セッションを受ける前に – Q&A

※質問をタップ(クリック)してください

セッションを受けるタイミングはお客様によって様々です。
大切なのは、自分の心に従うことです。直感を頼りにしてください。

差し迫った問題がないならば、納得いくまで迷ってください。
時間的に余裕がないならば、このQ&A内に回答がないか探してみてください。多分、「迷っている」というよりも「怖い」といったほうがいいかもしれませんね。
セッションを受けたいなら、怖れを乗り越えてくださいね。
やむを得ず予約後セッション(スピリチュアルカウンセリング、ヒーリング)を受けられない状況が生じましたら、メールにてお知らせください。キャンセル料金についてはこちらをご覧ください。

予約日時の変更をご希望の場合は、1度までお受けいたします。お約束の時間の3時間前までにご連絡ください。2度目はキャンセル扱いとさせていただきます。

予約日の前日以降のキャンセルにつきましては、キャンセル料金が発生いたしますので、ご注意ください。(キャンセル料金についてはこちら。)

ご予約の際は、日時等しっかりとご確認の上お申込ください。

キャンセルは意味もなく起こることではございません。キャンセルするということは「セッションを行ってはならない」というシグナルでもあります。
本当に必要なセッションならば、ちゃんとガイドたちは「お膳立て」してくれます。セッションが受けられるように状況を整えてくれます。

もしリンデンバウムのセッションを受けようとしても都合の悪いことが重なるようでしたら、それはセッションを受けてはならないというシグナルです。
その場合は申し訳ございませんが、潔くあきらめてください。

上の人(私のガイド)は「キャンセルが重なるような人は、流れに乗れていない人。だから近寄るな。君とは縁がない証拠だ」といいます。
それゆえキャンセルが重なる場合は、以後のセッションもお断りいたします。ご了承くださいませ。

ズバリ、一番人気はスピリチュアルカウンセリングです。
詳しく内容を検討したい方は、以下を読んでください。

    • スピリチュアルカウンセリングがオススメの方
      リンデンバウムのセッションははじめて。
      ガイドに相談したい。今思っていることが正しいのか間違っているのか知りたい。
      自分の生まれてきた意味、魂の使命を知りたい。
      ガイドは確かに存在していて、自分をサポートしてくれていることを実感したい。
      リラックスすることは苦手。普段左脳的(理系)で、右脳的な事柄は苦手。

 

    • リンデンバウムヒーリングがオススメの方
      リンデンバウムのセッションを、既に過去何度か受けたことがある。(はじめてではない)
      自分の力で自分を癒せるのだということを知って、自分に自信を持ちたい。
      自分の過去生(前世)を知ったり、潜在意識に隠れているトラウマを癒したい。

 

    • ヒーリングがオススメの方
      人見知りが激しい。対話方式のカウンセリングでは、うまく質問や気持ちを伝える自信がない。(私は特に厳しく短気な媒体ですので、怒鳴られたら委縮してしまって頭が真っ白になる人はカウンセリングよりヒーリングがオススメです)
      楽したい。ただ一方的にあちらからのメッセージが欲しい。

 

  • カウンセリング+ヒーリングがオススメの方
    札幌近辺にお住まいではない(対面セッションが難しい方)
    「これを癒したい!」という具体的なことはないけど、なんとなくヒーリングを受けたい。
    自分の潜在意識に触れるのはまだ怖いけれど、少しずつ向き合って行きたい。

