toggle
2018-09-16

「好き」を大事にするなら、「嫌い」も大事にしようよ。


最近「人をディスってはいけない」という風潮が強すぎる気がします。(裏垢とか匿名では言いたい放題なのに)
要するに「好きを大事にしよう!自分が好きなものも大事だけど、相手の『好き』だって大事!相手の好きを悪くいっちゃいけないよ!尊重しなきゃ!」みたいな空気があります。

まあ、確かに相手が好きだって言ってるのをわざわざ「それはおかしい」っていうのもアレですよね。
だけどね、「嫌い」を認識できるっていうのはすごく大切なことなんですよ。

特に「自分のことがわからない」という人は、自分の日常が「好き」ばかりになっていないかに注意してください。闇があるからこそ光がわかるし、その空間に何があるのかもクッキリ認識できます。

光だけじゃただまぶしいだけで、何があるのかわかりません。
生活が「好き」だらけだと自分を見失ってしまうのは、むしろ自然なことです。だって、闇がないのだもの。影がないと、どんな形をしているかなんてわからないのだから。

「嫌い」が合う人と一緒にいると、とーってもラク♪


世の中では「趣味が合う」というのが非常に重要視されています。
SNSでは「○○な人とつながりたい」というハッシュタグなどで、似た趣味の人とのつながりを求める人が絶えません。

確かに趣味の分野では、嗜好が似ているというのは大切かもしれません。
しかし、日常的な長い時間を一緒にすごす相手となると、「好き」のポイントより「嫌い」のポイントがあっているほうが、実は快適に過ごせたりします。

例えば、好きな食べ物が同じ人よりも、嫌いな食べ物が一致する人と暮らしたほうが、明らかに快適です。
同じ「カレー好き」でも、偏食の人と好き嫌いの無い人が一緒に暮らすのは、かなり大変です。どちらか(もしくは両方)が大いに妥協せねばならない。だけど、どちらも「しいたけ大嫌い」だったら、その家の食卓にしいたけが並ぶことはありません。ストレスフリー!

もう40歳を過ぎているのだから、不得意分野の仕事にあえて首を突っ込んだり、おそらく合わないであろう人間と無理に付き合うなど、人間関係で一切の冒険をしないでよいのである。これだけ生きていれば合う人間、合わない人間というのはわかっている。徹底的な上下関係を強いる体育会系の人間とはあまり合わないだろうし、ファッション誌のおしゃれ編集者ともやっぱり合わないだろう。そういった目利きは40年も生きていれば十分にできていなくてはならないいし、人間関係への諦観は持っておいたほうがいい。

――だからこそ、「本当に重要な人間」を見極める力が大事なんですね。

 中川)よく「趣味が合う」とか言うじゃないですか。でも、もっと気の合う人間になれるのは「怒りのツボが同じ人」「嫌いなものが同じ人」だと思うんですけど、どうですか? 例えば、ブランド物を買うのが嫌い、ハロウィーンで仮装をする人はうっとうしい。

 サッカー日本代表の試合の後、渋谷のスクランブル交差点でハイタッチするようなヤツとは絶対に気が合わない。あと、ツイッターのプロフィルに「フォロー・リムーブご自由に」「ツイートは所属組織の意見を代表するものではありません」「表現を通じて世の中を変えていきたい」とか書いてるヤツとは多分30分も一緒に酒飲めない……とか。それでいて、同様の違和感を覚える人とは妙に気が合ったりして。

この「嫌いポイントが合う相手」を見つけるには、当然ですが自分の「嫌い」を認識していないとなりません。そして、そのネガティブな「嫌い」を口に出せる能力が必要になります。だって言わなきゃ伝わらないし。(そしてもっと言うなら「この人にだったら言ってもいいな」「この人はダメだな」と判別する嗅覚(コミュ力)も求められます)

「悪口言うなんてダメ!いつもポジティブ☆彡」なんて言ってる人は、「好きが合う相手」とは引き合えても「嫌いが合う相手」とは引き合えません。すなわち、表面的な付き合い(趣味だけの友達など)はできるけど、深く長く付き合っていくようなスタイルが苦手になります。苦手が合う人とは、長い時間一緒にいても平気だからです。

もちろんそういう人とは「好き」が合わなかったりするので楽しみはないかもしれません。だけど、日常というのは平穏であることが第一です。楽しいことよりも過剰なストレスがかからないことのほうが大事です。楽しいことは、それこそ趣味友などと楽しめばよいのだし。

「嫌い」を大事にできる力、必要だってわかってくれましたか?

