トリリウム – ハトホルからのメッセージ

ハトホルからのメッセージ

訳者注:これはトム・ケニオンのチャネリング記事Trilliumsの日本語訳です。
ハトホルというマスターについての詳しい説明はハトホルの書―アセンションした文明からのメッセージ―をご覧ください。

ハトホルの地球へのメッセージ(チャネリング:トム・ケニオン)

このメッセージでは、肉体の量子的潜在能力につながるためのシンプルかつ効果的な方法をお伝えしたいと思います。この方法を用いると、高次元にある命を高めるための精妙なるエネルギーとつながることができます。

トリリウム – Trilliums

トリリウムとは、常に結合している二つの亜原子の粒子からなる量子的領域の効果のことです。

原子は亜原子粒子の結合からはじまり、これらの量子場効果に拡大されます。

原子は複雑な分子からなりたつ結合をするとき、量子場効果はより入り組んで強くなります。

この観点からして、物理的肉体は連結による生成を複雑に割り当てられており、体の細胞から自発的に発生する量子場効果と連動しています。

これらの細胞の量子場効果は、環境からの精妙なエネルギーを体細胞へともたらす調和した量子的引き寄せを繰り広げられるかどうかにかかっています。このプロセスは、気づいているかいないかに関係なく、展開します。肉体と呼ばれる細胞のマトリックスの自動で再帰的な動きなのです。

トリリウムには色々とおかしなところがあります。その一つは、禅問答みたいな性質です。現実というものについてどう考えているかという先入観に大いに影響されるにもかかわらず、顕在意識とは別に動きます。言い換えると、トリリウムは意識と物質の間にある深遠かつ不思議な接点によって量子レベルでプログラムされているのです。

同じ環境に生活する二人でも、考え方が違えば異なる種類の精妙なるエネルギーを引き寄せることがあります。こういったことは、「現実(できると思うこと)」や「現実」の世界の中で実際に達成することができるかもしれないことの感じ方に重大なる影響を与えかねません。

トリリウムは、そう動くようにというプログラムに従って疑いなく自動的に動いている一方で、何かに集中して意図することで容易く影響を受けもします。

すなわち、精妙なるエネルギーは思考や意図して意識の力を使うことで引き寄せられるのです。

トリリウムとワークすると、自分を癒したり調和をもたらすエネルギーを宇宙の他のレベルから引き寄せられます。

現実で肉体が体験している物質的次元から、精妙で高まったエネルギーをただ単に引き寄せるだけではありません。

物質的な世界を超越した高次元から精妙で有益なエネルギーを引き寄せるトリリウムの力について、時が来たまさに今、あなたへとお伝えします。

世界的な変化 – Planetary Changes

以前お伝えしたメッセージで、地球が直面している様々な環境問題についてふれました。今回のメッセージを深く理解していただくために、さあ、現実世界を変えていこう。(原文:Spatial Cognizance)という以前のメッセージを読まれますよう、強くお勧めします。(注: ウェブサイトwww.tomkenyon.comのハトホルコーナーにあります)

このメッセージでは、地球の生態系の傾向――特に環境学者が第六大量絶滅期と呼ぶ現象に関していくつかの予測をお伝えします。

植物や動物の種が、過去五つの全く異なる時代の間に地球から大量に絶滅してきたという事実があります。

わたしたちや多くの環境学者からすると、明らかに第六大量絶滅期は始まっています。

この問題にふれるにあたり、第六大量絶滅期の間にあなたの時空間で起こりそうなことを明らかにしておきましょう。これは確定事項ではなく、土壇場ですべての道筋が変わる可能性だってあります。しかしながら、自然との関係や地球の生態系について変化する気がないなら、第六大量絶滅期は衰えることなく進行することでしょう。

