周りの人は、まさに鏡。

人間関係:スピリチュアルブログ
【画像】写真AC

よく「周りの人は自分の鏡なのだ」といいますよね。
あの人って嫌な人!とかあの人ってどうして自分にこんなに良くしてくれるんだろう?とか、そういう相手に対して感じることが「自分の自覚していない人格の一部」だったりするという法則です。

さて、わたしはこの前 自分の道を生きれば、うまくいく という記事を公開しました。

これを書いていて
「アアッ!」
と頭を抱えたんです。

あまりにも「鏡」だったから――

相手の中に自分が見えるとき

わたしは常に↓このように言います。

Nozomi
Nozomi

ウチのサロンね、メンタル弱い人合わないよ?
メンタル弱い人はもっと優しいこと言ってくれるとこ行った方がいいよ?
ウチは「もう死にたいんです」っていわれても「そう思うなら死んだほうがいいんじゃないですか」って言うようなとこだよ?

これは意地悪で言ってるんじゃなくて「合わないからやめた方がいいよ」ってお伝えしているわけです。

なんでそんなこと言うかって、わたしが「悩んで迷ってしまって、なかなか行動できない」という状態が理解できない典型的脳筋だからなんですね。言葉より行動だッ!!!

Nozomi
Nozomi

あっ、これやりたい!

上の人(ガイド)
上の人(ガイド)

うーん、やめといたら?
あまり上手くいかないと思うけど…

Nozomi
Nozomi

ううん!やりたいからやる!

上の人(ガイド)
上の人(ガイド)

ハァ…
仕方ないなー
じゃ、好きにしたら?

Nozomi
Nozomi

わーん
うまくいかなかったー!(涙)

上の人(ガイド)
上の人(ガイド)

だからいったのに……

↑これがデフォルトなんです。
もうね、上の人(ガイド)がなんと言おうが「やりたい!」って思ったらパッてやっちゃうんです。迷わない。本当に脊髄反射脳筋。思い立ったら即行動っ!

成功しそうだからやりたいんじゃなくて、やりたいからやるのです!
上手くいくか失敗するかなんて関係ないよ!
やりたいことをやりたいときにやるの!!

だから「やりたいとは思うんですけど、できなくって」って、意味不明なんですよね。「やりたいけど上手く行きますか?」ってのも意味がわからん。
「人生有限なんだからやらなきゃ後悔すっぞ?後悔して生きるなんて絶対嫌じゃん!!!つか、なんで失敗を恐れるの?本気でやりたいなら成功するか失敗するか結果なんてどーだっていーじゃん!で終わっちゃうんですよね。惑う気持ちに寄りそえない。ごめんなさいね?

だから「メンタル弱い人は合わないよ~」って話で。
メンタル弱い人って傷つきやすいでしょう? 多分ウチに来たら傷ついちゃうからさ、来ない方がいいよ、弱い人は傷ついたら立ち直れないんでしょう?
なら、心の弱い自分を大事にしてね!って話なんです。

自分の道を生きれば、うまくいく」では、上の人(わたしのガイド)が「どうせ止めても言うこと聞かないんだろうから、やりたきゃやってみれば(まあ上手くいかないけど)」とわたしに対してフリーダムに放置してくれるということを書きました。

そして、わたしは好き勝手やってみては失敗して痛い目見て、それではじめてようやく素直に「これ、無理だな。合ってないな、うん…」と認める気になるという。

わたし、人のいうこと聞くの嫌いなんです。相手が親だろうが神様だろうが守護霊だろうが、聞きたくないもんは聞きたくない。嫌。
人から反対されても自分でやってみないと納得できないんです。

とにかく自分の身で体験したいんです!
失敗しても傷ついてもいい!! それが生きるってこと!!!
傷ついたってツバつけときゃ癒えるだろっ!!!(脳筋並感)

だから、反対はしても無理に止めない上の人が大変ありがたいわけで。
じっと我慢して手出しせずに、ただ見守ってくれるって、本当に大きな愛です。感謝しかない。

そう、オレ、根がアホなんだよ。上手くいかないってわかってても、でも、やりてえんだよ!!! 頭ン中だけでわかった気になんかなれねーんだよ!!! やらせてくれよ、失敗して痛い目見ることでようやく心の底から納得できるんだよ。

――って、ここまで書いてみて、ハッと気がついたのです。

Nozomi
Nozomi

これ、まんま
昔の彼氏が言ってたことじゃん!!!