セッションのタイプ

必要ありません。
あくまでも私はセッション時にメッセージ(エネルギー)を降ろすだけなので、セッション前に質問を頂いても答えられません。(「つながっていない」ので)
セッション前にご質問を頂いてもお返事はいたしかねます。しかし、事前に「わたし、こういうことが知りたいんだよね、この答えが欲しいんだよね」とガイドに問いかけておくことは有用です。求めよ、さらば与えられん。
わかりません。
「必要なところにつながるのでしょう」としかお答えできません。そもそも私はただの媒体なので、そんなに権限はありません。あちらがどうしようと思っているかはわからないし、当然介入もできません。ゆえに、「○○とつながって!」というご要望にもお応えできません。ご了承ください。
お断りいたします。
詳しい理由は、以下の記事をご覧ください。
【参考記事】瞑想の危険性 – スピリチュアルはメンヘラを救わない基本的にウチのサロンのセッションは体育会系魂炸裂です。Nozomi自身が超体育会系気質だからです。
即断!即決!即実行!!ウジウジウダウダしないッ!気合だーッ!!

ゆえに、メンタルの弱い方にはそもそも当サロンは合わない可能性が高いです。

このような理由から、「今は断薬してるけど以前は精神科薬を飲んでいた」とか「これから断薬して病院にもかからなくなる予定」という場合も、お越しにならないほうがよろしいです。「努力と根性でコツコツ積み重ねることこそ大事!」とか言われちゃうと、きっとお辛いでしょう?
もっと優しくてフワフワした癒し系サロンとご縁があることをお祈りしております。

最後に、「死にたい」と言われる方は、こちらの記事をお読みください。

生が大事ならば死だって大事
メンヘラは「死にたい」と言って死にません。死にたいのではないのです。「死にたいなんて言わないで(≒あなたは必要な存在)」と言われたいのです。死というものをそんな風に利用するなんて、死への冒涜が過ぎます。死は生と同じくらい神聖なものなのに。

予約時にお申し出いただければ、聴力に応じて配慮します。
音声でのコミュニケーションが可能な場合は、ゆっくりハッキリ話すよう心がけます。遠隔の場合、お勧めの方法はSkype使用でのセッションです。補助として、Skypeのインスタントメッセージ(チャット機能)を使えば、聞き取りにくかった場合も文字にしてお伝えできます。
もし聞き取りにくい場合は、文字でのやりとりのみでのセッションも可能です。
【参考】インスタントメッセージ(IM)の送信(Windowsデスクトップ)
【参考】インスタントメッセージ(IM)を送信するには(動画) – YouTube

対面の場合は、筆記を併用してのスピリチュアルカウンセリングも可能です。
ご予約時に備考欄にて、その旨お申し出ください。

手話の使用はできませんが、手話通訳を通じてのセッションは可能です。
その場合、手話通訳の手配はお客様側でお願いいたします。

私は田舎者なので、東京は苦手です。空気が悪すぎて具合が悪くなります。かんべんしてください。
詳しくは、なんも、田舎がいいべさ!をお読みください。
お問い合わせフォーム経由での予約は承っておりません。オプションや細かい見落とし等を防ぐためです。
予約希望の方は、予約フォームをご利用ください。ご理解・ご協力お願いいたします。ご希望の日時でご予約フォームからお申込みください。お取りできるかどうか返信いたします。
なお、定休日(木・金)や時間外は受付けておりません。1カ月以上先のご予約も受け付けておりません。ご了承ください。

そもそも、セッションは必要ならば行われるのです。
日程調整を一生懸命しなきゃならない時点で、それは「流れに乗っていない証拠」です。そういう人のセッションはゴタゴタの元なので、お受けしたくありません。

遠方の方で、無理して対面セッションを受けようとされる方に、このような「事前に問い合わせをして日時を(内定させて)押さえてから行動したい」という方が多いようにお見受けいたします。
無理してまで札幌に来ないでください。おウチで空いた時間に部屋着で受けられるラクラク遠隔セッションをどうぞ。

わたしに会いに来なくて良いのです
これからいよいよ本格的な冬がやってまいります。なので、注意喚起もふくめて、今一度書かせていただきます。わざわざ私に会いにくる必要はありませんよと。何度か書かせていただいているのですが、やっぱり遠方よりわざわざいらっしゃる方が最近また...

タイトルとURLをコピーしました