲よくしようゼ★ウェーイ!なんです。

だから、そこで「男」として私の世界に入って来られると、すごい戸惑っちゃうんです。
「は?え? 何アンタ」みたいな。「まず人としてある」という私の価値観を破って「人じゃなくて男として見てくれ」といわれても、官星(男)が世界観(命式)に無い私にとっては違和感しかない。「何言ってんのアンタ?」という。

↓この女子(マミちゃん)の叫び。これですよ!

あーマミちゃん、わかるーわかるよー悲しいよね、恋愛持ち込まれると!

そう、これ!これなんですよ!
私が「ウワーッ!!筋肉最高!!!筋肉!!!筋肉!!!」というのは、「そういう男と付き合いたい(セックスがしたい)」というより「私も筋肉バキバキになりたい!!!」って憧れなんですよね。

そうなの。自分がなりたいの。筋肉に。腹筋割れてる自分が好きなの。
力コブ見せて「どうだー!ヒョロガリに見えるかもしんないけど、こんだけムキムキなんだぞ!ワハハハハ!」って言いたいのー!!もりもり!!

うん。そうなんだよ。「トーマくんと付き合いたいです」じゃなくて「トーマくんみたいになりたいです」なんだよなぁ~。

でも、男になりたいわけじゃないんだよ。
リンデンバウムのお客様の中にも女性のビルダーさんがいらっしゃってね、本当にね、ああ、素敵なんですよ!身体が!!バッキバキで!!首がね、マジ太いんだよ!僧・帽・筋!!

官星のない女というのは、このように男性を異性として意識しにくいところがあるのではないでしょうか。少なくとも私はそうです。自分の世界観(命式)にデフォルトでは「異性としての男(官星)」が欠落しておるのです。

しかもそこに比肩とかプラスされちゃうと「貴様とお前は同期の桜」的世界観が構築されてしまうわけでして……色気、ゼロ!!

同期の桜

言ってみれば、わたしはすごく彼のことが好きだったのです。

だけどね、距離が近くなると上手くいかないんだよ。恋人だと上手くいかないんだよ。無理なんだよ。若くて子どもだったし、感情が上手くコントロールできなくて、男と女の間の気質の溝を上手くカバーできなかったんだよ。恋愛は「相手に好きになってもらえればそれでOK」ではなく、そこから相手との関係を築いていくことこそが本番。ジョン・グレイ読めよ。

BL道とは自己を映す鏡と見たり

こんなふうに、「友達としては仲良くなれるのに、異性としては無理」そんな現象が起こるのです。
だって、私の命式(世界観)には官星(異性として存在する男)がないんだもの!
貴様と俺は、同期の桜ァァ!

恋愛?そんなの気が付いたらしてるもんでしょ!

このブログをかなり読みこんでいる方は「でもアンタ恋愛してるじゃないですか」とツッコまれたことでしょう。

そう、私、官星ないから基本的にはあんま男運というか恋愛運とか結婚運とかないわけですよ。だけどね、干合持ちなんですよ。日干が丙で時干が辛なんでやんす。

他の具体的な全部の干合パターンなど、詳しくは 干合~お前ら、そういうとこだぞ。 に書いたので見てくださんせ。

私が男性と縁があるときは、「意味わかんないけどなんかくっついちゃった」なんです。別に彼氏ほしいとか言ってねえのに気が付いたらビターン!!!ってくっついちゃってるんです。「あっ、この人!私この人と一緒にいなきゃ!!」って強烈に雷に打たれるんです。

「干合、テメエの仕業だろ」といわざるを得ないような恋愛しかできんのです。
だからさ、オイラに恋愛相談とかしても無駄やぞ。

恋がしたいの~
彼氏が欲しい!
結婚したい!

Nozomi
Nozomi

えっ、したいならすればいいじゃん

できないよー!

Nozomi
Nozomi

ど、どうして?
必要なら引き寄せられてくるでしょ

こないよ!

Nozomi
Nozomi

そ、そうなのー!?
恋って気がついたら落ちちゃってるものじゃないの!?

