学校では教えてくれない素敵な滅び方

汝滅びを受け入れよ
滅びを受け入れよ。

とかいうと何の中二病だよって話ですよね。こじらせすぎだろと。
でもね、スピリチュアルな存在である我々の魂は永遠であると同時に、物質的な肉体を持つ人間としての自分は必ず滅びが訪れるんです。死という滅びが。人類は実に、100%の致死率を誇ります。必ず死にます。

なのに、滅びについて語らない。
学校で学ぶのは「どうやって社会に適応するか(いかに空気が読める従順な社畜になるか)」であり、どうやって死んでいったらいいかなんて教えてくれません。

にもかかわらず、私たちは、滅ぶんです。少なくとも、肉体的には。
老いていくのも、病んでいくのも、死へ向かう順調なプロセスなのです。そこを「老いてはいけない!病んではいけない!健康第一!死にたくいないでしょ生きたいでしょ!!」ってやるの、残酷でしょうが。どうして老いちゃいけないの。病んじゃいけないの。
人間は死ぬものなのに――続きはこちらから
メルマガ最新号に書いてあるIDとパスワードでログインしてください。

無料メールマガジン登録

関連記事