ステキな人に出会うコツ

私は今、夢中になっているブログがあります。
それは「トリブログ」です。
トリブログ | ~コンテンツプロデューサーのマーケティング的視点~

おっおっおっおっおっもしろーい!!!
どの記事読んでもアドレナリンでまくり!!
読んでるだけでイマジネーションが刺激される!

という具合にめちゃテンション上がってるんですが、もう少しで過去ログを読み切ってしまいそう。すごい淋しいです……(;ω;)ウウッ
こんなものが無料で読めるネットって本当に素晴らしいなー!と心から思います。マーケティングって何て楽しいんだろう。マーケ最高っ!

なんでマーケティングが楽しいかって、それはリアルな人の心の動きを追うからです。
事実は小説より奇なり。生きている人間が一番面白いっ!

上でご紹介した「トリブログ」でマーケティングに興味がない人でも、自己啓発的に楽しめそうな記事があったのでご紹介します。
ファーストフードコンテンツと思考の棚の関係
抜粋して紹介しようかと思ったんですが、どうもうまく抜きだせなかったので全部読んでください!(無茶振り)

や、ホントそうだよな、って思うので。私も元テニス部なんで余計。
「マーケティング好き好き」とか言ってて矛盾してるけど、データ見て最適化してばっかじゃダメなんだよなって。

例えば、3日前にご紹介した混乱の世の中で、ちっぽけな自分にできること。
これ、明らかにPV(見てもらえる数)が稼げないタイプの記事です。シェアもしてもらえない。タイトルと導入がかけ離れてて構造的にも読みにくいです。

もっと食いつきの良い内容、すなわち「読者が読みたいもの」ってのは、他に色々ある。

例えば恋愛tips(こうすれば彼と復縁できる!)とか、成功の秘訣(こうすればあなたも大金持ち!)だとか、こうすればあなたも前世がわかる!とか。
そういうこと書けばザクザク人は来て金も儲かります。

でも、それじゃダメなんです。
何がダメって、そうしたら私の人生がつまらなくなっちゃうんです。

お前のためかよー!!!!!
って超ツッコミ入りそうですけど、私が続けられるリンデンバウムじゃなきゃダメなんです。サステイナブル・リンデンバウム。……なんかガールズアンドパンツァーみたいな並びだな…英語×ドイツ語的な。

そのためには、面白いお客さんが来てくれないと嫌なんです。
「おおっ!世の中にはこんな素敵な人がおったのか!ムッハァー!」
ってお客さんが来てくれなきゃ嫌なんです。私、ワガママだから。

そういう素敵な人は、上に書いたみたいな「食いつきのいい記事」を出しても来てくれないんです。「あきらめないで!運命のソウルメイトに出会える方法!」じゃダメなんです。「ファッションとメイクの魔法で女の子は幸せになれる♥」なんて、死んでも言っちゃダメなんです!(だってそういう人と私、絶対合わないもん)

今回紹介したみたいな、アニメネタからの言語ネタからの政治ネタにウルトラCで展開する訳のわかんない記事をマニアックにみて反応してくれる人こそが、私が引き合いたい人なんです。そういう人、絶対魅力的!好き!

だから、マーケティング自体はすごい楽しいけど、ウケるものを狙って出しすぎちゃいけないなと。マーケばっかやっちゃ人生がつまらなくなる。

不安を克服→「なんとかなるさ!」

なので、私は「一体お前は何なんだ」と、ほとんどの人から見向きもされないようなことを言います。スピリチュアル好きの人が嫌がるような、グラウンディングの強い内容を押し出します。

だけど、そこにこそ輝きがあるのです。
そんなところでつながってシンクロしてこそ、人生の最もエキサイティングで素晴らしい瞬間に立ち会えるのです。心を揺さぶられる感動に、「私、このために生きていたんだ!」という出会いにつながるのです。

関連記事