もっとズルく生きなさいよー。

lilacs

「引き寄せの法則」というのがあります。
私はとってもいい人なので(笑うところです)、リンデンバウムのお客様には非常に非常にいい人が多いです。
「今の世にこんな人がいたのか」とびっくりするくらいの善人が来ます。

それゆえに、世渡りが下手で苦しんでいる人も多い。
そして「愛を与えれば愛が返ってくるはずなのに、どうして?」とおっしゃいます。

いやあ。
愛がある人に投げないと、返ってこないよ?
ずるい人に愛を与えても、「ラッキー☆」で奪われて終了だよ?

あまりにも「いい人」というのは考えものです。
だって、ずるい人の思考がわからないのだもの。「私だったらそんなことしないわ!」で思考停止なんだもの。それでだまされたり都合よく利用されたときに「信じられない!人にされていやなことはしてはいけないのよ!」ってびっくりして終わっちゃうの。だから対処できずに同じことを繰り返す。

悪く言うなら、人の気持ちがわからない無神経な人です。「私だったらしない!」で相手の気持ちを頑固に理解しようとしないのだもの。「間違ってる相手が悪い(変わるべきな)のであって私は正しい!」なんですもの。
そして「あーハイハイ、あなたは正しいですよ。ご立派ですね!」って反感を買っちゃう。

美しい言葉を並べて善行を積み重ねて「私は正しいです!」って正論を堂々と言ってしまう人が、壁にぶつかるのは当たり前。
ぶっちゃけ想像力足りないんだもん。悪への。

たまにはズルくふるまって、すさんでみなさいよ。じゃないと、人の気持ちがわからないよ?
「あいつなんか死ね死ね」とグログロ黒い感情に浸ってみなさいよ。じゃなきゃあなたは一生人の気持ちが理解できない空気の読めない「いい子ちゃん」で、周りから都合よく使われちゃうだけだよ?

light
何でこんなことをわざわざ言うかというと、今の世にはすさんでいる人がすごく増えているからです。
そんななかで「すさみ成分0」で生きていくと、周りとのイザコザは絶えなくなります。人との距離感のつかみ方がわからなくなってしまいます。「さびしい」という孤独感も深まることでしょう。

たまにはズルく、すさんでみなさい。多少ネガティブなこと思ったところで呪われたりなんかしないから。(実際やってみればわかるぞ!!)
すさまないで正しいことを思うがまま言っちゃう「いい人」のままだと、あなたは疎まれてしまいますよ。理不尽に意地悪されるよ?

だって、イノセントにキラキラと善を語る人は「恵まれた環境で生きてきた苦労知らずの妬ましい人」と認識されてしまうのだから。善なるあなたには理解しがたいのだろうけれど、すさんだ人の思考はそういうものなのよ。無邪気に昔の栄光を語るバブル世代が(ただ事実を話しているだけなのに)嫌われるのもそういうカラクリよ。

今の時代にきれいな言葉や気持ちを伝えたいと思うなら、ちゃんとグロッとドロッとしたところも備えた上で言わないと、受け取ってはもらえないよ。
根っこはいい人のままで変わらなくていいから、たまにはすさみなさい。それも大切な一つのレッスンですよ。

↓すさんでる音楽(なんてったってAll Hope Is Goneだ)

↓すさんでる映画

↓すさんでる本

たのしいプロパガンダ (イースト新書Q)
イースト・プレス (2015-12-31)
売り上げランキング: 18,285

「たのしい」をうがった視点で見るなんて!と思うかもしれません。が、すごくオススメです。たのしい快楽を追求することで、気がつかないうちに失っているものに気づけるから。

2016年05月14日 | Posted in 人生:スピリチュアルブログ | タグ: , , , , Comments Closed 

関連記事