toggle
2018-07-08

混乱している時こそ内側の調和を大切に

私は最近、自分の中の内なる男性性と女性性の在り方に魅せられています。
暇があれば彼らのエネルギーが今何をしていて何を望んでいてどう感じていて、更に相手をどう思っているかを聞きます。必要があれば仲介します。
ものすごく色々な発見があって、面白いです。

男女のエネルギーは、基本的には葛藤を生んだり対立したりします。互いに相容れません。
だから、お互いを「あるがままで」いてもらおうとしたら、互いに相手にスペース(時間・空間)を与えることが必要となります。距離があるからこそ、愛は美しく花開くに書いた通りです。

距離があるからこそ、愛は美しく花開く

対立するエネルギーは、相容れないのと同時に引き合います。
男性性と女性性のエネルギーをあるがままに解放して交わったとき、そこには新たなエネルギーが生まれます。モヤモヤしていたものが晴れ、不調和だったものが調和します。「ここだったのか!」というものが見つかります。バランスが取れ、深いレベルで共鳴するのです。

今、世界のバランスは大きく崩れています。
ここ数日の大雨や洪水は言わずもがな、世界中で火山の噴火や地震が相次いでいます。そう、日本だけのことではないのです。世界中です。
【参考】FloodList – Floods and Flooding News from across the Globe
【参考】The Watchers – Daily news service | Watchers.NEWS
【参考】地球の記録 | 異常気象

こんな大きなレベルでの混乱を見せつけられると、私たちは大抵ただただ茫然としてしまいます。自分は無力で何もできないのだという感覚に圧倒されます。
そういう時に、何とかしようとあがいても、問題が大きすぎて「いや無理でしょ」と投げ出してしまいます。「自分には何もできない」とあきらめてしまいます。

こういう時だからこそ、まずは内面に立ち返って、内なる不調和に気がついてほしいと思います。
自分の中の男性性と女性性に調和がとれているかどうか見るのも、その一つです。自分の男性性と女性性がどんな風な状態か簡単にテストする方法は「どうしてまたこのパターン?」にはまるワケでご紹介しました。

外の世界が荒れている(ように見える)今だからこそ、内面の調和が大切です。内側に平和な感覚、安堵の感覚を保ち続けることができれば、厳しい局面でも冷静に最善の選択ができます。

内なる男性と女性の調和、対話は本当に大切です。
自分の内側に荒々しくたくましい男性がいることを感じられれば、逆境でも乗り越えてやろうという力がみなぎってきます。
自分の内側に地に足のついた女性がいることを感じられれば、心の中に安らぎの感覚がわきあがってきます。

でも、そんな男性性と女性性の力も、どちらか(もしくは両方)が抑圧されていたり、互いにいがみ合っていたりすると上手くかみ合いません。

こんな時だからこそ、内側の調和が大切です。
自分の内側を覗いてください。どんなことがあっても失われない静寂なる感覚につながってください。動くときは、そこから動いてください。そうすれば、大丈夫なのです。

↑Amazonは在庫切れにちょくちょくなるみたいなんで、リアル書店のほうが手に入りやすいかもしれません。紀伊國屋書店とかhonto(ジュンク堂・丸善・文教堂)に在庫があります。楽天ブックスも在庫ありです。(2018/07/08現在)

リンデンバウムの一番人気!スピリチュアルカウンセリング
関連記事