手仕事の幸せ~日常って、宝物

シンクロが運んできた習い事

小千谷縮を仕立て中

2月から、本格的に和裁を習っています。

今まで自分でも独学で10枚ほど着物を縫ってきました。

この本を参考に♪

ある日、共八掛の色無地の反物を手に入れて「これを袷(裏地のついた着物)に縫いたい」と思ったんです。
でも、袷は独学じゃちょっと難しい。

どうしようかな~と思っていた頃、「キモノで日本酒の会」があったんです。
そこで出会った女医さんと意気投合し、その方行きつけの着物屋さんへ連れてってもらったところ「和裁教室をはじめる」という話が!

渡りに船で、「アラフォーの手習い」を始めることにしました。

基礎の運針から始まって、今はゆかたを縫っています。
ひと針ひと針縫うごとに、心がゆったり、落ち着いてくるのがわかります。

お針は、セラピーです。
お針をした後は、とっても心が満たされて、人に優しくなれるのがわかります。

縫い物をすると、女性としてふかーくグラウンディングされるのです。
針仕事には、「女性としての自分をいつくしむことの大切さ」を気づかせてくれる何かがあります。

すべての家事は、セラピーである

「う~ん、でも、私不器用だから手芸は苦手」
という方なら、他の家事はいかがでしょう。

どんな方でも、ひとつくらいは好きな家事があるでしょう。
一つ一つのこまごまとした家事をいとおしむのは、本当に幸せな時間です。

料理を作るのは、錬金術です。
だって、野菜や穀物を、形を変えて美味しくしてしまうんだもの。
それって、魔法でしょう?

料理がうまくできたら「こんな美味しい料理が作れる私って、なんて素敵な人間なんだろう」って自分をほめてくださいね。
当たり前のことなんかじゃない。すごいこと。

自分でそう認めることが、何より大事。
人がどう言うか、どう思ってるかなんて、関係ないんです。
一番大切なのは、家事をしているときに「ああ、私ってすごいな。幸せだな」って思えることなんだから。

オウチ外仕事だって楽しい♪

「でも、やっぱり家事は全部ダメ!」
という方は、庭仕事や日曜大工はいかが?

私もこの間、リンデンバウムサロンの壁を自分で塗り替えました。

壁塗り

漆喰です♪
出来上がりは「カフェのよう!」ってお客様からも好評^^*
DIY

素人でも結構できちゃうモンですよ~~♪
それもそのはず、漆喰を壁に塗るのって、ヨーロッパではもっぱら主婦の仕事らしいです。
キレイにぬれなくったって、それが逆に味になるし!

なんてことない日常でも楽しいことは、いくらでも転がっています。
ちょっと探せば、いくらでもあるのです。

幸せへの一番の近道


ここで最後に一番大切なことを。

何をやっていても楽しめない人がいます。
何をやっても夢中になれない人がいます。

そういう人は、一度自分の胸に手を置いて聞いてみてください。

「これは、誰のためにやってるの?」

この答えが「自分のため」と返ってきたら、それはあなたの真の喜びにつながる行為になります。
逆に、
「夫のため」
「子供のため」
「誰かのため」
こう答えが返ってきたなら、やめましょう。(どうしてもやらなきゃならないことなら、必要な分だけやりましょう)

人のためにやっていても、続きません。
人間は、自分のためにならなきゃ、できないのです。

もちろん、それが「自分のためになるけど自動的に人のためにもなる」ということなら結構です。(たとえば「自分含む家族の晩御飯を作る」なんてことですね)
でも、「自分0%」のことって、必ず破綻します。

何をやるにしても「人に認められるためにやっちゃダメ」なんです。
人からほめられるために何かやったって、心からは満たされない。
そういうことは、どんなことでも最後は行き詰ります。失敗します。

自分がやってて楽しい!
人から認められなくったって楽しい!
ただひたすらやることが楽しい!

これでこそ、魂からの喜びを得られます。
それが、たとえなんてことのない茶碗洗いだって。

ゴハン作ってて幸せになれたら、もうそれは最強です。
だってそうでしょ、毎日幸せになれるでしょ。

幸せへの一番の近道は、今の生活を愛すること。
できるだけ、小さなことに愛を向けて、味わうこと。

幸せ上手は、愛し上手。
自分の生活、愛してくださいね。


ほっこり穏やか生きたい、「いつかカワイイおばあちゃんになりたい」と思っている方はターシャ・テューダーの本を手にとってみては?

2012年06月16日 | Posted in 人生:スピリチュアルブログ | タグ: , , , , , Comments Closed 

関連記事