生きる意味を失った時 本当の道が開ける

sunset
私たちは今、衰退の道にいます。
生きていても希望はあまりありません。
未来に夢はありません。それどころか、夢を見た分だけ絶望は深くなります。

しかし、衰退は「悪」ではありません。
ただの波です。収穫の秋のあとには厳しい冬が来る。そんな自然の営みと同じことです。歴史を見ればわかるように、繁栄のあとには必ず訪れる。単なる一つのフェーズに過ぎません。

cosmos
衰退の中で学ぶべきは「手放し」です。
だから、今の世に生きるに多くを求めてはいけません。
「子供を産むな」というのも、そのひとつです。子供を作って小さな命に希望と未来を託してはならない。今の時勢となっては、それは大変に(善意あふるる)残酷な行為です。

エゴをそぎ落とし、真の自分に出会う。
今を意義ある時として生きようと思うなら、そのような可能性があります。

――>>多くの人にとって、大切なのは手放しなのです。
メルマガ最新号に書いてあるIDとパスワードでログインしてください。
無料メールマガジン登録

関連記事