占い師は占いをあてにしないのか

ホロスコープ

かの有名占い師、細木数子てんてーは「占いを信じるな」といいました。
中国の古典、易経(占いの仕方が書いてある)には「君子占わず」と書いてあります。

占い師というのは、占いをあてにしないものなのでしょうか。

「四柱推命なんて大ッ嫌い!!!」だった私

わたしは四柱推命、いや、東洋の占いが大嫌いでした。
なぜなら、わたしは泣く子も黙る午月の丙午日生まれ。

東洋の占術(干支占い)を知っている方なら「あっ」と思われたことでしょう。そう、「丙午ひのえうまの女は最悪」とディスられまくる、あの丙午生まれなんです。しかも午月!!
もう気の強さは折り紙付き。どんな男相手だって負けないぜ!!!

で、基本的に東洋の占いはあんまりさわらないで来ました。単純に「アンタの人生駄目だわ」とディスられるからです。
自分を否定してくるような占いは信じない!基本やろ?笑

西洋占星術は、松村潔先生が宇宙観の深みを見せてくださったので大好きになりました♥
火星だって土星だってハードアスペクトだって、悪でも凶でもない!不幸じゃないッ!!Tスクエアなわたしを誇れて愛せます♥

でも、東洋の宇宙観ってそんなに薄っぺらいもんなのか?
四柱推命の一部の本や占者が薄っぺらいだけで、ちゃんと五行陰陽説を掘り下げていけば、そこには素晴らしい宇宙観が広がっているのではないか?

そんな疑問がわいて、四書五経を勉強して東洋の哲学にふれてみるようになりました。

そうしてみると、確かに四柱推命の言いたいこともわかってくる。
丙午のわたしは超バリキャリタイプで古風な女とは真逆の性質。
冠帯+W帝旺という最強エネルギーの使い手なので、専業主婦になろうものならば「こんなのわたしの人生じゃなーいっ!!こんなことやるために生まれてきたんじゃなーいっ!!主婦なんか超絶ツマンなーいっ!!!」って、バコーンと大爆発しちゃうのは火を見るよりも明らか。

昭和の時代、女性は結婚して家庭に入って仕事はやめるのが「女の道」でした。
だから、昭和的価値観からいうと確かに主婦業では満たされぬ自分は「ダメな女」だったのです。

でもでもっ!今はもう平成どころか令和だもーん♪
丙午でバリキャリだっていいんだもーん♪
多様性のある生き方、ばんざーいっ♪

というわけで、四柱推命でどうしてあんなにディスられまくったのかが理解できました。薄っぺらく教科書通りに読むのではなく、ちゃんと五行陰陽のしくみをかみくだいて「今の時代」に沿って組み立て直せば、西洋占星術と同じく「必要な星を持って生まれてきている」「自分の星をちゃんと生きれば、どんな人も幸せになれる」というところに落とし込めることもわかってきました。丙の太陽パワーはどこまでも陽キャラ&ポジティブだぜっ★

四柱推命が悪いんじゃない。「○○は吉で××は凶」と決めつける昭和的な占断が悪いんだ。ということがわかってきました。
実際、ネットでみれば、ちゃんと勉強なさって深いリーディングをする占い師さんだってたくさんいらっしゃることもわかってきました。

うんうん、東洋の宇宙観だって素敵。
プラトン(ティマイオス)にだって負けないわ!
夏目漱石をはじめ丙午の女をディスるやつなんて、アタイが全員打ち首にしてやるっ!!!(そういうとこ)

そう東洋思想を見直したと同時に、ある疑問が湧き出てきたのです。
「じゃあ、なんで、あの占い師さんはあんな縁談を持ち込んだのだ…?」と。

丙午の女に専業主婦とか無理です☆

四柱推命を自力で読めるようになってくると、わたしは自分の命(星)が示す自分のパワーありあまりエネルギー過多の暑苦しい性質を理解するようになってきました。自分のホロスコープ(西洋占星術)でいうと、火星獅子座□木星ですネ。

