スピリチュアルで本当にあなたは幸せになれるのか?

子どものいないあなたのための スピリチュアルブログ

リンデンバウムはお子さんのいらっしゃる方お断りです。
なぜなら、「真っ当な家庭人がスピリチュアルにのめり込むと家庭崩壊しかねない」と考えるからです。

実際、妻がスピリチュアルにのめり込んで夫と話が通じなくなるケースはままあります。結婚して子供を作った人はのめり込んじゃイカンのです。もっと「マトモ」に生きないと。

スピリチュアルにハマった妹――「子宮委員長はる」との出会いから「家庭崩壊」までの記録【前編】|サイゾーウーマン
 誰にでも、心が弱ってしまう時はあります。救いを求める先が、信頼できる家族や友人ではないこともあるでしょう。「こうすれば幸せになる」と語りかける心理カウンセラー、スピリチュアリスト、霊能力者。彼らを見ていると、「私を救ってくれそう」「この人...
スピリチュアルにハマった妹は自殺未遂を犯した――信じる心が“狂気”になる可能性【後編】|サイゾーウーマン
 誰にでも、心が弱ってしまう時はあります。救いを求める先が、信頼できる家族や友人ではないこともあるでしょう。「こうすれば幸せになる」と語りかける心理カウンセラー、スピリチュアリスト、霊能力者。彼らを見ていると、「私を救ってくれそう」「この人...

↑のケースで素晴らしいのが、夫の言葉。

よくわからないスピリチュアルより、
家族を信じてもらえるように、
もっと妻と向き合います

これなー!!まじこれ!!!
世の中の家庭人は配偶者と良い関係が築ければ、ほとんどのケースでスピなんか必要ないです!趣味程度でハマってる分には「ただの一趣味」で済むけど、一カ月何万も金つぎこむようになったらダメでしょ!

それがスピだろうが競馬だろうがソシャゲだろうがダメ!
家庭人は何かにはまり込み過ぎちゃダメなんだよ!家庭第一じゃないと!!!

「目には見えないスピリチュアルな存在に頼れば何事も願いはかなって幸せになれる」
こう思ってる人がいますが、そうじゃないんですよ。
スピを探求して幸せになれる人となれない人がいる。

だれかが、あるいは何かが自分たちを救ってくれるという願望や、自分自身に関しては何も変える必要がないという考えや、自分には責任がないという思いは非現実的と申し上げるほかありません。昏睡ないし無意識状態の繰り返しに甘んじながら、自分はいっさい努力せずに、自分を変えてくれそうな何かを摂取したり、そうした何かがもらえそうだという信仰は、まったく愚かしい考えです。そのようなことは起こりません。

さて、地球外に知的生命が存在することには間違いありませんから、そうした存在が地上に着陸することはあるかもしれません。しかし自分自身の努力を惜しんで、よそからアセンションや高次意識への移行がもたらされるなどと期待したり依存したりしている人は、大きな失望を味わうことになるでしょう。(P151)

みなさんのなかには、四次元に行くことで、すべての問題が片付くものと本気で信じている人々がいます。そうした人々には驚愕が待ち受けていることでしょう。目下あなたが取り組む問題は、いかなる次元に移行しようと自覚のもとに継続します。ただ、その次元の振動エネルギー場において問題に取り組むことになるだけです。

ですから、今の時点で私たちにできるアドバイスは非常にシンプルなものです。それは、自分がどの次元に行くかや、はたして次元はシフトするのかなどといった点に重きを置くのやめにして、それよりも自分自身の愛の心、赦しの心の大きさに重きを置くようにしてはいかがでしょう、というものです。(P181)

ハトホルの書―アセンションした文明からのメッセージ―

スピを探求して満足いく人生が送れるのは、基本「変人」なんです。
マトモな生き方をしている人がスピに来ると悲惨なことになる。
だから、結婚して子どもを作って家庭を築いた真っ当な人は来ちゃイカンのです。

結婚して子をなしたなら↑こうやって真っ当に生きる!!

そう、マジこれ。
ハードさで有名なアシュタンガヨガは、元は女性の弟子を取らない伝統がありました。

John Scott Ashtanga Yoga The Primary Series

女性が男性のようにアシュタンガを極めると、生理が止まってしまう、それくらいハードなんです。ヨガを深めることで生殖機能を奪ってしまうわけです(だから現在でもアシュタンガをやる女性は生理中はプラクティスをやめたり制限をかけて行います)。
そしてそれはスピリチュアル的には性から解き放たれていくわけだから、正しかったりします。

もうこれ以上、地上で苦しむ命を増やさない!!
リンデンバウムは子どものいないあなたが大好きです!!!

