さびしい人間なのは、あなたであって私ではない。

永田カビさんの傑作マンガ「女が女とあれこれできるお店へ行った話」が書籍化されました。

さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ

本作のタイトルは「レズ風俗」となっていますが、メッセージの本質は、彼女が自分自身を生きようとするまでの物語であり、他者とのコミュニケーションへ向けて手を伸ばそうとする、戦いの記録です。彼女がこれを描いてくれたことでわたしは救われたような気がしましたし、彼女のこれからを、心から応援したいと思っています。
永田カビ「さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ」読んだ

あ~読みたい~~読みたいよォ~~~!
しかし電子書籍版が出るまで1ヶ月待つのです。私のように手当たり次第に乱読する人間が紙の本を買っていたら、あっという間に収納に困ってしまいます;;

で、その永田カビ天才さんがpixivエッセイで連載している一人交換日記がまたすごいんですよ!この第3話が!!もう読んでて変な声出た!わかりすぎて!!

kabi01

kabi02

一緒にいるほうが、さびしい
そういう人間って、いる!!!メッチャいる!!!
「結婚したら幸せになれると思ったのに、一人のときより家族ができてからのほうが余計さびしい」というケースも実に結婚あるあるでございます。結婚は妥協と忍耐のための試練だからね…。幸せになるためにするものではないので仕方がないね。
【参考】結婚とは苦難と忍耐の試練である

大体ね、ステキな奥様と仲良し夫婦生活を送ってらっしゃる小池一夫提督先生が「孤独」が人を育てる言うてんのよ。
「孤独」が人を育てる 小池一夫 名言集 (講談社+α新書)


なんぼパートナーと仲良くったって、孤独を感じる時なんかいくらでもあるわい!
「結婚すればHAPPYで寂しくない♪」と思ってる人は、本当に考えが浅いですね。「結婚しないと寂しいよ」という人は結婚しても寂しいのがわからんのか、もしくは気持ちを感じる心自体が無いのだな。

心の通わない人間にいくらたくさん囲まれてても、すごい寂しいのです。
逆に、大自然と動物に囲まれていると、一人でもぜんぜん寂しくない。
私も経験があるので、心の通わない人と無理に一緒にいる孤独感の辛さは身に染みてわかります。あれはリア充による笑顔の牢獄だよ。キラキラしてて全てが華やいでいるのに、心だけは真っ暗っていう。なにあれ。リアル地獄かな?

「一人楽しいです♪」というと
「でもそれじゃ寂しいじゃない」
と返されることがあります。

この返しをしてくる人はわかってないんですよね。
自分が「一人って楽しいっ♪」と気づけない非常に内面の貧しい人間だということに。さびしい人間なのは、そんなことを言い出すあなたの方であって私ではないということに。
でも、自分の感覚に自信が持てないと「えっ、そうなのかな。さびしいのかも」と惑わされてしまうんですよね。そして「ほら、やっぱり。普通はそうなんだって!一人は寂しいよ!」と相手の思い通りに操られてしまう。

しかも、心に背を向けるから
なぜか苦しくなってしまう
 ↓
でもなんで苦しいのかがわからない
 ↓
理由がわからないから解決できない
ループにはまるというオマケつき。

「誰かと一緒にいたら寂しくない」はウソですよ。
心を分かち合えない人間と一緒にいるほうが、一人でいるより100倍寂しいですよ。だから「独身だと寂しい。既婚は寂しくない」はウソだし「恋人がいないと寂しい人。恋人がいればリア充」もウソ。
一人でいたほうが、孤独が薄らぐこともあるのですよ。

誰かに「寂しい人」というレッテルを張られたら、こう心で唱えてください。
さびしい人間なのは、あなたであって私ではない。

2016年06月20日 | Posted in 人生:スピリチュアルブログ | タグ: , , Comments Closed 

関連記事