まあまあ、とにかく行き過ぎなくらいパワーあるんですわ。ゴリゴリ。握力も40キロあるし背筋も130キロあるし肺活量は4000㏄オーバーだよっ♪水泳だーい好き☆

でも、これじゃ大抵の男(のみならず女も)は、暑苦しすぎて疲れちゃうよネ。
丙午の女がけむたがられる理由も、至極納得というものでござる。

オレはやるぜやるぜやるぜ!
つまり、↑こんな感じ
【画像】動物のお医者さん 動物のお医者さん 1

要するに、私は普通の結婚、普通の主婦、普通の妻や母にはまーったく向かないタイプなんです!別にディスでもなんでもなく、シンプルに向かない。だから、その道は選ばない。ただそれだけ♪
四柱推命がわかってる人なら、自明の理なのです。

なのに、なんであの人はあんな縁談を持ってきたのだろう?

丙午の女に縁談を持ち込むとは、これ如何に

その頃はまだ平成の世。
わたしは20代のピチピチギャルでヤウなヤングでマンモスうれピ~☆でした。

そんな若かりし頃のわたしは、時折30歳ほど年上の女性に恋愛相談をしていました。
その人は当時夫に先立たれ、息子が買ってくれたマンションで気楽な一人暮らし。素敵な悠々自適の生活をなさっていました。

なんでそんな人に相談をするかというと、亡くなったご主人が熊本出身の人だったからです。そして、わたしが当時付き合っていたのも熊本出身の人でした。

九州の人とは文化が違いすぎてて色々とカルチャーショックでした。その前に広島出身の人とも付き合ったことがあったのですが、彼はわりかしシチーボーイのニュータウン育ちだったので、そこまで文化的なギャップを感じることはありませんでした。お互いサッカー好きで、話も合ったしナー。

でも、九州の男は、というか、熊本の男はというか、まあ、いろいろ私的にすごくビックリすることの連続。「江戸時代からの先祖の骨が入っている墓を自分は守らねばならない」とか言われても、現代っ子のわたしには、ポカーン。

お付き合いしていた人は本家の長男で、かなり古風な人だったんですね。そこで、一回り上の人に相談するのが、むしろちょうど良かったわけです。同年代の女子に相談しても「え、めんどくさ。なんでそんな人と付き合ってんの…」で終了ですから……。だってっ、好きだったんだもん!!うわーん!涙

でもでも、言わせてもらえば丙午の女はね、一度惚れた男には「めんどうくさっ」ってことがあったって忠実についていくのよッ!エネルギーの弱い女じゃメンタル病んじゃうところでも、丙午の女はパワフルだから逆境にあっても折れずに絶対負けないのっ☆

辛いことがあっても、あなたを信じて生きていく!
今の厳しい時代にこそ丙午の女の強さは輝く!
丙午の女、最高じゃないですか!!!

困難は、乗り越えてみせる!
運命だって、変えてみせる!それが帝旺・日柱丙午の女!!!
あなたの心を明るく照らす、天照大御神・女神の太陽の力♪とことん陽キャラ超絶神メンタル♪

安心してね。あなたの背中は、わたしが絶対守ってみせる――!!!
強い丙午の女をパートナーに選べる賢い男は、厳しい乱世においても「最後に己が帰るべき場所」を持つことができるのよん♪
丙午の強~い女を愛せる男の器の大きさには、感謝と尊敬の念しかありません……!

さて、夫と過ごした長い年月ゆえ、古風な九州男児、肥後もっこすを熟知していたその年上の女性。彼女は、若輩者の私にとって大変頼れる知恵豊かな人生の先輩だったのです。

その女性は占いに精通していました。
四柱推命も九星気学も易もやる人でした。
頼られて人を観てあげることもしばしば。

そして、わたしも観てもらいました。
「あなたは医者とか弁護士とか自分で開業する仕事がいいわよ!経営者に向いているわ」

今自分で四柱推命の命を見ていると、↑の占断はもっともです。わかってるな~と思います。
そう、だからその女性は、わたしの生まれ持った星(性質)をちゃんと知っていたのです。なのに――

