ゆとり教育は実に素晴らしい♥

人生:スピリチュアルブログ

今の若い人って、スッゴイ優しい人が多いです。人を傷つけないで波風立てないで穏やかに生きていきたい人が多く見られます。
一人ひとりを尊重し、個性を大切にする。相手を否定しない。

まさに、「世界に一つだけの花」の優しい世界観!!

世界に一つだけの花 – SMAP

ナンバーワンにならなくっていい。
あなたは、存在してるだけで大切な存在なんだよ♥

優しいですね~。
争わないですね~。
だから汚い大人の餌食になっちゃうんですね~~。

教育のない人たちの逞しさ

わたしは今、西南戦争 民衆の記《大義と破壊》を読んでいます。

西南戦争 民衆の記《大義と破壊》

ね~またミリヲタ全開でね~。スピリチュアル好きの人は興味ないよね~。
だけどね、すごく面白いんですよ。現時点で日本最後の内乱である西南戦争を民衆の視点から描いているんです。見ようによっちゃ、「権力に対して庶民がどうやってゲリラ的に立ち向かっていったらいいか、もしくは上手く折り合えば良いのか」という参考にもなります。

そう、この本の話を出したのはね、「心優しいホッコリ人間」が多いな~っていうのとスゲー対照的だったからなんです。
明治はじめの、4~5代前の祖先は、こんなに荒々しかったのか!っていう。

見ようによっちゃ「人類って愛ある方向に確かに進化してきたのだな」とも思えます。とりあえず今日の人は、すごい優しいです。マジほっこり系。

明治の戦場がどんだけワイルドなのか。
はらわたがグチャグチャに出た死体が散らかってるのを見て
「う~ん、肉屋の店頭」「まさにマグロ」
と思ったり、
「牛肉手に入ったぞー!イエーイ!」
って持ってきた肉がどう見ても人間(兵士)の肉だったり
たおやかな(はずの)地元女性が、顔色一つ変えず兵士の死体をガン見してたり。「死体も見慣れると何とも思わないんだな…」とドン引きする士官。

まあ、腹圧で飛び出た腸を見て、大体

ヲヤヱ(仮名)

わぁい☆塩ホル~!
ヤヱ、塩ホルだぁい好き♥

↑こんなこと思ってたかもしれないですねェ~(適当)

他にも、とにかく不満ならガンガン一揆してたり、「軍になんか行かねーよ!こっちは田植えの時期なんだっつの!」って抗議したり、兵士の死体から金目の物はぎとったりで、まあまあたくましい。

彼らは教育を受けていない民草です。明治のはじめですから、小学校にも行ったことがない人たちです。
教育を受けていないと、こんなに野蛮になるんですねェ~。「人を不快にさせてはいけない!」と教え込んだゆとり教育って素晴らしいですネ!

教育とは偉大なる洗脳である

でも、この西南戦争 民衆の記《大義と破壊》にも、ゆとりっぽい純朴なる民が出てきます。

明治維新で世の中が変わったけれど、これまでの「圧制政治」(幕藩体制か)から抜け出せないでいる民衆の様子を目の当たりにした思いだった。民衆の意識は、何ら変わっていない。世の中では「民権」を論じる者がいるが、この老人や一般の民衆は、その意味を解してはいないのだろう。(中略)「ああ、習慣は第二の天性」とは、このようなことを言うのだろうと思った。(『従征日記』)

この「習慣は第二の天性」とは、西洋のことわざで、古代ギリシャのものとも古代ローマでうまれたものともいう。その意味は、「身に付いた習慣は、知らぬ間に身にしみこんで、いつしか生まれつきの性質のようになってしまう」ということである。老人は旧藩時代、人夫としていくら使役されても、賃金を受けとったことはなかった。だから、賃銭など貰わないのが当然だと信じ切っている。

西南戦争 民衆の記《大義と破壊》P63~64

うんうん、おかみはいつでも正しいよね!
感動を与えることができるならお金なんかいらない!好きを仕事にできるならお金なんかいらない!専門技能に金なんか払わない!ボランティアって尊い!!

長いものに黙ってまかれとけ!
反抗(一揆)なんてとんでもない!
反抗期の中二病は下らないと馬鹿にして笑え!!! 仲良し親子こそ大正義♥

尾木ママ警告! 親子共依存の恐怖。毒親よりキケンな仲良し親子
スピリチュアリスト江原さんも批判!! 仲良し親子はよくない!!!
親にすら反抗できない人間がどうやって社会で闘うってんだ!

いつでもニコニコ!
笑顔で感謝!愚痴なんか言わない!
生きてるだけで丸儲け!ポジティブ!!

二分の一成人式では「おかあさん、うんでくれてありがとう!!」

「二分の一成人式」の気持ち悪さ。親を泣かせたがる演出の数々 | 女子SPA!
今年もにぎにぎしくジャニーズのコンサートが始まりました。昨年末、タッキー&翼のラストステージとなった東京ドームでは1月6~7日にNEWSコンサートを開催、約11万人の観客を沸かせました。クライマックスで銀テープが放たれるとファンは一斉に手を伸ばし、“幸運”をつかみ取ろうともがきます。もちろん、私もそのひとり。

大人に反抗するなんてとんでもない。
権力に反抗するなんてとんでもない。
偉い人は、何をやっても正しいのです!!!

