体調悪い?当たり前でしょ

dark
最近体調を崩す人が増えています。どこを見ても風邪をひいている人だらけで、春や夏にすらインフルエンザにかかる人がいる始末。
人によっては、深刻な病に見舞われている場合もあります。

でも、それは至極当然なことです。

シンプルに考えてください。
地球が汚れたら、人も汚れます。
私たちの体は地球の元素、言い換えるなら土、空気などからできているのですから。

地球はひどく汚れています。非常に深刻に汚染が進んでいます。
ゆえに、人間も汚染されるのは、ごくごく当たり前のことです。
病気になるのは、当たり前なのです。

ちゃんと地球の状態を知ってください。本当に地球の状態は悪いです。
そして、あなたもその地球の一部なのです。
地球とあなたは、まぎれもなくつながっているのです。

病気になったら「そうだよなぁ、当たり前だよなぁ。こんだけ地球を汚してきたんだから、病気にだってなるわな」と受け取ってください。「体調が悪いんです。だるくて動けません」と言われても、「そりゃ地球がこれだけ汚れてたらそうなるのは当たり前ですよ」としか申し上げられませんよ。こんなご時世で健康にピンピン爽やかに生きられると思ってるなら、それはあなたの視野が狭すぎます。

ちょっと検索してみれば、どれだけ地球上で動物の大量死が起こっているかなど、すぐにわかります。
【参考】動物の大量死が増加、過去70年の傾向を調査 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト
最近の例から言うと、アラスカではクジラの死体が例年の三倍(30)も見つかっており、カナダのブリティッシュコロンビア州では同時期に座礁して死んだクジラが6体も見られています。これも普段では考えられない多さだそうです。人間の何倍も大きく力強いクジラですら、息絶えているのです。

What’s killing whales off B.C.-Alaska coast? – British Columbia – CBC News

魚の大量死で検索してみると、世界中のニュースがたくさんヒットします。

こんな世界で子供なんか作っちゃダメだよ。
丈夫な体で生きられずに苦しむのは罪も無い子どもなんだから。
子どもを産むのはやめなさい。ちゃんと忠告したからね。

「私が授かった長い人生は、ほぼ20世紀全体と重なります。その20世紀が舞台となったさまざまの悲劇のなかでも私が第一に留意するのは、私が生まれた時点で15億だった世界の人口が、職に就いた時には20億、そして現在は60億に達しているという事実です。

人がこの地球上に現れて以来、これ以上の大規模な災厄が他の生命体に、そして災いの責を負う人類に降りかかったことはありません。この点こそ、ただひとつの真なる問題なのです。私たちの文明を脅かす諸悪の直接的、間接的原因を、個別の要因に求めてはなりません」

文化人類学者 クロード・レヴィ=ストロース
百年の愚行 ONE HUNDRED YEARS OF IDIOCY [普及版]
池澤 夏樹 アッバス・キアロスタミ フリーマン・ダイソン 鄭 義 クロード・レヴィ=ストロース 小崎 哲哉 Think the Earth Project
Think the Earthプロジェクト
売り上げランキング: 247,503
2015年09月02日 | Posted in 読むヒーリング スピリチュアルブログ | タグ: , Comments Closed 

関連記事