第六大量絶滅期が全人類の絶滅を意味しているわけではありませんが、人類の大多数が巻き込まれかねないとは言えます。

次の四半世紀で、地球には急速かつ劇的な変化が訪れ、集団意識もそれゆえ変容すると、わたしたちは見ています。異常なほど激しい嵐は増え、被害はますますひどくなるでしょう。海面上昇は予想よりも早くなるでしょう。低地に住む人は、科学者が予想していたよりも早く内陸に移住する必要があると気づくかもしれません。

こういった環境変化は、野生動物をはじめ木や珪藻といったすべての植物生命体、海の小さな微生物にとっても、莫大な生存ストレスになります。木とともに、珪藻や植物プランクトンは多くの利用可能な酸素を作ってくれます。

大地の木による大いなる蓄えは、造林を通して脅かされており、木と植物プランクトン有機体は共に、気候変動や現代文明によって発生した世界的な環境汚染の増加に良くない方向で晒されています。海は過酸性化しつつあり、海と陸の生命体両方にとって悪影響になります。

もし第六大量絶滅期が変わらずに続けば、多くの人類は歴史の一ページとなっていくでしょう。一部のサバイバルできる人類は、種の本能とは違った動きをするでしょう。支配者というよりは自然の世話役になり、協力の必要性を集合意識に理解させるのです。

文化や宗教などの問題は、今よりも遥かに重要視されなくなるでしょう。ただ生きのびるために、人間は違いをひとまず脇に押しやらねばならなくなり、(比喩的な意味としてもそのままの意味としても)新しい大地を見つけなければならないからです。

この人類の新しい命題は、高次の意識にもっと馴染みやすく、より開かれたものにもなります。

未来の人類は、(例えばエイリアンのような)宇宙的知的生命体や天使やエネルギー体などの有形の知性のような存在と直接的に意識でコンタクトをとるだろうという意味です。

次の四半世紀が終わるまでに、人類は宇宙探索に出かけたり、一般市民でも宇宙旅行に出かけられるようになる可能性もあります。

差し迫った気候変動に直面しているっていうのに、確かに変な話ですね。固定観念にしがみついて変われない人もいれば、新しい使命に目覚めて生きのび成長する道を見つける人もいるということです。変化していく大地と共に歩む新たな道は、今まで見たこともなかったような完全に新しい形態の食物や薬をもたらすでしょう。

次の二五年間に話題を戻しますと、世界中の気候変動による食糧や水の欠乏が必ず起こってくるでしょう。生態系へのストレスや、水や空気や食べ物の質の悪化の結果として、水和反応や酸化反応により生きる力は着実に弱っていくでしょう。

言い換えると、人類が何千年も当てにしてきた大地から栄養や滋養を得るのがますます難しくなるでしょう。

代替栄養としてのトリリウム

トリリウムとは、今の知覚している世界の外にある高次の精妙な源へとつながることを意味します。あなたを高めてくれるある種の滋養ある愛のエネルギーを、体の細胞へもたらしてくれます。面白いのですが、この種の精妙なエネルギーというのは、旧約聖書とコーラン両方に記されている可食である源、マナを含む、別世界のルーツを持つ多様な形態を取りうります。

自分のトリリウムを扱い慣れると、目の前に横たわる地球の変容の混沌としたエネルギーへより深くつながっていくことができるようになります。

一番難題なのは、トリリウムの単純さです。トリリウムが一日中活性化するためには、トリリウム活性化のために何も「行動して」はいけません。ただエネルギーが自分の中に流れ込むのを許すだけでよいのです。ただただ、そうすることを意図するだけです。

たとえば、もっと生命力にあふれる、もしくはもっと元気で癒されるようなエネルギーがほしいと感じたなら、リラックスした精神状態になって個々の細胞が量子引き寄せ機になったイメージで体全体に意識を向けてください。その状態になってまもなく、体内のトリリウムは宇宙の高次からのエネルギーを引き寄せ始めるでしょう。意識が他のことに行ってしまった時、ただ体に意識を向け、意図に焦点を当てるというシンプルな状態こそが内なるトリリウムを引きこめるという思考で――元の意図へと戻してください。

