ヘタリアの萌えキャラで見る癒しのプロセス

私がアニメや漫画にはまるときは、必ず深い意味があり、気づきがあり、メッセージがあります。
自分の内部の状態を見ていくのに、そのときにはまっているアニメや漫画、ゲームなどを分析するのは非常に意義深いことです。
わかりやすい例として、私の実際に感じたこと、気づきを述べてみます。

萌えキャラが変わるのは、内面の変容のしるし

hetalia

Webマンガヘタリアとの出会いは、2006年でした。もう6年以上のお付き合いです。

当時から私はルーフェリで、ドイツ大好き。
「イタリアになってドイツに叱られたい!!」
それが私の萌えポイントでした。

これだけ聞くと「どんだけドMなのよ」という話ですが、誰にでも叱られたいというわけではなかったのです。
他のキャラじゃダメなんです。
ドイツだからよかったのです。

そして、イタリアはドイツから叱られても、まったく言うことは聞きません。
反省したふりをみせても、結局は自分のペースを全く崩しません。
そう、ドイツのお小言はのれんに腕押しなのです。意味がない。

そここそが、私のハートをガッツリつかんだ要素でした。
「昔風のガミガミうるさい男にお小言を言われるけど全く言うことを聞かない、けどそれでも関係が崩れずそのままフリーダムでいられる」
これこそが、私のインナーチャイルド(内なる子供)が最も求めていた欲求だったのです。

ドイツのような男性は、父の投影でした。
父も、生真面目で几帳面でガミガミうるさい人でしたから。
そして私は、そういう人にガミガミ言われても意に介さず、自分を譲らずに生きていたかった。まるで、ヘタリアの中のイタリアのように。

この欲求を満たそうと、私は二次元だけではなく、三次元(現実)でも試みを繰り返していました。
ですが、三次元での試みは無残な結果に終わることしかありませんでした。

私はたびたび、古風で生真面目で頑固で口うるさい男性に惹かれて、付き合いました。
ですが、その関係は悲惨なものばかり。
特にひどいものでは、体を壊しました。ある相手と交際が1年経過すると、咳喘息になって、朝夕ステロイドの気管支拡張剤を使わないと咳が止まらなくなってしまいました。気持ち悪くなって、吐いて吐いて止まらなくなってしまうときもありました。

でも、それが交際相手が原因だなんて夢にも思わなかったんです。「仕事のストレスかな、忙しいからなぁ~」とのんきに思っていました。
でも、彼と別れてみると、その症状はスッキリ全快しました。
別れてはじめて、私は交際相手に多大なストレスを感じていたことを知ったのです。

これは、父との生活が私にとっていかにストレスフルであったか、ありのままの自分ではいられなかったのかも暗示しています。

スピリチュアルに言うなら、喉のチャクラのエネルギーが滞りすぎていたってことですね。
彼の前では、言いたいことを素直に表現できなくなっていたのです。彼は「女がそういうことを言って(して)はならない」と普通に口に出すような人でしたから。
だから、喉にたまったエネルギーを咳という形で無理に出そうとしていた。咳喘息になるまでたまっちゃってたんです。

インナーチャイルドを癒していくと、父から愛されなかった寂しさ、父に支配されなくては生きていけなかった怒りが出てきました。
それを癒していくと、私のドイツへの感情、要するに古風な男性(父や祖父の投影)への思慕は綺麗に無くなっていきました。
「そもそも上手くいかない相手」への無駄な思慕を抱く不毛な行為に、終止符を打つことができたのです。

アリス・ミラーは著作「魂の殺人」で次のように述べています。

私たちはよくこんなことを考えます。
一体どうしてこの女の人がこんな男の人と結婚して一緒にやっていけるのだろうかとか、あるいは逆にこの男の人がこんな女の人とやっていけるのはなぜだろうと。

もしかするとその婦人は自分の結婚生活を続けるために途方もない苦しみに耐えているのかもしれません、自分の生命力、活力を犠牲にしてはじめて結婚を続けられているのかもしれません。
ところがその婦人自身は、夫が自分を捨てるようなことがあったら、恐ろしくて死んでしまうだろうと考えているのです。現実には、もしその婦人が夫と別れることができれば、人生にとって何よりの好機であるはずなのに。

しかしこの人はどうしてもそれがわかりません。
現在の夫と暮らし、かつて幼いころに味わい無意識の奥深く押し込めてしまった父親ゆえの苦悩を繰り返し続けているかぎり、それはわからないのです。

夫が自分を捨てると考えているとき彼女は現在の状況を思い浮かべているのではなく、幼い子供のころに感じた置き去りにされるかもしれないという恐怖と、そして本当の意味で彼女が自分の父親に頼りきっていたその時代に戻ってしまっているのです。

  ――― A・ミラー魂の殺人 P91~92より

今では、萌えるのはモイモイになりました。
また、新たなプロセスにいるということでしょう。
(2014.08 追記)今度はアメリカがやばいです。おもしろい。

「萌えキャラが変わる」ということは、自分の内面の変化を示します。
やはり、萌えは自分の癒しポイントを教えてくれるのです。

二次元にしておけば、癒しはスムーズだよ!

love_and_joy
この例では、私は癒されぬ自分の幼少期の傷を、はじめは三次元の男性で一生懸命埋めようとしました。
しかし、書いたように悲惨な結果になりました。
自分の体を痛めつけすらしました。

三次元のリアルでは、あんまり激しい出来事があると生きるのがしんどくなります。
だから、そういう場合は二次元でその衝動を発散させたり、萌えキャラ(カプ)でどこに自分の傷があるのか探ったり、萌えパターンで自分の内面を探ると、より楽に生きていけます。
(これはオタクの特権よねー!あーオタで良かった!)

例えば、「付き合う前はすっごい燃えるのに、付き合うとすぐ飽きちゃう」という人は、その激しい恋愛への衝動を、二次元で発散させるように持っていってはいかがでしょう。
三次元の男に萌えていた衝動を、二次元に持っていくのです。

二次元なら好きな相手を飽きた時点でポイ捨てしたって、誰も傷つかないし迷惑しません。
DVDをブックオフに持っていけば終了です。
別れた男から嫌がらせのメールが来たり、ストーカーされて迷惑することもありません。

あー二次元っていいね。最高!

リアルでやったら大惨事のことすら、二次元でやれば非常に平和に済みます。
二次元で激しい衝動を発散させておけば、三次元では割と穏やかになれます。
そう、リアルの彼氏も穏やかな優しいタイプで満足できるようになるのです。

もちろん、「なぜそうやって愛情が長続きしないのか」ということに関して、自分の内面を探っていったほうがいいだろうし、もし何らかのトラウマが原因ならそれを癒してあげたほうがいいと思います。
でも、それをリアルの男性相手で探っていくと傷つく人が多数でてしまうし、自分を知る要素のサンプルを集めるだけでも血まみれになりかねません。
なにより、人を傷つけたら巡り巡って自分も傷つけられます。そんなの不毛で嫌ですよね。

ここをご覧になっているあなたは二次元を賢く使って、リアルな生活を充実させていってください。
二次元キャラに萌えるという行為は、あなたの魂が何を求めているのかを示す、秘密の地図でもあるのです。

2013年03月24日 | Posted in オタク ヒーリング | タグ: , , , , Comments Closed 

関連記事