安倍さんは絶対間違ったりなんかしない!
だって「桜を見る会」で有名人とワチャワチャやってる楽しいおじさんだもん♪あのタレントさんとも仲良し!こっちも見ててほっこりするぅ~♥

税金が上がっても仕方がない!!
ワードプレスでブロックエディタになって使いにくくなっても仕方がない!これしかないんだ!消費税が10%に上がるようなもんで皆スグ慣れる!(←や、これ、マジで言ってる人いたんスよ……ぐう奴隷すぎんだろ……)

こうなってもなお、まだ「みんなで仲良くニコニコ♥笑顔が幸せを運ぶ☆ポジティブでいればなんとかなる!」なんですよ。
長いものにまかれていれば(周りに合わせていれば)、何とかなる♪って思ってるんですよ。

うーん、今の教育、特に「ゆとり教育」というのは、実に素晴らしい成果をみせていますね。絶対に人を傷つけるのはいけませんからね!不快にさせてはいけませんからね!何があっても否定はダメ!!

人のいいところを見つけて肯定!!
フワッと言葉を使いなさい、チクっと言葉はダメ!!!
フワッとフワッとフワッとフワッとフワッと!!!!

フワッとしたら自分を見失うだけなのにネ~~

不満があったらちゃんとNOをいう。相手を否定する!ディス!
昔の教育のない人民ができていたことが、教育を受けてきたお上品な人間にはできない不思議。

「女の子はいつでもニコニコ笑顔でいなさい!」としつけられた結果、チャラいナンパ師のエジキになって無料風俗嬢コース。
「え?笑ってたんだからOKでしょ~?」
グダ崩し楽勝😁ヒットレシオ×試行回数で⤴⤴

元塾生が明かす「リアルナンパアカデミー」卑劣な強姦マニュアル | FRIDAYデジタル
『リアルナンパアカデミー』(以下、RNA)の塾長である渡部泰介容疑者(42)は逮捕前、教え子2人が起こした事件について本誌記者に、そう息巻いた。 今年6月、ナンパした女性を“ハウス”と呼ばれるアカデミ
ヒプノシスマイク「MAD TRIGGER CREW VS 麻天狼」より「DEATH RESPECT」/MAD TRIGGER CREW・麻天狼
ちゃんとバトってディスるからいいんだよ!!

西南戦争の頃の教育のない人民だったら、あっという間に一揆で打ちこわしで権力者を血祭りにあげてるところですよ。
国家のゴタゴタに巻き込まれるなんざ、バカバカしい。「自分たちを動かしたいなら、高い金払いな!」って普通の2~3倍の賃金出させてようやく後方支援の仕事(軍夫)をする。「給料安いなら行かなぁ~い!」そんくらいしたたか。

それに比べて、現在の善良なる市民は――

人に 感動を与えたいから
東京オリンピックでボランティアします♥

チョッロwチョロすぎんだろww即落ち2コマかよwww
扱いやすい国民を育成した指導者、有能すぎィ!

【結論】ゆとり教育最高✨✨✨

教育の力って、スゴイですねぇ~!!
さ、今日も笑顔でポジティブ☆彡
いつも未来を信じていようね♥

絶対に安心安全だし、何があっても大丈夫だよ😄
みんな違って、みんないい😉

われわれが権力を掌握した時には、秩序破壊の種になるようなものはことごとく教育課程から駆逐し、青年を権威に従順な子供にし、平和安寧の希望として統治者を頼みの柱とするように育成するのである。 (第十六議定)

思考力を人間から切り離すということは、過去長い時間をかけて、われわれが導入してきた極めて有益な手段である。(中略)この方法により民は、目に見えるものだけを頼りにして理解し、物を考えない従順な動物にさせられている….. (第十七議定)

この知識を完璧に身に付けたあかつきには、人々は進んで権威に服従し国家に指示された仕事を受け入れるであろう。(第三議定)

個人の企てほどまたとなく危険なものはない。その裏に天才があろうものなら、このような企ては、われわれが軋轢の種子を蒔いた人民何百万人にも勝る力を持つのである。教育を指導する際には、彼らが何か創意を示す徴候があれば、いつでも気力を失って絶望してしまうように仕向けなければならない。 (第五議定)

絶対的な多数を獲得すべく、階級や資格の別なく万人に投票させなければならない。知識人や有産者階級だけでは絶対多数は獲得できない。このように、自分個人が第一という考えを全員に植え込むことによって、家族主義や家庭教育尊重心を粉砕し、癖のある考え方の人間は引き離して一掃してしまう。われわれが操る群集は、彼らを第一線に立たせないし、証言の機会すら与えてやらない。
群集は、従順に応待すれば見返りがあるわれわれの話を聞くことだけに慣らされる。このようにして、群集の指導者としてわれわれが彼らの頭に据えてやった代理人の指導なくしては、どんな方向へも一歩も足が踏み出せないほど総員を一大盲目力に仕上げるのである。(第十議定)

シオンの議定書
タイトルとURLをコピーしました