わたしたちハトホルは、あなたが多くの様々な経験したいと望む形で命をポジティブな方向へ向上していく精妙なるエネルギーを、肉体としての細胞マトリックス内に引きこんでいくという経験をしていただきたいと願っております。自分のトリリウムを通じて引きこむこの種の高められたエネルギーは、事実上無尽蔵なのですから。

この能力は通常の人類の知覚の狭い檻から解放されているので、もし意識の変性状態になったときには、トリリウムの潜在能力とつながることでより大きな効果を得ることができるでしょう。

知覚できる現実範囲を広げていくために、トリリウムの音声瞑想を作りました。このメッセージの一番最後に音声ファイルへのリンクがあります。

トリリウムの音声瞑想を効果的に行っていただくためにすべきことは、視聴中は肉体の中に意識を委ね、音声瞑想の音の中にくつろぐことです。その後に、内なるトリリウムを活性化する意図に焦点を当ててください。本質的な働きによって、トリリウムは焦点を当てた意図の性質に従って意識の高次から精妙なエネルギーを肉体へと引き込みはじめるでしょう。

音声瞑想を行う際に、感謝や自己肯定といった安定した感情状態であれば、トリリウムはより活性化してパワフルな力を与えるでしょう。

なぜそうなるかを知りたい方は、サイト(www.tomkenyon.com)のハトホルコーナーにある以前のメッセージ、多元宇宙につながる瞑想をお読みください。

トリリウムのワークで大きな成果を得られることを願っております。トリリウムのワークは、今このタイミングであなたに授けられる最も大きなギフトであると、ハトホルは信じております。

すべての生物が大いなる地球の変動の入口に差し掛かるとき、この知識があなたやあなたの愛する人に祝福を――そして全ての知覚ある存在に滋養をもたらしますように。

集合意識ハトホル
2018年9月21日

トム(チャネラー)の考察と所見

ハトホルたちがさあ、現実世界を変えていこう。というメッセージにふれて交信をはじめたので、わたしはそのメッセージのはじめの言葉を述べることからはじめたいと思います。「世界は大いなる変容の真っただ中にあります」

個人的には、この大いなる変容という言葉は変化そのものを意味するか形態を変化するという意味で使われる言葉として実にふさわしいものだと感じております。

ざっくり表現するなら、明らかに我々は急激な変化の真っただ中にいると言えるのでしょう。そして、(どのように生きるのかという意味で)人生の形は疑いなく変わってきています。この変化の一部は、心理的にますます自然から切り離されつつある世界文明として現れています。

自然との共生のために社会的態度や行動を根本的に変えていったとしてすら、自らのルーツとしての自然から切り離されるという影響は、すべての(人類を含む)生物学的生命が自然を集団的に軽視して不吉な結末を迎えつつあることにつながっています。

メッセージ内にあった近未来に関するハトホルたちの自明で適切なる予測について、わたしは口を挟むつもりはありません。

この予測については、自己啓発界隈で最近はやりの「はじめはウンザリさせられるかもしれない。だけど、真実はあなたを自由にしてくれる」という言葉が思い出されます。
The truth will set you free. But first, it will piss you off. - Gloria Steinem. - RECTANGLE MAGNET by

個人の心理的傾向や社会規範や地球の急激な生態系への変化に関連する現在の泥沼状態に関係なく、どんな変化が現れてきた場合にも、この言葉は色々な面で真理なのだろうなと思います。

ハトホルは、スピリチュアルな進化の視点では人生で起こる外側の現実の出来事や状態は自ら作り出す内なる選択に比べたら重要ではないことを、1980年代後半に交信を始めたその時に明らかにしました。

ハトホルがいうには、人生の様々な試練へつながる選択をすることで、意識のより深いレベルを形作っていくそうです。こういった内なる態度は、現実の未来へとつながっていくでしょう。要するに現在の人生につながる選択実行は、物質世界か光の高次領域かどちらで経験しているかに関わらず、どんなことを経験するか、人生のどこでチャンスを与えられるかに直接影響しているということです。

