東日本大震災と福島原発事故 – スピリチュアルな見解

はじめに


これは上の人(私はガイド・守護霊のことをこう呼んでいます)との対話です。
かなり「普通の人間的価値観」から離れているところもありますし、それを受け付けない方もいらっしゃると思います。

ですから、一言お断りしておきます。
この記事は強制的に読むべきものではありません。もし読みたかったら、あなたの心が拒否しなければ読んでください。

そして、ここの内容を信じるも信じないも、あなたの選択次第です。あなたが自由に選んでよいのです。

ちなみに、ここに出てくる「私」とは普段のNozomiです。「セッション中の”つながっている”Nozomi」ではございません。「セッションのときと違う!」と思われた方は、そのような理由ですのでご了承下さい。

原発事故について

私「納得いかないんだよね」
上の人(ガイド)「何が?」

私「福島原発のことよ! ひどいことになってるじゃない!」
上「……ひどいって。別に当たり前のことが当たり前に起こっただけじゃない。
 原発を選択するなら、いつかは起こること。
 日本人が原発を選択した時点で、当たり前に覚悟すべきことでしょう」

私「確かに……。いくら”絶対安全”とか言っても、所詮は人間のやることだもんね……」
上「もし本当に『原子力が安全でクリーンなエネルギー』と思ってたとしたら、それは悪いけど頭がおめでたいとしか言いようがないね。

 原発事業がどれだけ金になるかわかってるでしょ?
 それでどれだけの権力が影で動くのか、プロパガンダが行えるのか、ちゃんと割り引いて冷静に判断しないと」
私「しかもスリーマイルの漁夫の利で、日本の原発メーカーはここ30年ウハウハだったもんね…」

上「大体ね、核戦争で人類が滅ぶより、『原子力の平和利用』で人類が大ダメージをこうむるほうがよっぽど現実的なシナリオでしょう。

 飛行機事故に遭遇する可能性はとても低いけど、自動車で交通事故に遭遇する可能性はそれなりにある。
 核の脅威を警戒すると言うなら、核兵器より原子力の平和利用での脅威を警戒するほうが現実的だね。

 でも、これで日本の原発事業は大きく後退すること必至だから、いい教訓になるでしょう。
 代償は大きいけれど、ここまでしないとわからないのが今の大量消費文化に踊った人間だもの」

私「うん、もっとシンプルに生きなきゃならないとは痛感した。
 原発での発電分3割くらいの電力を削減して、原発なしでも生きられるように生活を変えなきゃ」

こういうときこそ目覚める人は増える

上「実は今回の一連のことは、こっち(高次の存在)にとってはそうそう悪いことばかりじゃない」
私「どういう意味?」
上「こういうときこそ『目覚める人間』が増えるんだ。

 今までの物質的な価値観に支配されて、学歴だの出世だのお受験だの、どうでもいいことにばかりエネルギーを費やしてきた人生が、どこかで『おかしくないか?』『なんかこの生き方違う』って気付いてくれる人がめちゃくちゃ増えるんだよ。

 阪神の震災のときもそう。
 被災したことで『命は無限じゃない。今までの日常が明日も続くとは限らないし、明日生きてる保証さえ無いんだ!』という当たり前のことに気付いて、今までの怠惰な人生をやめて自分の使命に目覚めた人だっている。それで起業した人だっているんだ」

私「うーん、人間的価値観だけじゃはかれないってこと……。
 不幸だと言うのは、ただ単にその人自身が思い込んでるだけなのね」

上「その通り。人間はどんな状況にあってすら、人生を自らの選択で歩んでいける。

 今回被災した人だって、建設的に教訓を生かせるなら、ものすごく素晴らしく魂が成長できるし、自暴自棄になってなんでも投げやりになったら悲惨な人生を送ることになる。
 本当に、『気の持ちよう』。冷静さを失わないことが何より大切だ」

ちゃんと「生き切った」人たち

上「人間の誤った思い込みのもう一つを挙げておくよ。
 それは『亡くなった人が不幸』だと思い込んでること。
 これは明らかにこちら側の価値観では間違いだね」

私「えっ、どういうこと? 津波に飲み込まれて亡くなるのが幸せとでも言うの!?」

上「そういうことじゃないよ。
 そうじゃなくて、今回災害で亡くなった人は、ちゃんと寿命がきてこっちに戻ってきたってこと。
 ちゃんと、自分の生を全うして、肉体を離れてこちらの世界に戻ってきた人たちばかりなんだ。
 だからちゃんと浄化(成仏)されてるし、今はもう安らかだから心配ないんだよ」

私「それは、ちょっとほっとした……よかった、今も苦しんでるわけじゃないのね」

上「『亡くなったからかわいそう』じゃなくて『よく命を全うしましたね、お疲れ様』ってねぎらってあげてほしいくらいだね。
 実際こちら側には暖かく迎え入れられてるんだから、本当に心配はいらないよ。

 それより、『被災者の霊がとりついているので除霊します!』だの『成仏してないから3000万出して墓を買いなさい!』だの、そういう詐欺に引っかからないように心配したほうが現実的なんじゃないの」

私「ひっかかりません!」

2011年03月19日 | Posted in ガイド(守護霊)との対話 | タグ: , Comments Closed 

関連記事