いつものように彼氏の愚痴を聞いてもらっていたら、彼女はいいました。

ねえ、彼とのことそんなに行き詰まってるなら、他の男の人にも目を向けてみたらどう?
若いんだし、色んな男の人を見たほうがいいと思うの。

はあはあ、確かにそれはその通りだな、とわたしが納得すると

そうでしょそうでしょ!
実は、あなたに紹介したい男の人がいるのよ。
岡山の郵便局の家の長男でね、いい人よ~

「郵便局の家」というのは、特定郵便局のこと。特定郵便局は昔、いわゆる「地元の名士」的な家がやってることが多いやつでした。
つまり、「いいところのオウチの長男との縁談」というわけです。

あのね、この話を親御さんにも言ってみなさい?
そういうことでお話をいただいたから、会ってみると。
親御さんも安心すると思うわよ?

ここでいきなり空気がガチになるやつー!!!!
いや、親にそんなこと言ったらメッチャ食いつくやつじゃないですか!!!
「そ、それは、まあ…」と引き気味でいると

ま、とにかくね、会ってみればいいのよ!
そして会う日には親御さんに話をしておけばよいの!

やはり食い気味にグイグイ来る。熟女パワーこええ。
圧の強さに引きつつも、いつもお世話になっている手前、無下に断るわけにもいかず(丙午は義理堅さも長所なんだぜ)。親には話さず、とりあえずその男性に会ってみることにしました…。

当本丸の初期刀は、陽キャラ陸奥守吉行で~す

そして、紹介された男性は、まあ、いかにも、お育ちの良さそうな格式ある家のご長男という感じの男性でした。刀剣乱舞でいうなら歌仙兼定タイプだな。

歌仙兼定 極 ボイス集《刀剣乱舞》※初期刀極ネタバレ

あのね、歌仙をディスってるわけじゃないですよ。
歌仙だって素敵な男子ですよ。魅力的ですよ。うちの本丸でもちゃんと修行出して極にしてお守りつけて(過保護)育ててますよ!

今日のうちの歌仙たんは公武合体運動担当

ここでわたしが言いたいのはね、
日柱丙午の女にこの男は合わないだろ
ってことですよ。

確かにおっとりしてて品があって、育ちが良さそう、鷹揚。日干辛で地通変が偏印だったりしたら、むしろ性癖にストライクだと思います。すぐれた審美眼✨

だけど、丙午みたいなプライドがエベレスト状態で気の強い女は自分の惚れた男じゃないとティンとこないわけですよ!! まさに坤為地の牝馬なんですよ!!!

牝馬は牡馬にくらべ、扱いにくいといわれます。繊細でわがままで、反抗心が強く、多少のことでは観念しません。しかし、一度人を信頼して馴れたら、百パーセントの能力を発揮して一生懸命働きます。こういうことから、天の働きを徹底して受け容れて、したがうという大地の働きにたとえて牝馬が登場するわけです。

超訳・易経 自分らしく生きるためのヒント  P125

基本的に誰のいうことも聞かないけど、惚れた男には一途についていく!!!
丙午というのは極陽なんです。極陽というのは陰転できる。すなわち、男に惚れきって陽を極めれば、陰にもなれるのです。極まった陽は、陰になるから。

あのね、陽なら陰だし、陰なら陽なんだよ。光は必ず闇であるように。
そこを「丙午だから陽」とか固定しちゃうと、二元性の世界から抜けられないよ?

わたしが四柱推命嫌だな~って思ったのもソコなんです。「○○だと吉!××があると凶!」とか、いとも簡単に決めつけるでしょう?
帝旺(最高エネルギー)は胎(最低エネルギー)のもう一つの姿なんですよ。コインの表裏なわけで、実は同じもの。帝旺は胎を生きてこそ、二元性を統合できるの。

「陰転は良くない」とか一般的にいうけど、二元性の世界から解放されたい人には、陰転も大事な学びなんだよ~! 両極をそろえてはじめて統合は可能になるわけで。

もちろん、元の要素も生かす必要があるから、元の自分の気質(星・命)を十分に味わわない状態で陰転しちゃうのはよろしくない。その場合「自分ってダメなやつ…」って自己否定しちゃうでしょうね。陰転は本当の自分を味わって自己肯定の土壌を作ってからのほうがいい。あくまでもアドバンス、応用問題なんですね。上級者向け。

西洋占星術でいうなら、サビアンのリーディングで180度反対を(裏の意味として)読むのもそこらへんですね。ラテン語でいうところの vice versa, 逆も然り。
え?むずかしくて意味わかんない? まあ、とにかく自分の与えられた星をめいいっぱい生きて味わいつくせってことさ!!