みたいな感じで、全然、話が、かみあいませんので……。
干合持ちにとって恋愛とか結婚とかって、「向こうから勝手にやってきていつの間にかそういうことになってた」だからな……。特殊すぎて相談相手として適格ではないです。

宿命に干合のある人は、常に実気と虚気の両方を備えていることになります。

恋愛や結婚は虚がないと成り立ちません。相手のことを好きになり、親しくなって結婚するというのは虚があるからできるのです。恋愛をしているというのは虚の状態なのです。虚の状態とは、普段の自分とは異なる状態です。

位相法:干合法 | 占いばばあの算命学列伝

や、ほんとこれな……。
恋愛や結婚するときって、よく「そういう流れだったから」っていうじゃないですか。本当にそういう流れでなんかしちゃうもんなんですよ。わけわかんないんっすよ。

そんなことを意志の力でやりたいとか言われても、干合持ちのオイラには分かんねぇ~!
ので、「恋愛したいけどできない」って人はオイラに聞くんじゃなくてアルテイシアさんの本を読んでください!男女別で出てます!

結婚したい人は↓こちらへ

干合で化するって、ホント?

ここからは結構マニアックな四柱推命の話です。

干合した干は、元の五行とは別の気へと化するといわれます。
例えば私の持つ丙辛干合は、水の気(壬癸)に変化します。
と言っても全部化するわけではなく、条件があって、月柱に根が通れば化します。

私は午月生まれの丙ですから、丙のほうでガッツリ根が通っちゃってますので、干合で壬になったとしても根は通りません。だから「干合してても化さない」という解釈になります。

だけど、自分で生きてて「ん~?干合、化すことあるんじゃねぇ~?」と実感としては思います。

算命学では左手、つまり年柱の地支(蔵干)の変通で社会性や人間関係を見るんです。
で、私は元々は食神。天然愛されタイプというか、天真爛漫ゆえに結構困ったちゃんなんだけどなぜかそれがその人だけは愛嬌で許されちゃうっていう不思議系。でも、干合で化したら偏財になります。

「いや、偏財、あるよなぁ」って思うんです。まあ、丙は「作偏財(なすへんざい)」なんで、社会的な場面での偏財みは元々あるんですけど。(詳しく知りたい方は「天干従化法」で検索してくんろ~)

偏財。THEパリピ!ですよ。
私も「お前パリピやれ」って言われたらできるんですよ。ウェ~イwwwできるんです。だから若い頃は合コンに呼ばれまくりで、毎週末合コンしてたんっすよ。盛り上げ要員として。

もちろん合コンじゃない普通の飲み会でも「Nozomiがいなきゃはじまらないっしょ!」で呼ばれる感じ。とことん陽キャでウェーイ。
まあ、丙は「輝く太陽」なんだから、そうでなくっちゃね!

でもね、365日パリピやれってのは辛いんです。パリピ成分を使えなくはないけど、ずーっとパリピやってろって言われたら疲れる。つまり、完全に化してるわけじゃないんですね。時たま使える程度にあるエネルギー。別の言い方をすると、シッカリ根が通ってるわけじゃない。実気ではなく、虚気なんです。

化した日干・壬で組みなおすと、私は官星優位の命式になります。正官と偏官が強くなるんですね。だから、実はたまになら自分を殺して「フォア・ザ・チーム!」もできなくはないんです。使命のために自分を殺す(まさに官殺)気持ちにも共感できます。
しかし、常時は無理。やっぱり虚気なんです。

だから、私にとって干合によってもたらされる性質というのは「ちょっとなら使えるけど、ずっとは使えない」ものですね。ゲージたまったら出せる必殺技的な。
そこらへんわかってないと、誤解されたり疲れてしまったりします。あくまでも虚気。そう自覚しておくことが大切かな、と思いますね。

スピリチュアルな言い方するなら、虚気はエーテル体レベルで使えるけど肉体レベルでは持続できないんです。虚気は現実的ではない。現実に根はおろせない。つまり、そこまで分離して使えないんです。

だから、虚気はスピリチュアルなレベルで生かしていくと良いですね。目に見えない世界とつながろうとするときには、虚気を使う。そうすることによって実気を引きはがすことができるから、固定観念をはずして自由に物が見えるようになる、つまり、目覚める。

タイトルとURLをコピーしました