人生をハッピーなドラマにしよう♪

family
私は小さなころ、メロドラマが理解できませんでした。
「何でこの人たち、こんなややこしいことになって、馬鹿馬鹿しいことで悩んでいるの?」と。
大人に聞いても「子どもにはわからない」の一言で片付けられました。

そして、大人になった今、やっぱり同じことを思っています。
「メロドラマって、アホらしいよね」と。

だって、心に葛藤を抱えて頭で考えすぎて、人生ややこしくなりまくりなんだもん。
嫌なことは「嫌だ」って一言いやぁスッキリするのに、いつまで経ってもウダウダウダウダ。
「あの人のためを思ったら、そんなことできない!」とか、言い訳がましいセリフばっか。

フィクションだとハッピーエンドだけど、現実であんな思考してたら不幸体質まっしぐらだよ!

スピリチュアルな法則では「自分の思念が現実を作る」といいます。
自分の思考が現実になるのです。
【参考記事】心から願えば、なんでも叶う!

だから「人生はメロドラマのようなものだ」と思っている人は、メロドラマのようなドロドロの人生を送ります。
「人生はハッピーでいいのだ!」と心から思っている人は、当然ハッピーな人生になります。普通になります。

「思ってるのにならない」という人は、心から思ってないんです。
心から思ってるつもりなのかもしれませんが、口先で言ってるだけなんですよ。
あなたは「自己欺瞞」に陥ってしまっています。なにより今の現実こそが、その証明です。

そういう方は、もっとありのままの自分に素直になってください。
自分のエゴやダメなところを直視して、「ダメな自分でもいいよ」と受け入れてください。
逆説的ですが、ダメな自分を受け入れ愛することで、ありのままの自分になれるのです。

道徳の教科書に書いてあるようなことを並べる「優等生な良い子ちゃん」は卒業しましょう。
キレイゴトはあなたを救いません。【参考記事】あなたが“生きにくさ”を感じるわけ
アク(個性)のある人間になってください。

「人生はハッピーでいいだなんて思えない」場合は、大体親の思考が根っこに植わさっています。
「人生とは苦難の連続で、逆境に耐えねばならないのだ!」と。
だって、昔の人ってこういう思考だったでしょ。くだらないねー。マゾ?

そういう思考パターンを手放すには、インナーチャイルドワークをやってください。

2013年04月22日 | Posted in 人生:スピリチュアルブログ | タグ: , , , , Comments Closed 

関連記事