日柱を見れば、自分のパートナーのタイプがわかる!

ところで、四柱推命で「日柱は配偶者を示す」って深いなーとも思いました!
だって、日干は自分自身の基本的な性質でしょう。そして、「日柱(日干+日支)=パートナー」って自分のオモテのわかりやすいところ(日干)と自分のシャドウ(日支)ってことでしょう!
※自分の日干(基本的な性質)を見たい人は→十干占い・四柱推命無料占い鑑定

スピリチュアルな言い方をするなら、パートナーを通して自分の隠れた一面(シャドウ)を学ぶわけだから。
インラケチ。あなたはもう一人のわたしです。

でも、パートナーって他人でしょう
持ってる星(命式)だって違うわ

こう思われたかもしれませんネ。なかなか理解しにくいことかもしれません。
しかし、あなたのフィルタ(知覚)を通してみている以上、パートナーは自分の世界の投影なのです。パートナーはパートナーで別の命式を、星を持っているだろうけれども、それは人生のカリキュラムの違いを示しているのであって、パートナーと自分の認知している世界は実は違うのですよ。

あなたが見る(感じる)ものは、常にあなたのかけらなのです。
(そしてそれは、同時に星のかけらであり、宇宙のかけらでもある)

ヒプノシスマイク 「Stella」Fling Posse
あなたは王族であり、盗賊であり、科学者である。同時に、すべての星である。

「相手は他人だ」と視点を固定しないでください。
だって、禍福は糾える縄の如し、人生万事塞翁が馬。
もうこの世界を卒業していきたいなら、固定観念を外さないと。

二元性の枷、五感の罠に気づいてください。
陽も、陰も、元は太極なの。男は女で、女は男なの。本当は、一つなの。
それが分かれていて別(正反対)のものだと錯覚するのは、肉体に閉じ込められて二元性に分離させられているからなんですよ……。

さて、丙午のパワーを極まらせて陰の力に変換するには、そもそも惚れなきゃ始まらない。惚れなきゃ従え(陰になれ)ない。
わたしが惚れるのは西洋占星術でいうところの火星獅子座=リーダータイプの男、四柱推命で言うならば配偶者を表す日柱丙午(地変:傷官)、スポーツマンタイプ(イチローも傷官。好き)で反骨精神旺盛、正官を破り長いものに巻かれない!すなわち我が推し長曽祢虎徹なんだよー!!

刀剣乱舞 長曽祢虎徹・極まとめ※乱舞ボイスネタバレ注意
歌仙が悪いんじゃなくてさ、タイプがさ、違うんだよ!!!
つまり、アメフトで(なぜか)セーフティをやってる男なんだよ…

「占いなんか関係ない(キリッ」ですねわかります

紹介してもらった彼、悪い人じゃないよ?むしろ素敵だよ?

でも、ぜんっぜん命式にしたがってないじゃん!
占い参考にしてないじゃん!
おお~ん!涙

というわけで「なぜ彼を紹介しようと思ったんですか…?」ときいてみました。そうしたら、その占いに精通した女性はこう答えました。

あなたの顔が、彼の好みのタイプだったから♪

顔 か よ !!!

占いより、顔なのかよ!!
占いもっと信じようよ!!!
占いもっと役立てようよ!!!

……というわけで、もちろんその縁談はまとまることもなく、お流れになりましたとさ。

占い師って、占い、参考にしないのん……?
ガチョーン!こりゃまった失礼いたしましたー!

タイトルとURLをコピーしました