したがって、この視点からすると、不安と混乱を伴う現代社会は強烈な速度で意識を上昇させていく空前の機会を提供してくれています。――意識の上昇目的に使おうと思えばの話ですが。

精神に焦点をしぼるにあたって、ハトホル式トリリウム利用法について2つのコツをお伝えしましょう。

はじめに、トリリウム(エンレイソウ)と呼ばれる多年草の花種がありますが、ハトホルがいうところのトリリウムとは直接的な関係はありません。他の植物的有機体がそうであるように、エンレイソウも量子的引き寄せ場になるという事実以上の共通点はありません。

トリリウムのワークに取りかかるとき、考慮しておくべき特徴がいくつかあります。自分のトリリウムを扱う時に、安定した感情状態になっておくことを、ハトホルは強く勧めています。最近のハトホルワークショップの準備中にトリリウムの情報を受けとってから、わたしはいろんなやり方や様々な状況でトリリウムとワークしてみました。そして個人的経験から言えるのが、わたしのトリリウムは安定した感情状態にあるときに非常に活性化するということです。

我々の多くは、その時に経験していることに基づいた多様な感情的バイアスの中で生きています。(怖れ、敵意、悲しみなどの条件づけに使われる感情的な不合理のような)情緒不安定な状態で自分や世界を見るとしたら、トリリウムを適切に引き寄せるのは難しいことだと思われるかもしれません。そうすると、宇宙から癒しのエネルギーを意図したとおりに引き寄せるのは不可能となるでしょう。

ですから、トリリウムを引き寄せるときの第一のコツは、自分の感情状態を素直に観察して偽らずありのままで受容することです。

ところで、この自己洞察は現実主義に基づかれ、自己否定と無関係ではありません。人間の性として、ほとんどの人は色んな不安定な感情がクセになっており、世界の急激な変化は多くの場合で不安定さを増すことに確かに貢献しています。

課題は、自分の状態を認めること。もし、それが(ネガティブな)不安定な状態だったとしたら、調和した状態へと導く方法を見つけてください。ハトホルは多元宇宙につながる瞑想という記事の中でどうしたらいいのかを述べています。メッセージの中では、意識して調和のとれた感情状態になるための方法が書いてあります。サイトのArticlesコーナーに行ってもらえれば、感謝の気持ちを思い起こさせる方法 : 基礎入門編という、もっと詳しい方法が書いてある記事もあります。

二つ目のコツをお伝えします。このメソッドを使って癒しのエネルギーを引き寄せると、どうしても受動的な状態になることを理解してください。トリリウムは常に環境からトリリウム自身やあなたの細胞へとエネルギーを引き寄せていますから、トリリウム活性化のために何も「する」必要はありません。

ワークを効果的にするために、肉体に引き寄せたいと思うエネルギーの形やイメージを思い浮かべてください。ウーン!と頑張って集中しないでください。逆効果になりかねません。集中すると、ある種の精神緊張が生まれてしまいます。精神がくつろいで気楽で穏やかにイメージできた時にこそ、トリリウムは一番活性化されるのです。

皮肉なことですが、トリリウムを引き寄せるシンプルなプロセスは、このワークで一番難しい部分かもしれません。だって、わたしたちは一生懸命努力して何かをつかみ取ることに慣れ親しんでいるんですから。ですが、(トリリウムのような)精妙なエネルギーに関しては、努力しなければしないほど、より良い結果がやって来るのです。

注:2018年の最新のハトホルワークショップではじめに紹介されたトリリウムの音の瞑想からの抜粋を、視聴コーナーに公開しました。この音声領域はトリリウムのワークを行う際に非常に有用です。個人的利用の範囲内に限り、無料で利用できるようにしてあります。この記事の最後に音声ファイルへのリンクがあります。

この音声ファイルは5分53秒の長さです。この短い音声でも、ハトホルによって紹介されたトリリウムの活性化を行うのに十分な時間と言えましょう。もっとトリリウムとつながっていたいと思う方は、リピートして視聴時間を延ばしてください。