おまけ:女同士は悪口こそが潤滑油

40代のKさんは、女友達ができないことに悩んでいました。
心優しい人ですし、親切ですし、別に特段欠点があるようにも見えません。
20代の頃に出会った15歳年上の社会的な地位ある男性と20年近く不倫関係にありますが、不倫してるからって女友だちができないということは別にない。不倫してたって友達がいる人はいる。

なんでなんやろな~と私は遠巻きに見ていたのですが、彼女の人生に急転直下、大変な出来事が起きました。
不倫相手の奥さんが、乳ガンになって亡くなってしまったのです!

当然、20年近く関係を続けていた男性はKさんと再婚をします。
そこからです。
彼女に女友だちがモリモリできだしたのは。

「はっ!?エッ!?不倫してる女なんて最低だし略奪婚する女なんて不幸になるに決まってるじゃない!そんな女と友達になんかなりたくないわよッ!」
と思われた方もいらっしゃるかもしれません。私も謎でした。別に彼女の根本的な性格が何か変わったわけでもないですし(結婚くらいで人は変わらない)。

不倫中と結婚後と、Kさんの何が変わったのか?
それは、パートナーの悪口を言うか言わないかです。

不倫中のKさんは、まさに「恋する乙女」で心の底から彼に惚れこんでいました。長い年月一緒にいても、恋の炎は衰えることを知らないかのよう。
「彼って、本当に素敵な人なのよ!こんなに素敵な男性が世の中にいるだなんて、私思わなかったの。付き合ってもう長いけど、今も毎日電話をくれるの。電話が無理な日があったら、メール。毎日よ!」
口を開けば彼の賛美。素敵エピソードは後から後から出てきます。世の中の女性がうらやむような、まるでハーレクインのようなロマンティックなシチュエーション満載です。

結婚後の彼女は、新婚期は相変わらず彼にベタぼれで毎日一緒に暮らせる喜びにあふれていました。が、3年経った頃から
「こんな人だとは思わなかった。騙された」
と、口を開けば夫への愚痴が出るようになったのです。

「今まで彼から(亡くなった)奥さんの悪口聞くたびに『かわいそう。奥さんもっと優しくしてあげればいいのに』って思ってたけど、わたし今その奥さんの気持ち痛いほどわかるわーっ。もう本当に自分勝手!自分のことしか考えてない!わがまま放題!小学生より子供よ!」

そう。
彼が「素敵な男性」でいられたのは、奥さんが日常生活で面倒くさいアレコレを引き受けてくれていたからこその「カッコつけ」に過ぎなかったのです。一緒に生活しなければ彼は「かっこいい自分」を演出しつづけられたのでしょうが、結婚してしまったがゆえに、その魔法も解けてしまいました。

そして、この愚痴こそが「女友だち」を呼び寄せたのです。
夫の悪口を言えば「そうよねーっ!わかるわーっ!なんであんなんなのかしらっ!!」と奥様方は大共感。簡単にスルスルっと輪の中に入っていけたのです。

確かに思い返すと、結婚前(不倫中)の彼女は「男の人だって辛いんだよ?だんなさんは家族のために働いてるんだから、悪口なんか言っちゃダメだよ?」でした。
そら女友達できんわな……。

アルテイシアさんも女子会ならぬ熟女会(JJ会)で飛び交う夫の悪口をこう描写しています。

先日のJJ会では、長い不妊治療の末に子どもを授かった女友達が「あんなに欲しくて産んだ子どもなのに、たまに全てを投げ出したくなって自己嫌悪に陥る」と話していた。

それに対して「わかる!私も全てを捨てて逃亡したくなる」「仕事や介護も同じだよね。ストレスや疲れがたまると誰でもそうなるよ」と頷き合った。

育児のストレスで夫の金玉を粉砕したくなっても、吐き出す場所さえあれば「粉砕するのはまた今度にしよう」と思えるものだ。それはリアルでもネットでもどこでもいいと思う。
(中略)
そんなわけで、JJ会では女たちの本音が飛び交う。「小さくてかわいい赤ん坊といると、かさばる旦那が鬱陶しい」「旦那のオッサン臭に耐えられない」といった声もあがる。

