楽な方に逃げる事で、自分を傷つけないで

東京都 S様より頂いたメールをご紹介いたします。 一部個人情報など具体的な事柄は伏せております。

先日はカウンセリングありがとうございました。
12月17日にお世話になりました、Sです。

何度かカウンセリング受けているのに直前まで緊張していました。
ところがいざnozomiさんと繋がってみると、何十年来の友達を前にしてるような不思議な感覚になりました。

ガイドさんからの第一声は「劣等感が強い」でした。

思い返してみると、何か特技を身につけなくちゃ、趣味を持たなくちゃつまらない人になるだとか、他人から感謝される事をすれば他人に必要とされている、とか思ってました。

いつも職場でも事なかれ主義で、嫌とも言えずそんな態度がクセになっていました。自分がそうしとけば楽だったんです。それが職場の人たちにとってすれば当たり前というか、都合が良いというか面倒くさくない人間の見本みたいだったからです。

でもガイドさんに言われた、
「楽なことと自分の本当の望みや幸せは同じじゃない。楽な方に逃げる事で、自分を傷つけている。」
ものすごいグサってきました。良い意味で。言葉では上手く表現できませんけども。

それから
「他人の言葉を真っ直ぐに受け止めすぎる。他人の言葉の裏を読みなさい。他人の汚いところも見なさい。それが自分の汚い部分を見る、認めて受け入れられる事にも繋がるから」
私は他人のマイナスな感情が怖かったんです。押しつぶされそうで。だから見ないように、受けないようにってしていました。でもそれは自分の汚い感情から目を背けているだけだと教えていただきました。もっとその汚い感情の奥、裏側を見るようにしなさいと。

これからは会社は他人のマイナスなところ、汚いところを勉強して、きちんとみて、どうしてこんな態度、言葉なんだろう、と考える場所だと思ってがんばります。


セッションの後もパワハラ、セクハラ被害に声を上げようっていうツイッターなどがあったりする(#metoo)のを見かけて、きっと今は女は戦う流れなのかなって勝手に思ってます。

上手くまとまりませんが、なんだか少しだけ自分の中に形が出来たような気がします、多分。

今回は本当にありがとうございました。

2017年12月19日 | Posted in お客様の声(体験談) | タグ: , , , Comments Closed 

関連記事