ありのままの自分を大切にできない男たちで、わたしはオレ様九州男児の彼氏と北海道はでっかいどうドライブに出かけ、夜更けに山中でガス欠したトホホな珍道中を書きました。

彼が冬場のバイクの保管を酪農家に頼んでいたんです。バイクの保管代バカにならないとこぼしたら、その酪農家のオッチャンが「おう、じゃあウチにおいといてやる」と言ってくれたそうで、持って行ってもらった。それを今から引き取りに行くと。

「へえー、それじゃあ今日は向うの温泉にでも一泊するの?いいなあ!」
「え?違うよ。日帰り」
「はっ!?えっ!?無理でしょ!!!」
「いや、なんとかなる」
「ならないって!もう夕方だよ!?」
「いや、なんとかせんといかん。借りた軽トラ明日の昼までに返す約束だから。ノンストップで行く」
「えええぇ…………」

そう、彼は九州男児。試される大地・北海道をわかっていない男。
ジャスコここから110㎞の世界を理解していない男!!!

「絶対これアカンやつや」と思った私。だが、彼は一度やると言い出したら決して止まらない。それはわかっているので、
「分かった。じゃあ私も連れてって!」
とついていくことにしたのです。

ありのままの自分を大切にできない男たち

そう、これ。
「彼は一度やると言いだしたら決して止まらない。それはわかっている」
これ、結局、自分やん!! わたしは彼の中に自分を見てたんじゃん!

オレ様に惚れる時
あなたの中のオレ様成分もまた目覚めつつあるのだ

ニーチェ先生の言った通りやん!!
※言ってません。

要するに、わたしはオラオラの俺様なんです。気の強さMAXな丙午で火星獅子座なんです。
オラオラの俺様成分があるからこそ、一度やると言いだしたら人の意見なんか聞きもしないオレ様な男性と惹き合ったのです。

突き詰めると全部、「自分」なのです!

わたしはオラオラ女王様!首をはねておしまいっ!!

実際のところ、考えている以上に多くのケースで、結婚していない場合でも、パートナーはあなたの隠れた側面の鏡になっているのです。

あなたの内の男と女 – 愛と自由を手に入れる魔法 第一章 人生のパートナーの選択への影響 P23

そしてオレ様な自分を発揮すると、相手は「全くしょうがないなぁ、もおぉー」って見守ってくれてサポートしてくれるようになるわけです。
そう、今は上の人が昔の私と同じポジションになっている!!!超おもしれえええ~~~!!!

「元彼に対してしてしまったことが、今彼から還ってきた」
これ、恋愛あるある―!!!
そう、これがあるからこそ恋愛(もしくは人間関係)って学びの宝庫なんだよね。「あっ、そっか、そういうことだったのか!」ってすごく納得するんだよ。

気がついたら、自分も「相手側」にいたりするんだよ。
そして、相手の気持ちがわかると「アイツ最低!!」ってブリブリ怒ってたのは、もう怒れない。「な、なるほど~」になる。

毒親と恋愛(メルマガ読者限定記事)

相手の性質は、隠れた自分の性質。
まさに、周囲の縁ある人々は自分の鏡。
ほんとうの自分を知る、自己受容のためには、周りの人を観察してみるのが近道かもしれませんね!

「人のせい」にしておくのは楽です。すなわち、星を自分で使いこなさず、周囲に投影しておくのは楽です。

ですが、そこにとどまっていると心の底から「何かが足りない」という欠乏感がふつふつとわいてきて辛い思いをします。周りの人が優しくて愛にあふれていたとしてすら、「何かが足りない」「何かが違う」のです!

わたしたちは、自分の星を使いこなす必要があります。そのために今ここに生まれてきて、この舞台設定になっているのですから。

「私、○○座だけど○○座っぽくないんだよね」の理由

松村潔先生は 神秘のサビアン占星術で、自分の星を使いこなさないで周りの人に投影してしまう危険性を述べています。ここでは、自分の太陽のエネルギーを夫に預けてしまって、酒や暴力に苦しんだ女性を例に挙げています。

彼女は太陽に象徴される否定的な性格を自覚することが苦しくて、それをすべて夫に投影し、自分自身は違うと思いこもうとしたのです。心理学に「自分がそれを認めないのなら、外から教えにやってくる」という言葉があります。

自分が太陽の痛みを受けとめ、その改善の方法を自主的に考えるならば、夫にいじめられることはありません。ところが、「自分は悪くない、夫は暴力をふるって怖い」と思い続けたのです。一見、彼女は被害者のようですが、ふたりの関係の問題はむしろ彼女が望んだものとさえいえます。彼女は、それを自分に納得させるために外から鞭打たれることを望んだのです。

(中略)彼女が変われば、彼も変わり夫婦間の関係も改善されるでしょう。

神秘のサビアン占星術 男女関係をサビアンで解読する P132~133

不快な人と縁ができてしまうときは、自分の中の闇に気づくべき時なのかもしれませんね。そして、その闇を抑圧せずに受け入れるという課題をこなす時期が来たのかも。

タイトルとURLをコピーしました