不倫は絶対NG!な理由

flow_1
最近の世の流れは急激に速度を増しています。
精神世界の本によく書いてある通りです。
ゆえに、「今までの常識」は簡単に通用しなくなります。

「5年前ではOKだったことが、今じゃNG」
そんな極端なことすら起きる時勢なのです。

例えば、不倫は「人生転落フラグ」になりつつあります。
かつては「英雄色を好む」で男の勲章でした。
ですが、それはもう通用しないのです。

実際に、不倫スキャンダルで次々に大きなものを失う人が続出しています。
ここ最近では、乙武洋匡氏が不倫を週刊誌にすっぱ抜かれ参議院選の自民党公認での出馬を断念しました。
【参考】自民、乙武氏の擁立を断念 「女性票離れかねない」:朝日新聞デジタル

女性目線だと「当然よっ!」なんですが保守的な男社会につかりきった人からすると「たかだか女遊びくらいで、そんなに目くじら立てるなよ」です。エリートと結婚してはならない理由に書いた通り、従来の男社会での不倫というのは「自慢の種」でした。事実、乙武さんだって、妻子持ちでも女とヤりまくりな俺ってばまさにカウパーキング(笑)って勢いでドヤってたでしょ。

東京ラブストーリー DVD BOX

バブリードラマの代名詞「東京ラブストーリー」。そのドラマの中で主人公・赤名リカと上司の不倫は「私たちって、いい恋したよネ☆」と美談にされる始末でした。カンチ、あんたホントにマトモな男だったよ…リカと結婚しなくて正解だったよ……。
25年前は、不倫ってこんなに軽い扱いだったのです。いわば「イイ女が通る道、大人の男による洗礼――」。ああ、書いてて吐きたくなってきた。オエー。でも、バブル時代のオッサン視点だとマジでこんなもんです。

実際に、とある五十代経営者は私にこう言い放ちました。
「自分のトコで雇った女の子と不倫できないような経営者は三流だよ!」

………………。
アッ、ハイ。

絶句しますよね。でも、これ、ドヤ顔で言ってたんですよ。私がドン引きするだなんて全く思わない様子で。
「こんなこと言っちゃう俺カッコイイ!んんっ?もしかして…俺と火遊びしたくなっちゃったカナ?アハハッ!」
って顔で言ってたんですよ。本当に。まじで。キーモーイー!

でも、それが従来の男社会だったんです。
しかしながら流れが急激に変わり、不倫は非常に厳しく追及されるようになった。「不倫絶対NG!」の世に変わってきたのです。世の男性諸君、今の時代は女がらみのハニー・トラップが一番怖いんだから、お気をつけあそばせ。

couple06

ところで最近私は、一生懸命「恋愛体質はダメ!!」とうったえています。
【参考】恋愛体質は不幸体質
ものすごく意外で不本意かもしれませんが実はこれ、不倫NGの流れと無関係ではありません。性欲や愛欲におぼれる人間は、非常に厳しい仕打ちを受けるという同一の流れなのです。

モラルとしては問題の無い独身者の恋愛ですら
「恋のチカラでハッピィに☆」「アタシは恋に生きるっ!」なんて行っちゃうと、アッ!という間に逆境に追いやられてしまいます……ブルブル。

10年前だったら恋愛体質なんて、ふっつーにOKだった。むしろリア充でカッコよかった。モラル的にはNGだけど「不倫こそ純愛」って生き方もアリだった。
でも、今はもうダメです。色恋に狂う人間は運に見放される流れにある。

恋愛に酔っちゃダメだよ。
自分では純愛のつもりかもしれないけど、社会はそう見てはくれないよ。
恋愛体質は万厄の元!心にしーっかりと、留めてくださいね!!

関連記事