肉便器は卒業なさい!

岐阜県 M様より頂いたメールをご紹介いたします。 一部個人情報など具体的な事柄は伏せております。

couple01

Nozomi様

○日にカウンセリングしていただきました、Mです。
その節は本当にありがとうございました。

サロンのドアが開いた瞬間から、Nozomiさんがなぜかすごく怒っているような気がして、「わぁ…私すごく怒られる…!」とビビってさっそく帰りたくなってしまいました(苦笑)
案の定、最初から厳しいお言葉。私のガイドさんめっちゃキレてる!でも自分でも薄々気付いていたことで、ですよね…という感じで涙が出てしまいました。

ずるずるしてしまっている元彼との関係。「男から言われた嬉しい言葉を心の宝箱に大事に大事にしまって、それを覗いては何回も何回も反芻している!バカ!男は言ったことなんて覚えてないんだ!そこに愛はないんだバカ!」「男に夢見すぎ!」「お前はただの都合のいい肉◯器!」
愛のある厳しいお言葉にほんとにグサグサきました。

男がAVのようなセックスを女に求めるのと、女が何も言わなくても男に女心を汲み取って行動して欲しいと望むのは、同じぐらい酷なことだと聞いた時は驚きでした。誠実な男の人には、ちゃんと言わないと分からないんですね(ホストやチャラ男なら分かる)。私は今まで、言わなくても分かるでしょ!分かってよ、という態度を男性にしてきてしまったと思います。

言わないと分からないし、嫌な時は嫌って言わないとダメ。嫌でも「いいよ」って言った瞬間自分の責任に変わる。
本当にそうです。今の状況を作っているのは自分。

私は何もかも求めすぎているとも言われました。
ときめきが欲しいなら愛は諦める。安らぎと愛が欲しいならときめきは諦めてつまらない相手といる。
私の中では究極の選択のような気がして、正直今でもぐるぐる考えてしまって答えは出ません。難しい…。

自分は本当に何がしたいのか。どんな女になりたいのか。自分に問いかけ続けます。
自分の内なる声というものをちゃんと聞けるようにならなければなりませんね。迷いまくり、グダグダ考えまくってしまう私ですが、なんとか答えを出したいです。

この度は本当にありがとうございました。またお会いできる時は少し成長した私でありますように。末永いご縁でありますように。

なぜあなたは「愛してくれない人」を好きになるのか (文庫ぎんが堂)
二村ヒトシ
イースト・プレス
売り上げランキング: 952
愛しすぎる女たち (中公文庫)
ロビン ノーウッド
中央公論新社
売り上げランキング: 62,706
2015年09月05日 | Posted in お客様の声(体験談), 恋愛・結婚:スピリチュアルブログ | タグ: , , Comments Closed 

関連記事