クリヤヨガでは、「マハーサマディ」と言って瞑想しながら死ぬ(肉体を離れる)技術があります。ヨガを深めることで、いつでも死ねる体になる。ヨガって、実はすごいメソッドなんです。神秘と共にあるんです。本来は。

チベット仏教でも、修業した僧は頭の中央にくぼみができてそこから自由に魂を行き来させることができます。それで死ぬべき時がきたなと思ったら、そこから抜ければスウッと死ぬ。中国軍の侵略にあった時、そうやって肉体を離れたチベット僧が何人もいたそうです。

チベットはそういう文化だから、抗議のために焼身自殺したりできるわけです。自殺は大罪のキリスト教徒から見ると、クレイジー以外のなにものでもないだろうけどね。

テンジン・チュインは焼身の前に親友宛に「遺書」を書いている。その中で彼は「自分の体はチベットのために存在する」と書き、「チベット語を忘れないように」と訴え、友人や両親に対し「泣かないでほしい。皆さんが幸福に生きられますように。来世で再会できますように」と結んでいる。

チベットNOW@ルンタ:インド、ベナレスでチベット難民が中国政府に対する焼身抗議
チベットNOW@ルンタ:12月8日、マチュで中国政府に対する抗議の焼身を行い死亡したタシ・ラプテンの遺書(日本語全訳)
Seven Years In Tibet – Trailer

スピにはまるとかえって健康を害したり精神状態が悪化したりすることだってあります。メンヘラが瞑想すると余計病むっていうのと同じ。

肉体への執着を手放し、意識を高次の状態へと拡大していくことは、時に危険を伴います。「すべて問題が解決してハッピー☆」なんてふうには、行きません。

そういうのを求めている人は、スピリチュアルと関わるのを「趣味程度」にとどめておくべきです。婦人公論で江原さんの連載読んで「ためになるわ~」って言ってるくらいがちょうど良い。

「黄色いお財布を持っていれば金運が上がる」とか「満月にお財布を振ればお金が入ってくる」とか、そういうライトなレベルなら問題ないでしょう。周囲の人も「仕方ないなあ」と思いつつも受け入れてくれるはずです。

愛の円環―ヴィギャン・バイラヴ・タントラ (タントラ秘法の書)

以前、ある青年にこう言われ、わたしは目を丸くしました。

タントラを実践すれば、非モテの自分でも恋愛して結婚できるようになりますよね!

ちょっ、ちょちょちょちょっ、ちょっと待ったァ~~~!!

いや、恋愛して結婚したいなら、タントラ(密教の性の秘儀)なんか触っちゃイカン!!
タントラの究極の到達点は宇宙との融合であって、性も全てが超越される。そうなると、男も女もなくなる。そんな状態で結婚に縁などあるかーっ!!!

結婚つうのは男と女に分離しているからこそできるんじゃ!同性同士でもそう。陰と陽に分かれているからこそ引き合える余地がある。
恋愛して結婚したいのに、宇宙に溶けていくタントラの修行をしてちゃいかん!君に必要なのは統合ではなく分離であって、むしろ恋愛工学でも勉強すべきだ!!!

(ちょっと話題がずれるけど、わたし、恋愛工学が100%悪だとは思わんのですよ。超絶非モテの男性は むしろ 少しくらいかじったほうが『女性とマトモに会話ができるようになる』レベルになって良いと思います。ミラーリングとペーシングとラポールの構築くらいは学んでおいて損は無い。むしろ人生全般で役に立つ)

とにかく、スピリチュアルで解決できる問題とそうではない問題があるのです。
文学を学びたい人に工学を教えても全然役に立ちゃしません。それと同じで、「恋愛して結婚してお金持ちになって幸せになって健康で長生きしたい」的願望成就に、スピリチュアルはむしろ役立たずであることもしばしばです。

だって、魂はそんなこと望んでなかったりするわけですもの。魂の望みは、現世的な願いが叶うことではなくエゴの浄化。スピにはまることで、社会性が失われていく場合だってあります。

だから、「子どものいる人はお断り」。子どもは社会で育てていくものなのだから、親になったからには社会性が大切です。思い通りにならないことがあっても、家族のために我慢我慢。波風立てずにニコニコ笑顔で丸く収めるのが一番。スピにはまって傾奇者になってはイカンのです。

あなたは「スピリチュアル」に何を期待していますか?
フワッと「幸せになりたい」ってだけじゃなくて、もっとツッコんで考えてみてください。スピリチュアルじゃなくてもっと別の手段のほうが良いことだってありますよ。

確かに、スピリチュアルな道はワンネスや法悦とつながり、莫大な喜びに満ち溢れることができます。しかし、それは物質性を失うことともつながっていて、必ずしも世間一般がいうところの「しあわせ」ではないこともあるのです。

スピリチュアルな道は、あくまでも宇宙的な道であって地球的な道ではないのです。地球的な現世の幸せが欲しいなら、もっと現実的なメソッドを使ったほうが良いと思います。

タイトルとURLをコピーしました