ご先祖様の祟りの正体は遺伝子である

酔うと化け物になる父がつらいという、すごいマンガがあります。
酔うと化け物になる父がつらい(書籍扱いコミックス)

どうすごいのかは、実際に読んでいただければわかります。サラッと内容を俯瞰したい方には、こちらの記事→それは「酒の上での失敗」ではなく「暴力」 アルコール依存の家族がいるということがオススメです。

作者の菊池さんには、このマンガを描くきっかけになった出来事がありました。

この一連のマンガを読んで「すごいわかる」と首をブンブンふりました。
鈴木君(仮名)は、私の周りにいるある人に激似だったからです。
その人は×会いたい ○ヤリたいでメールをさらした佐藤君(仮名)です。

普段の彼はむしろ内向的と言ってもいい人間で、加えて真面目で超努力家です。一度就職してからお金貯めて大学入りなおして医者になった叩き上げです。

でも。
酒が入ると人格が崩壊します。

「ナースなんか皆クズ。あいつら頭おかしい」「ゴムつけたがる女って生物として頭狂ってるんじゃねーの。大体さーゴムつけなくったって妊娠なんかしないのに自意識過剰なんだって」みたいなこと普通に言ってセックスがしたいと絡みだします。だから私は、彼とは酒のある席では絶対遭遇しないようにしています。飲まなければ普通なので。むしろ真面目な人なので。

でも、飲んじゃったらもうダメなんです。

↑このやり取りで、途中から私はもう見切りをつけて艦これプレイつぶやきに徹しています。何言っても無駄だな、と思ったので。

第一Gmail文字化けで読めないとか、デバイス変えるとかエンコードいじるとかいくらでも簡単な修正方法あんのにそれすらできないのかよお前ホント理系かよ情弱乙wwwって話なんですよ。「文字化けで読めない」なんてJKが言うならカワイイがオッサンが言ってもちっともカワイくないわい。
文字化けでメール読めないwww文字化けでメール読めないwwwプークスクスプークスクス(煽り)はぁずぅかぁしぃしいいぃぃ~~。Windows95の時代かな?コードは懐かしのEUCかな?UTF-8なんてわかんないんだよねーUnicodeなんてわぁかんなぁいんだよねぇ~~プークスクスプークスクスプークスクス(超煽り)

ちなみに、彼は次の日「誤解してるみたいだけど、俺、アル中じゃないから!そこまで人生捨ててないし!」とレスよこしてきました。全く鈴木君(仮名)と同じですね。自分が依存症だとは思っていない(思いたくない)のです。

こういう人には関わらないに限る。酒癖が悪い人間はどんなに普段いい人でも深く関わってはイカン。つか、私は心が狭いので酒癖悪い人にはどっかでブチ切れてしまうので、結局疎遠になる。
心が狭いのは時にいいことだ。人生を救ってくれる。

でも、相手が家族だと、そう簡単にはいかない。
その難しさを酔うと化け物になる父がつらいは伝えています。

遺伝子の力は大きい

このマンガには、遺伝子を残したくない、すなわち子供を産みたくないという描写が出てきます。


【画像】「#3 マトモじゃないのはどっち」より
わかる。
「ママになれば幸せだよねぇ~☆早く子供作りなよ!」なんて言われたら、すご~く息苦しくて辛いですよね。
正直、子どものいる人とは本当の友達にはなれないな~って思います。心が分かち合えないし、無理。子供がいるって聞いた時点で、違う世界に住む人です。


【画像】「#3 マトモじゃないのはどっち」より

分かりみ強すぎて首が折れそうです。
私を竹刀で殴る時の父も、ものすごく毎回楽しそうでした。「ビシーッとやってもらいたいんだろうお前は!ビシーッとビシーッと!」「ビシーッと」にあわせて竹刀を振り下ろす父の表情はイキイキと輝き、喜びにあふれていました。
彼にとって幼い娘を殴るのは、とてつもない快感だったのでしょうね。

遺伝子というのは、肉体に組み込まれた非常に強烈なコードです。
その器に閉じ込められて、強制的に操作しなければならない。男は性欲に振り回され、女は美醜に振り回され。ああ、この世界に生を享くるとはなんと過酷なことか。

遺伝子を複製する(子を成す)かどうか以前に、自分でこの肉体に組み込まれた遺伝子をハンドリングするだけで大変です。本当に、大変です。

40を過ぎた今、私は遺伝子の力の大きさに圧倒されます。
私は生まれた当初は父方似、特に祖父に似ていると言われてきました。
ですが、歳を取れば取るほど、昔は父方の顔だったはずなのに、母に似てくるのです。
Nozomi
↑この写真も、すごい、母親に似てきていて、怖いです。怖い。特に頬骨。すごいそっくり。骨格って怖い……。

あと、今の私の内部には父と祖父がいます。
正確にいうと、父と祖父の遺伝子が流れているのを、まざまざと感じます。
あの人たちがなぜあんな風だったのかが、ものすごく理解できるのです。要するに、肉体からこういうエネルギーが勝手にボンボンわきでてきていて、あの人たちはあんな風だったのだろうと。

ほんとうに、しんどい。むり。
私は、この遺伝子の力を抑えることに、毎日相当エネルギーを使っています。端的に言うなら、これは肉体に組み込まれた呪いです。絶対に伝えてはならない。いくら優秀なところがあって社会にとって有益であっても、これは辛すぎる。むり。この遺伝子むり。

オカルトで言うところの「ご先祖様の祟り」って、実はこういうことなんじゃね?と思います。遺伝子です。遺伝子で肉体に組み込まれたアレな性質が、脈々と受け継がれてしまう。それは祟りであって呪いに見える。ご先祖様が墓参りしてないからって怒って祟られるのではなく、ナチュラルボーンインプリンティングなわけです。

遺伝子って、罪深いわぁ。

酔うと化け物になる父がつらい(書籍扱いコミックス)
菊池 真理子
秋田書店
売り上げランキング: 1,260
2017年05月29日 | Posted in オタク ヒーリング, 人生:スピリチュアルブログ | タグ: , , , Comments Closed 

関連記事