toggle
2018-05-19

インナーチャイルドとあそぼう

埼玉県 K様より頂いたメールをご紹介いたします。 一部個人情報など具体的な事柄は伏せております。

リンデンバウム
Nozomiさま

○日はセッション(リンデンバウムヒーリング)をありがとうございました。
サロンを出てから、好転反応や色々なシンクロが次々と起きています。
取り急ぎご報告させていただきたく、メールを致しました。

まず、サロンを出た後、ぼんやりしつつも空腹でw
腹ごしらえに立ち寄ったカフェに入ると、
「ベリーのフレンチトーストが食べたい」というインナーチャイルドの声がしました。

ご用意にお時間がかかるので本などをどうぞ、と言われて棚を見たら、’北海道の神社’という一冊が。

御朱印帳とめぐる 北海道の神社70

北海道神宮にも寄ろうと思っていたので手に取り、めくっているうちに、頓宮、というのが大通の方にもあるのを知りました。
また、お店のお母さん、お嬢さんともに、親切でいい方でした。

お店を出て、北海道神宮へ歩いていく途中、円山公園でいい感じの木の棒を見つけました。
子供の頃、よくこういうものを拾っていたなあと見ていたら、「持って帰りたい」という声がして。
その後も松ぼっくりと、何かの木の実の殻を見つけて。
インナーチャイルドはとても嬉しそうでした。

さらに歩いているうちに、ふと、「絵をかきたいな」と思いました。
これもインナーチャイルドの声だったのかもしれません。
神宮でお参りをしつつ、しばらく悩みましたが、「うん、やってみよう」と気持ちが固まり、その足でマルヤマクラスに戻りました。
そして、100均のお店に向かい、小さなスケッチブックと、水彩絵の具などの画材一式を揃え、大通方面の電車に乗りました。

それから頓宮にお参りをして、大通公園に向かい、テレビ塔の近くに空いているベンチを見つけて。
芝生にたくさん鳩が来ていたので、画材を広げて、描いてみました。

絵を描くこと自体、ものすごく恐怖に感じていた時期もありました。
上手く描かないと、とか、見えているものと違う、とか、手を動かそうとするたびに考えて、嫌な気持ちになっていたんです。

それでも、今は上手くなくてもいい、見えたまま描かなくてもいい、と思い、「どうやって描こうか?」って、インナーチャイルドに聴きながら、鉛筆を走らせてみました。
その子は、ちゃんと答えをくれました。
その場で鳩を三羽書いて、絵の具で色ぬりをしました。
何かがすっと流れたような気がしました。

その後、目の前のテレビ塔も描いてみよう、と思い、またインナーチャイルドと相談しながら描いていきました。
テレビ塔は複雑な構造で、細かく組まれた鉄筋を描いたり、パースを取ったりとなかなか難しい。
それも、こう描いてっていう声に従って描いていきました。

夢中になっていたら突然、「上手ですね!」って声がしたんです。
振り返ったら、若い男性と女性のカップルが隣に座っていて、彼氏の方がサムアップ!しながら私をみていて。
(ふぇ!?)
と思いながら「ありがとうございます」と返事をしました。
少しお話をさせてもらったところ、二人は台湾から来たと言っていました。

縁もゆかりもない人が、私の描いた絵を褒めてくれたんです。
二人が去って、その後描いている間にじわじわ来て、涙がぼろぼろ出ました。

そのあと、もう一枚パンジーの絵を描いて、ベンチを離れ。
気づけば、大通公園の端っこで、とうきびをかじりながら真っ赤な顔で鼻をすすっているアラフォーが、そこにいました。

夜には、突然の胃の痛みや、感情の突き上げ、涙が出るなど、好転反応らしきものが次々出てきました。

今日も、空港までの道すがら、色々な人やものを描きました。
その度に涙が出ては、深い落ち着きがやってきます。

色を塗った絵や拾った木の棒などは、早速家で飾りました。添付の写真は、その絵です。
描いては褒める、も繰り返しています。
インナーチャイルドは、本当にとても嬉しいみたいです。
これからも一緒に、色々描いていきたいと思います。
あと粘土も買ったので、やってみるつもりです。

今朝のブログ(創作で自分のハートとつながろう)もシンクロしたタイトルで、驚きました。
ご紹介されていた方も、同じように、絵で癒されているとのことでしたね。
そうですよ。アートは、人を癒すんです。
くだらないものなんかじゃない!と改めて拳を握りました。

ふと、後で気づいたのですが、セッションの際、Nozomiさんが落ち着いたピンクの花柄の可愛らしいお着物をきていらして、髪も三つ編みなどでアップにされていましたね。
着物や髪型にも意味があるとのことで、なんとなくなのですがヒーリングを行うのは私の子供のころの傷についてだと、ガイドさんはわかってくださっていたんだ、と思いました。

親とはその都度、距離を保ちながら付き合っていこうと思います。
そちらの方でも色々とアドバイスもいただき、本当に有意義なセッションでした。
今回は本当に、札幌まで伺ってよかったと思っております。
ありがとうございます。

余談ですが、私の地元も農作物が豊富なんですよ。
農協のお店にヤングコーンが出ていたので、買ってきて早速皮むきをしました。
たくさん出た皮やヒゲを、何かに使えないかなあと思ってネットで調べてみたんです。
なんと皮でカゴを編んだり、ヒゲでお茶を作ったりできるんですね!
もともと、生活に必要なものはそうやって、自然から作られ始めたんだなぁと気づき、これからもっと、消費マインドからの切り替えを進めていこうと思いました。
今、部屋じゅうにトウモロコシの皮とヒゲが並んでいます。乾燥が終わったら着手します~。うふふ。
ものづくり、最高です!

寒暖差の大きい日々がまだ続くようです。
Nozomiさまもお身体、ご自愛くださいませ。

リンデンバウムの一番人気!スピリチュアルカウンセリング
関連記事