憎しみや恨みを解放する方法

自己啓発本に書いてあることが正しいとは限らない

過去に深刻な傷を受けた人は、心の奥底に恨みや憎しみの気持ちがあります。
そして、自己啓発本やスピリチュアルな本には「怒りはいけません。恨みもいけません。いつも感謝しましょう!」なんて書いてあるものもあります。

確かに、平穏な人生を送ってきた人にとってはそれが正しいです。
でも、実はハードな人生を送ってきた人間にとっては、それが必ずしも正しいとは言えないのです。

そういう本は、あくまでも万人向け。
要するに最大公約数を満たすように「誰にでも割と当てはまること」を書いてあるのであって、あなたのためだけにアレンジされて書かれているわけではありません。

だから、どうしても自分とズレるところがあったり、下手すると逆効果になってしまうことすらあります。
本というものは、できるだけ多くの人に伝えることが使命ですから、それはいたしかたないところ。
できるだけ多くの人にあてはまることを書くと、どうしても合わない人が出てくるのは必然です。

だからこそ、リンデンバウムのような個人セッションを行うような場があるのです。

スピリチュアルカウンセリングで「あなた周りに感謝しすぎ。もっと自分中心にならないと!」とメッセージが来る人だっているし、リンデンバウムヒーリングで「私がワガママなんじゃない!お母さんが悪いんだ!!」と泣き叫ぶ人だっています。

一般的なスピリチュアル本から見ると明らかに好ましくないことでしょうが、これがその人個人のプロセスとしては無くてはならないものなのだったりします。
かけがえのない、解放の、癒しのプロセスです。

みんな、一人ひとり魂の使命を持ってる。
だから、いつもみんなと同じことをしていてはどうしても違和感が出るのは当然ですよね。

恨みや憎しみを手放すプロセス

バラ
傷を癒すはじめのプロセスは、「恨みや憎しみ、怒りを十分に解放すること」です。言い換えると、その感情を受け入れ、十分心で味わってあげることからはじめなきゃならない。

ファーストステップは「闇を受け入れること」。

人を、時には近しい人間を憎んで恨んで、怒りを抱える自分を許すこと。受け入れること。
「わかるよ、だって辛かったもんね。嫌だったもんね。苦しいよね、憎いよね!」
と、ものすごく醜く汚い自分を、赤裸々に洗い出して受け入れること。
社会ではとてもじゃないけど認められない感情を、自分だけは受け入れてあげること。(相手に感情をあるがまま振りかざすのではなく、自分の内側であるがまま受け入れるという意味です)

その時期は、愛や感謝の気持ちなんてブッ飛んでていい(笑)
無理ですもの。そんなキレイなこと言うの。

でも当然ですが、いつまでもそこにとどまっていてもいけない。
だって、憎しみも恨みも、味わってるときはホントしんどいです。イライラします。ずーっとそうやって人生送るのはちょっとキツイでしょう。

だから、憎しみや恨みを吐き出し切ったなと思ったら、それを手放す作業にシフトしなくてはなりません。
ずっと同じことをやっていればいいわけではないのです。夏には涼しくし、冬には暖かくしなくては。

その時になったら「感謝」復活です(笑)
思う存分、世の中のスピリチュアル本に書いてあるとおりに実践してください。
受容された闇の中から、驚くほどの光、愛があふれてきます!

「ああ、今までの人生、無駄じゃなかった…私、このために生きてたんだ……」という感覚に包まれて、号泣する方もいらっしゃいます。
ここまで辛い思いをしてきたぶん、報われるのは当然です!しかも、愛を持ってケアしてきたなら愛が返ってくるのも、また当たり前なのです。

闇は邪魔者ではない


ハードな人生を送ってきた人間は、闇が深くなります。

でも闇が深いって大チャンス!
だって、普通に自分の闇をバランスさせるだけで、光と統合される、要するにメッチャ強力な光が自動的に手に入っちゃうんですよ♪

深い闇には、実はものすごい光が潜んでいるのです。
だって、もともと光と闇は一つだから。
般若心経でいうところの「色即是空 空即是色」、禅で言うところの「日々是好日」。
善も悪も根本をたどれば同じものなのです。コインの表と裏に過ぎません。

激動な人生をくぐり抜けてきた人に限って、ものすごく光にあふれていると思いませんか?
だから、あなたも生きぬいての大平光代さんとか、私が言うまでもない美輪明弘さんや瀬戸内寂聴さんとか。
綾戸智恵さんの歌声が魂の奥底を震わすのだって、彼女がものすごく辛い思いをして色々なことを経験したからこそのギフトです。

蓮の花は、汚い泥の中からうまれて咲きます。
汚い泥が無いと、きれいな花が咲かないのです。
もし、今あなたが辛い人生を送っているとしたら、それは光を得るチャンスなのかもしれません。

寂聴あおぞら説法〈2〉
寂聴あおぞら説法〈2〉

posted with amazlet at 17.07.05
瀬戸内 寂聴
光文社
売り上げランキング: 313,175

関連記事