ここまでディスられる夫も気の毒だが、これはホルモンの影響もあるのだろう。

ああ、そうだ。思い出した。
50代の「私、友達ができなくって」と悩んでおられる女性も、「ウチって夫婦仲がいいんです♥夫のことが大好きで」って言ってた。

オーイ。もちろんそれはそれで素晴らしくて良いことですが、女同士で仲良くなりたかったら、夫の悪口は必須アイテムですぞー。どんな人間にだって欠点はあるので、夫の小さな欠点を見つけて同年代女性とシェアすることですぞー。「夫とは仲良し★いつまでも彼に恋してるの♪」とか言ってたら、そらァ友達できませんぞー。

でもってな、そうやって女同士で悪口言ってスッキリするから、男の前に出たら優しくなれて仲良くできるって面もあるんですよぉ。ヤダー女ってばギルティ!
だんなデスノートだって、書きこむことで「多少なりともストレスを発散し、こどもの前でケンカが起きないかな」という想いで作られたんです。
【参考】運営者について – 30代主婦のストレス悩み解消なら だんなデスノート<旦那デスノート> 旦那死ね.com

まあ、とりあえず、自分の「嫌い」をちゃんと認識しておくと、女同士の友達付き合いも上手くいくよって話でございます。
闇属性でもそうだけど、光属性が行き過ぎると、コミュ力(現実適応力)は落ちるぞ。

「私の幸せを一緒に喜んでほしい」と思うなら、まずは不満を愚痴れ。あなたが苦労してたり不幸なところを見たあとだと、女友達は幸せになったあなたを心から祝福してくれるぞ。昼ドラの古典的手法じゃ。

ママタレは「嫌い」要素あふれる偉大な反面教師

元モーニング娘。の吉澤ひとみが酒気帯びでひき逃げをして捕まりました。しかし、死亡事故起こしたわけでもないのに、なんであんなに過激に叩かれているのか。事務所解雇まで噂されています。その理由は、SNSで幸せアピールしまくって好感度低かったってのもあるのでしょう。
【参考】吉澤ひとみ SNSで幸せ自慢もママタレ路線は芳しくなかった | 女性自身
【参考】ブログでは“充実”をアピールしていた吉澤ひとみ 復帰は困難か | デイリー新潮

幸せアピしまくって世の既婚女性を敵に回した辻希美パイセンの教訓を、なぜ生かさぬのでしょうか……。ママタレになるってのは100万人の姑・小姑から子育てを監視されるということじゃぞ。

【画像】1984年 ─まんがで読破─ ジョージ・オーウェル 1984年 ─まんがで読破─

子育てネタがウリのママタレ=超絶サンドバック。
芸能人、とくにママタレになんぞ、なるもんじゃないやね。

本当に能力のある人は、子育てなんぞネタにせん。ママアピしたって叩かれるだけだと賢く見極めておるのです。「完璧な母親」などこの世に存在しない以上、子育てでダメなポイントを見つけ出すことは常時可能です。叩こうと思えばいくらでも叩けます。

本当にママタレって有能なサンドバッグなのです。ストレス解消のための叩き台、実に都合のいいスケープゴート。
ダメだよーそんな茨の道に行っちゃ;ω;

実は、わたしは大好きだったこんこんがママタレ売りを始めるのではないかと戦々恐々としておるのです。やめてぇー;;;;;;
「いずれこの子もママタレになって叩かれるのか」って思ったら、かわいいアイドルすら好きになれなくなっちゃいます;ω;キラキラしてたあの子が育児ネタで炎上するところなんて見たくない…涙。
原節子の真実
潔く芸能界から身を引いた原節子や山口百恵や堀北真希は本当に偉大っす!!生き方がカッコイイ!リスペクト!
SNSをやらない広末はマジ神です!!

2000年前後から、ブログとかで芸能人がどんどんプライベートをオープンにするようになっていると思うんですけど、(中略)女優の仕事を考えると、リアルな生活感を出しすぎるのってよくないじゃないですか。「あの人、3人子供がいるんだよ」っていう情報が前に出すぎると、恋愛ドラマはちょっと……(苦笑)

週刊プレイボーイ 2018年 7/23 号

広末わかってる!!!
広末がそうやって女優という職業を大切にしてくれているから、わたしも20年前の広末を今だに大好きでいられるんだよ~^▽^
広末は永遠にカワイイ!!大スキ♡♡

ママタレのような幸せアピールは百害あって一利なし。
ママタレは「嫌い」を教えてくれる偉大なる反面教師ですね。

シェアしない人は、上手くいく!

リンデンバウムの一番人気!スピリチュアルカウンセリング
関連記事