PHP7.3(CGI版)が実装されたので使ってみた【ロリポップ!】

ビジネス:スピリチュアルブログ

こちらの記事で「PHP7.1のセキュリティサポートもう切れるんだけど、7.3入れてくださ~い」とロリポップ(レンタルサーバー)に問い合わせた件。
ようやく、7.3実装されました!

2019年10月から『PHP7.3』を提供開始いたします
この度、ロリポップ!全サーバーを対象にPHP7.3のCGI版とモジュール版を提供開始いたします。最新のPHPバージョンヘアップデートすることにより、下記のメリットがあります。【PHPの処理速度の向上】PHPはバージョンが上がるごとに改良が加えられており、新しいバージョンほど効率的に動作するようになっています。そのため、...

よかったよかった。これでようやくWordPress推奨のPHP7.3を使うことができます。
ちなみに、2019年11月~12月にかけてPHP7.3モジュール版も使えるようになるそうです。まずはCGI版でお試しですね。

ロリポップでPHPのバージョンアップをしよう

PHPのバージョンアップは以下の手順で行います。

  1. データのバックアップを取る
  2. ロリポップ!ユーザー専用ページでPHPのバージョンを変更する
  3. 必要な場合は、データベースのパスワード形式の変更をする

データのバックアップを取る

Webに上げているファイルとデータベース(SQL)のバックアップを取ります。

PHPのバージョンを変更する

ロリポップ!ユーザー専用ページにログインします。
メニューから「PHP設定」にアクセスします。

PHP設定 / サーバー・プログラム / マニュアル - レンタルサーバーならロリポップ!
ロリポップ!レンタルサーバーのご利用マニュアルphpのバージョン・php.iniの設定方法を説明したマニュアルページです。

データベースのパスワード形式の変更をする

PHP7.xにはじめてバージョンアップする場合は、この手順が必要です。7.1→7.3の場合は必要ありません。詳しくは↓で

PHP設定 / サーバー・プログラム / マニュアル - レンタルサーバーならロリポップ!
ロリポップ!レンタルサーバーのご利用マニュアルphpのバージョン・php.iniの設定方法を説明したマニュアルページです。

次のページ:PHP7.1(モジュール版)と7.3(CGI版)どっちが速い?
実測してみた!

タイトルとURLをコピーしました