以前からわたしの作品を聴いてくれていた人には、トリリウムの音声瞑想がAscension CodesというCDに初出のthe Worlds Ascendingという曲をベースにしたものであることに気づかれるかもしれません。 何が違うかというと、アーエソスとして知られるより高次のハトホルがオリジナルの録音では高音域を歌っていることです。極めて特別で、エネルギッシュな発声となっています。

トリリウムの音声瞑想は、 www.tomkenyon.comの視聴コーナーにあります。下のリンクをクリック(タップ)して、 Listeningコーナーの規約同意のページに行ってください。視聴規約に同意したら、個人的利用の範囲内で聴いたりダウンロードできる多数の音声瞑想、講座、インタビューにアクセスできます。トリリウムの音声瞑想のところまでスクロールしてください。

ここをクリック(タップ)して、トリリウムの音声瞑想を視聴またはダウンロードしてください。
©2018 Tom Kenyon All Rights Reserved www.tomkenyon.com

地球の変化について重要な情報

注:このハトホルのメッセージを受け取った後で、現在の環境研究を少し調べてみました。そして、4つの異なる記事をシェアしようと思いました。不安になりそうなものを見たくない人は、この記事を読まないほうが良いでしょう。悲惨な地球の生態系の事実を伝えているからです。

ケンブリッジ大学のカール・エドワード・ラスムッセンは、2018年9月14日に気候変動についての短くて読みやすい記事を公開しました。タイトルは皮肉です。「2015年のパリは既に水没している?」この記事はいくつかの媒体によって、取り上げられています。この記事へのリンクの一つはこちらです。

Is Paris 2015 Already Underwater? | Dissident Voice
The Paris Agreement of 2015 remarkably brought together all of the nations of the world, except for the United States after Trump cancelled, in a concerted

地球の至る所でシャチやクジラが追い込まれているというScientific Americanの記事は、海の汚染の影響について述べています。下のリンクから読めます。
https://www.scientificamerican.com/article/earth-talks-killer-whales/

the World Watch Instituteによって公開されたこの記事は、大西洋の環境の重大な変化について書かれています。こちらから読めます。
http://www.worldwatch.org/node/5958

2018年7月27日に、 the US Congressional Serviceは北極圏の変化について「議会の背景と問題」という記事を投稿しました。これは北極圏の幾多の試練と好機について議論されている広範な研究です。

Report to Congress on Changes in the Arctic - USNI News
The following is the July 27, 2018 Congressional Research Service report, Changes in the Arctic: Background and Issues for Congress. From the Report: The dimini...

訳者注

トムは「全てのメッセージを含み、どんな改変も無く、売買することなく、著作権表示をしてくれる限り、あなたが望むならどんな形式でもこのメッセージの複製および配布を許可します」と表明しています。
よって、この翻訳もそれに準じます。

音声ファイルは再配布不可です。個人的な利用のみ可能です。
瞑想用音声ファイルの入手方法は、以下の手順で行ってください。
1.Listeningのページへ飛ぶ。
2.利用規約や免責事項及び注意を読んで「同意します!(I agree with the terms and conditions of the Listening Agreement!)」をクリック/タップする
3.The Trillium Sound Meditationのところに飛ぶ。※メッチャいっぱいファイルがあるので、ページ内検索で飛んだほうがいいです。PCだとWindowsでは『Ctrl + F』、Macでは『Command + F』、スマホだと【iOS・Android共通】スマホ版のChromeブラウザで「ページ内検索」を行う方法を参考にしてください。
 Click here to read the basic instructions and listen to the sound meditationの青文字部分をクリック/タップ。
4.次のページ(瞑想の概要)で、一番下にあるClick here to listen to and/or download The Trillium Sound Meditation の青文字部分をクリック/タップ。
再生プレーヤーが表示され、視聴できます。上の「ダウンロード」のボタンをクリック/タップするとDLがはじまります。無料です。

タイトルとURLをコピーしました