幸せシェアは、ひかえめに。


いいことがあったら一緒に喜んでくれる。
そんな相手がいたら、うれしいですよね。
でもね、人の幸せを喜ぶのって、余裕がある人にしかできないことなんですよ。

何が言いたいかっていうと、今のご時世に余裕のない人はメッチャ多いので
幸せアピールウザイんだよ自慢すんなヴォケ!
と不快に感じる人もいるということです。

卓球の福原愛ちゃんも「結婚幸せアピ」してしまったがために、あんなに高かった好感度が下がってしまいました……。
【参考】福原愛の披露宴2回は痛い!“新婚ハイ”で痛くなる女子の特徴
【参考】卓球・福原愛、密着番組7.5%の大爆死!! 結婚で「幸せの押し売り」「ウザい」とアンチ爆増

私が最近「ハッピーでもあんま表に出さないほうがいい!!」と「秘すれば花!」キャンペーンを張っているのも、そういう理由です。
【参考】シェアしない人は、上手くいく!
【参考】「仲間」とか「絆」とか語る人はヤバイ

こういうことをいうと「でもっ、私の友達はわかってくれるし!周りの人は私の幸せを笑顔で喜んでくれます!!」とおっしゃる方が出てきます。
うん。あなたの周りはいい人ね。ステキな人ね。
でも、あなたの周りにいる人みたいな人だけで全世界は構成されていないんですよ。「周りにいる人の価値観=常識(普通)」っていうのは、今の世ではすんごい危険な考え方です。価値観や生活様式は多岐にわたります。

だから、プライベートを軽々しくネット(SNS)で全世界発信してはいけないのです。仲間・会社内での常識が、世間一般で通るとは限らないのです。

あなたの幸せを喜べないのは当たり前


家族や親友といった近しい人が、自分の幸せを喜んでくれないことで傷つく人がいます。一緒に喜んでくれたっていいのに、と主張します。「自分だったら、相手の出世や上手くいったことは手放しで自分の幸運かのように喜べるもの!」と、おっしゃいます。

余裕、あるんっすねー。
だから人の気持ちがわからないんですね。
もっとズルく生きなさいよー。を一度お読みいただきたいものです。

余裕のない人は、上手くいっている人を目の前にすると劣等感で打ちひしがれます。相手は何一つ悪いことなどしていない(いい人)からこそ、一緒にいるのが余計に苦痛になります。キラキラしている人なんて、存在を感じるだけで辛いんです。

例えば、妻の出世をdisる夫が典型例です。
「30代での抜擢なんて、はじめてなんですって!努力が認めてもらえたんだよ!うれしい!」
「お前、いい気になってるなよ。そんな風に浮かれてるとあっという間に足引っ張られるからな」
「なんでそんな言い方するの?!」
「ハァ……(ため息)。管理職なんてな、甘いもんじゃないんだ。お前はわかってない」
「……(せっかくの嬉しい気持ちがしぼんじゃった、ひどいよ)」

この夫が、本気で言葉通りのことを思ってるかって言ったら、まず思ってません。もし発言内容が事実だとしても、別にそんなの3カ月後にはわかってることなんだから、いちいち口に出さないでもいいわけです。面倒くさいから「良かったね(笑ってられるのも今のうちだけだぞザマァ)」って、口先だけでも言っといた方が本来は楽ですよね。

出世する有能な妻が脅威なんです。とにかく脅威になる芽を摘みたいだけです。余裕がないから有能な女が怖いのです。
言い換えるならば「相手が前に進むことで置いていかれるのが淋しい」のです。成長する妻が新しい世界を知り色々な刺激をうけて、相対的に自分への尊敬(愛情)が薄れてしまったらどうしようと思うと、怖いのです。だから一生懸命に相手を否定する。

これ別に、夫婦間だけじゃなくて親子や友達間でも起こりうることですよ。
精神的に自立しはじめた子供をやたらと「ダメよ!危ないわ!」と常識で縛ろうとする親なんか典型的です。子どもが自分の手を離れるのが寂しいのです。子育てにすっかり依存しちゃってるので、生きがいを奪われるわけにはいかないのです。子どもの自我を否定することによって、なんとか成長させずに自分のテリトリーにおいておきたいのです。

