クズな自分も大切にしたほうがいいよ

女子をこじらせて (幻冬舎文庫)

「こじらせ女子」の生みの親、雨宮まみさんがお亡くなりになりました。享年40歳。
【参考】雨宮まみさん死去 『女子をこじらせて』などの著者【UPDATE】

お恥ずかしながら、今まで雨宮さんのご本を読んだことはなく、ウェブの記事でときどき見かけたり、北条かやさんと能町みね子さんがバトってる時にお名前を見かけて「こじらせ女子という言葉は雨宮まみという人が名付けたのか」と知るくらいの無知さでした。
こじらせ女子本も「時間があったら読みたいな」と思いつつ、ついつい手が出るのは帚木蓬生とかで結局なんだかぼんやりした存在のまま、訃報を聞くこととなりました。

逃亡〈上〉 (新潮文庫)
逃亡〈上〉 (新潮文庫)

posted with amazlet at 16.11.20
帚木 蓬生
新潮社
売り上げランキング: 38,210

↑「逃亡」面白いですわー。これでもまだきれいだけど戦争ってこういうものだと思う。

そして、今回「何度かウェブの記事を見たことがあるけど、結局どういう人だったの?」と遅まきながら読んでみました。

そうして、ため息が出ました
「こりゃあ、生きるの、辛いよ」と。

雨宮読者の方には改めて言うまでもないでしょうけれども、雨宮さん、メッチャいい人なんですよ。超絶いい人なんですよ。ビックリするくらい真摯でいい人。
そして、すごい優しい。どんなのを読んでも、誠実で優しい。ものすごい気遣いを感じるし、どんな立場の人にも愛あるまなざしが注がれている。たとえその立場が自分とは違っていたとしても!

そりゃ、生きていられないわ。この世界で。
スピリチュアル風に言うなら「グラウンディング弱くて、この世界に肉体を持った状態でいるのきついわ」。

正直、雨宮さんは結婚してたなら妻をこじらせただろうし、出産してたなら母をこじらせていたでしょう。別に「恋愛してないから」とか「結婚してないから」とかでこじれていたわけではない。「○○してないからダメ」なのではなく、世間様が認めることをしてもこじれますよ。根っこがこじれてるから。
世間様は軽々しく「結婚すれば変わるわよ~」「子供産めば変わるわよ~」って言うけど、そういう言葉を間に受けて苦しむのは何より本人です。世間様は好き勝手言うだけ言って、責任は取ってくれませんから。

そんな彼女の中には「もうこの世界にはいなくてもいいや」という気持ちがあったのではないかと感じます。
【参考】死にたくなる夜のこと – 戦場のガールズ・ライフ

これはあくまでも一つの例えですが、アルコールと一緒に飲んじゃいけない薬を泥酔して「あ、飲み忘れ。飲んどこう」って誤って飲んじゃうとか。なんらかの要因が絡まり合って、明確に死のうという意図はないんだけど結果的には事故っちゃった(死に引き寄せられちゃった)、みたいな可能性は否定できないと思います。

飯島愛OTAKARA写真館―ありがとう永遠の女神 (Rokusaisha’s photo book series)

雨宮さんを見ていて、思い出すのが飯島愛ちゃんのこと。
愛ちゃんも、若くして亡くなって、その死には不可解な謎がからまっています。そして、愛ちゃんも「ものすごくいい人だった」。

オフィシャルに聞こえてくる情報でも「気遣いの出来る人」「とても繊細で人の気持ちがわかる人」なんて評が流れてきますし、約20年前に新宿二丁目で働いてたゲイも「愛ちゃんは本当に本当に素敵な優しい人だったわ!」とベタほめしてました。彼は実際に会って気に食わない芸能人はたくさんいてクソミソにけなすんですけど、飯島愛に関しては悪口0。何言ってもほめ言葉しか出てこない。
雨宮さんの悩み相談(雨宮まみの“穴の底でお待ちしています”)見てても、もう優しすぎてどこの菩薩かと思いましたが、飯島愛ちゃんもすっごい優しくて慕われていたみたいです。

そういう、すっごいすっごい優しい人には、この世界はつらいんです。
優しくて感性が鋭い分、メッチャ傷つくしね。

こういうこというと怒られるかもしれないけど、こういうあまりにも優しい人は、長生きしないほうが僥倖だったりもするかもしれません。優しい人にとっては、死が恐怖ではなく解放である場合もある。

優しすぎるとこの世界はつらすぎるから、あなたは自分のクズ成分を大切にして、ある程度はクズで生きたほうがいいですよ。
あまりにも美しい心で優しく生きようとすると、肉体に収まっていることが非常に辛くて辛くてしょうがなくなっちゃいますよ。

クズであることも大事。優しすぎるのは、よくない。
もし「それでも優しく心美しく生きたい」ならば、何があっても折れぬ強さとしなやかさ両方を持つことです。(でもそれってかなり厳しくて無理目だから、やっぱクズ成分も大事にしたほうが現実的だと思う)

2016年11月21日 | Posted in 人生:スピリチュアルブログ | タグ: , , , Comments Closed 

関連記事