「自分が悪い」視点にバイバイ

アメリカ メリーランド州 M様より頂いたメールをご紹介いたします。 一部個人情報など具体的な事柄は伏せております。

のぞみさま

さきほどはありがとうございました。

両親、姉が酷い酷いと、
小さいころ、ずっと思ってました
この3人、私が見てないところでは
化け物なんじゃないかとか
小さな頃、思ってました

セッション
「それは、酷いよ、両親、姉、マヂで酷いよ」
と言ってくださっただけでも
救われた気がします。
「学費を払い続けてくれた両親に感謝しなくちゃ」とか
「みんな同じだけ辛い思いしてるよ、あなたが特別じゃない」
とかいうのが普通、一般常識ですからね、、、
私は、それだけ、普通を超えてたってことですね、、

セッション後
姉がどれだけ小さいころ私に酷いことしたか
外で姉にあってもいつも無視されて。。
その姉を無条件で正しい、私が悪いとジャッジした親

親に、それはおかしいと訴えたりしても
必ず私が悪いことにされた。。
しかも、姉の死後、姉ばっかり優遇していたと、
親に言ったら
「いますぐに死ぬかもしれない子供のほうが
大切にきまってるだろ」と言われました。
そんないろいろな思い出が出てきました。。

この価値観、全部、おかしいですよね。
おかしいというより、私への愛はない。
おかしいって、はっきりセッションの時にのぞみさんに言われて
はじめて、「おかしかったんだ」って気づけました。

セッションで自分の課題を今回はかなり明確に
提示していただきました。

浄化ワークとか、
自分の心にアプローチして自分を癒す方法ばかり
探ってきたけれど、、
「喧嘩上等」も癒しの手段だったんですね、、

これが、私の過去との決別と思って
盛大なセレモニーをリアルで決行したいと思います。
周りも外人ばかりなので、
私がまさかヤクザヤンキー口調だとは
気がつかないとおもいますし
これが一度や二度で済むと思ってんじゃねーよゴルァ って
最後に念を押しておきたいと思いまーす。

こういうことをやると
自分に返ってくる、、と思ってずっと、
我慢していました、けど、

これらを私が全部決行したとしても
十分お釣りが残るくらいに
エネルギー的に偏ってたのね♪

私、悪くない、ホント悪くない。
冷静に考えれば考えるほど、悪くなかった。
もう、自分が悪い視点で
モノを考えるの止めていかなくちゃ。
自分を守るために。

前回のセッションからほとんど日数が
経ってなかったのに
またお世話になってしまって。。と
思いましたが、
今回のは、本当に私に必要なセッションでした。
早急に対応してくださった上の方、のぞみさん
ありがとうございました。

The photos: Copyright(C)2010 paylessimages,Inc.All Right Reserved.

関連記事