完璧主義を手放して、弱い自分を認めよう

北海道 K様より頂いたメールをご紹介いたします。一部個人情報にかかわることは伏せております。


Nozomiさん、お元気ですか?

リンデンバウムヒーリングありがとうございました。
すごいパワフルだったので、自分の生き方を根底から変えて癒していく機会になりました。
過去世の自分を癒した事で、完璧じゃない自分を受け入れる事ができ、それ以来自分に対しても他者に対しても確実に見方が変わりました。
その後いろんな事があり、とってもばたばたしていたのでお礼が遅くなりました。

実は翌日に突然夫が(恥ずかしい話ですが…)うっかりビザが切れていてオーバーステイになり、入国管理局と警察に逮捕されたのです!!
私と娘は実家にいたので、その人達が自宅に朝やってきた時、夫が連れて行かれた場面には居合わせなかったのですが、あのパワフルなセッションの翌日に晴天の霹靂のような出来事が起こり、私は彼を仮放免させる手続きに入国管理局と自宅を往復していました。

幸い、長い(偽装ではない)結婚生活と幼い子どもがいるという点を保護してもらい、強制退去にはならず、翌日釈放されて家に戻り、在宅で特別在留許可というビザが下りるのを待っている状態です。

おそらく2カ月くらいで下りるのでは?と予想しているのですが、それまで彼は働くことができないのです。
セッションでは夫の今後の仕事について、私がどう関わっていくかという話もしましたが、あっという間に彼はある意味失敗経験をしました。
そして次の新しい仕事へ向けて準備を始めなければならない状況に入りました。

それから一週間後、前から予定していた通り夫の両親が来日し、今一緒に自宅に滞在しています。彼がずっと家にいるので、ある意味両親とずっと一緒にいれるし、子どもも夫といっぱい一緒に過ごす事でママべったりから変わることができました。

夫と夫の両親と一緒にいて、自分の家族(血は繋がっていないけれど)という実感がすごく増しました。
娘は人見知りでどうなることかと思ったら、アメリカの祖父母と結構触れ合っています。

これからどうなっていくのかまだ見えない事もいっぱいですが、今回の事はなんかいい変化だと思っています。
一番大きい変化は、夫が逮捕された事がきっかけとなって夫のだらしないというか、弱い面を客観的に認める事ができたんです。
「この人ってこういう面は本当に能力的にできないんだ」
今までは「なんてばかなんだろう!」ってイライラばっかりしていたんですが、もともとわかっていたんだけど認めたくなくてイライラしていたことが何か私の中のくもり?が晴れて、もともとの彼の魅力というかありのままを見る事ができたような感じなんです。

出会った時から彼はいつも予想もしないような言動をしていて、そういうところが私の中では新鮮で惹かれたんだ~と思いだしました。
だから今に始まった事ではない、彼の意外性を昔のように今は笑って楽しめるような(えっ、そうくるか~!って感じ。わかりずらくてすみません)気がしてきました。

現実社会と関わっていく為には私達夫婦はいろいろと苦労もあるかもしれないけれど、なんだか自由で人生を楽しんでるなって思えました。

母に対してイライラしてしまうのも、実は弱い自分を認めたくなかったからで、母が私に何か言う度にイラっとしていたのは、「私は弱くないから!あなたに何にも言われたくないの!」という母に対する感情というより、自分に対する完璧主義の裏返しだったのかもって気づいたりしました。

母や夫に対して、これからもイライラすると思うけど、Nozomiさんに言われたようにある程度のイライラも受け入れる事が完璧主義を手放すことっていう事がすごい腑に落ちたので、これからもいろんな気づきのきっかけとして向き合っていきたいと思います。

完璧主義を手放して、弱い自分を認める。
セッションですごく強烈に自分の中に刻み込まれました。
これからもっともっと自分が変わっていく気がしていますし、
それは自分自身でやっていかなければならない、という事を常に思い出しています。

セッションをきっかけにして、自分自身で自分を癒していくという事を忘れずに、自分の中の神なる面との繋がりを大事にしてこれからも生きて行こうと思います。

お借りしたジョーヴィターリ氏の本(奇跡を起こす目覚めのレッスン)、とてもよかったです。彼のホ・ポノポノの本を持っていて、この人好きだな~って思っていました。
読み終わったので、近々返却します。
(注:対面セッションで、ガイドなどからお勧めの本があれば、無料で貸し出しするサービスがございます)

またNozomiさんやステキな女性達と会いたいです。(注:K様は、リピーター限定のランチ会やワークショップに参加したことがあります)
私これからもっともっと自由になって人生を謳歌したいと思います。

またご連絡します。
近況のご報告とお礼まで

2012年09月22日 | Posted in お客様の声(体験談) | タグ: , , , Comments Closed 

関連記事