「なんですって!小さい人ね!!」と気分を害することなかれ。言ったでしょう、余裕のある人間自体が今のご時世少ないんです。皆きついんです。辛いんです。人の幸せを素直に受けとれないほうがデフォルトだと思ったほうがいいくらい。


いいですか。子どもの写真入りの年賀状が「嫌味だ」「自慢か」「子どものいない人に対して配慮がない!」と迷惑がられる昨今ですよ。
私自身も家族写真年賀状を送ってくる業者さんとは、積極的にお取引きを切ります。今時、家族写真を年賀状にしている時点で「時代の空気が読めていない」証拠。そんな人と関わっては、自分まで足を引っぱられて流れに乗れなくなるからです。
【参考】【暮らしの注意報】今年もこの時期に…年々過熱する「子供の写真付き年賀状」論争 干支の着ぐるみ写真に「子供はペット?」

「大切な人の幸せは私の幸せ!」が当たり前のこととして通用したのも、多くの人の心に余裕があったからこそ。
ここ5年くらいで、その考え方は見事に通用しにくくなってきています。

もう、不妊治療のカミングアウトが「結婚してるアテクシ自慢」と受けとられる世の中なのです。

本書の中で岸は、「不妊治療」の経験を授業で学生に明かし、傷ついたエピソードを話す。辛い経験を打ち明けたのに、授業後のアンケートには「嫁自慢乙」と書かれていたという。“子供がいない”ことではなく、“夫婦仲がいい”という側面だけを捉えられ、自慢だと思われたのだ。

ラッキーなやつが、憎い!!


あるガチャゲーのクラスタの話です。
そのゲームのガチャは渋くて、みんなレアが出なくて出なくて難民がデフォルトでした。ある女性もほとんどSSRなしでした。

その女性プレイヤーのコミュニティ内での評価は非常に高く「謙虚」「いい人」「優しい人」。癖のある人も多いゲームクラスタで、不思議なくらい悪口を叩かれない人でした。彼女のニコ生実況は「ほっこりするー」と癒し系なことで好評でした。

そんな彼女が、ある日実況でガチャを回したらSSR祭になったんです!
はじめの反応は「おめー!」「よかったねー!」「やっぱ日頃の行いがいい人はいいことあるんだよ!」とポジティブなものでした。

でも、日が経つにつれ――
「レア出たからっていい気になってるんでしょ」
「いいですよねーSSR出る人はねー」
と、どんどんコメがすさんでいったんです…。SSRのキャラは当然強いのでデッキにたくさん組み入れてたら「煽り編成かよ」と叩かれる始末。

この手のひら返しをリアルタイムで見ていて、闇の深さに震えました。
「Oちゃんの実況あるから明日も仕事頑張れる!」とか「Oちゃんって本当に人として素敵だよね」とか言ってたじゃんかよ、おまえら……。
今のご時世、交流しないでマイペースやるのがゲームを楽しむコツなのかも……。ソロゲー最高。

幸せは一人でかみしめよう!


残念なことですが、今の世にポジティブハッピーアピールはお勧めできません。SNSで全世界発信するのは、すみやかにやめてください。心が病みかねません。
【参考】「SNSでリア充自慢する奴ほど不幸になり、うつ病になりやすい」無慈悲な調査結果 | ハーバービジネスオンライン
【参考】「若者の心の健康に最悪」なSNSはインスタグラム=英調査 – BBCニュース
幸せを分かち合いたい場合、相手を厳選して、フェイストゥフェイスのリアルのみで分かち合ってください。

そして、相手の反応が良くなかったら「もしかしたら余裕がないのかな?悪いことしちゃったな」と考えること。けして「人の幸せを喜べないあなたはひどい!」だなんて不満を持たないこと。

だってそれ、要求レベル高すぎですから。
だって無理だよー。みんな辛いんだよー;ω;
生きてるだけで精いっぱいなんだから喜べなくても許してよー。

もっともいい方法は、人と分かち合わず自分の胸だけでじんわりと味わうこと。幸せはあなたの心から逃げてはいきません。口にはせずに、自分だけで思う存分味わえばよいのです。
今の世は、「秘すれば花」。幸せシェアは、ひかえめに。

関連記事