起業独立したいならセッション受ける前にすべきこと

business_man
あのーこれ、「スピリチュアルでも何でもない」記事です。
スピリチュアルな神秘体験とか奇跡をお求めの方は期待にお応えできないことを、まずお断りしておきます。

たまーに、「起業したい」「独立したい」「自分の夢を叶えたい」とセッションを受ける方がいらっしゃいます。
そういう方に
「事業をやろうと思っている地区の商工会議所に相談行きましたか?」
ときくと、10人中10人行ってないんですよ。見事に。
で、30万円払って「絶対成功できる!起業セミナー」とか行ってるんですよ。

あの、失礼ですけど聞いていいですか。
アホなんですか?

money

起業にはお金がかかります。事業が軌道に乗るまで利益はあまり出ないと思ったほうがいいし、できるだけ経費を抑えるに越したことはありません。
そのために一番いい道を教えてくれるのが商工会議所です。
もちろん、会員にならないと本格的な活動には参加できません。けれども、非会員でも「起業したいんです」って行けば、まず親切に相談に乗ってくれます。(念のため電話一本入れてアポとって行ってください。現場の人も忙しいので)

しかも会員になったとしても一年1~3万(月1,000~2,000円)くらいで済みます。
札幌市商工会議所の起業支援セミナーなんて6回もあって1万円ポッキリよ!【参考】札幌商工会議所 創業支援事業
30万払ってセミナー行くなんて馬鹿です。

もし万が一商工会議所の職員の対応があまりにも悪くて「こんなとこ入れるかー!!」ってブチ切れちゃった場合は、中同協(中小企業家同友会全国協議会)でも起業相談に乗ってくれる場合がありますよ。ちなみに、ここも年会費は商工会議所とそこまで変わらないところが多いです。

そう、ウチのセッション1回受けるよりあっちの年会費のほうが安いのよ!!
あーもう、こういうこと書くからまた損するのよね! 私も商売下手だわ、全く!!

woman_glass

もちろん夢を見るのは結構なんですけれども、夢を現実にしたいなら一つ一つ地道にコツコツ積み重ねることが何よりも大切です。フワフワフワフワしてる人は何やってもポシャリます。夢見てるだけじゃダメなんっすよ。自分の中にロマンチストとリアリストが同居してなきゃ上手くいきません。

地元のさびれた商工会議所とか「そんなのダサイ」ってバカにしてません?
でも、その土地独自の条例などの起業家支援策、あなた知ってるの? 世の中にはいろんな起業家支援があって、申請すれば税金の控除が受けられたり低金利で融資が受けられる場合があるって知ってる? 少なくとも商工会議所の人は知ってるわよ。
実績も信用も無い人間が銀行いって「融資してください」って言ったってハネられるのがオチだけど、商工会議所の推薦持ってけば通る場合だってあるのよ?

そして、こういうところに顔出しておくと自然と弁護士や税理士等の士業の方々ともお知り合いになります。もちろん起業してすぐに顧問弁護士や会計士を雇える余裕は無いでしょうけれども、法務や税務(&労務)で困ったことがあったら相談に乗ってもらえるあてがあるのは安心できます。やっぱ飛込みだと不安でしょ。そういうところだと評判の悪い人は大体分かるし、つながりがないなら信頼のある人を紹介してもらうこともできます。

あと、融資が必要な場合、頼りになるのは地元の銀行や信用金庫です。
メガバンクに5000万あったって何の意味もありません。少なくとも起業用の貯金はさっさと預け替えしてください。
【参考】「金持ち父さん」になりたい人は、メガバンクor信用金庫のどちらで預金すべき?

「キラキラ輝く素敵な自分になる★」とか夢見てるやつに事業成功させられるわけないじゃん。こんなご時世でも上手くいくのは、本当に泥臭くドブさらいできるやつだけだよ。キラキラ楽しく輝きたい♪ってなら起業はお勧めしません。泥かぶって泥水飲みこむ超絶強メンタルの奴だけが生き残るんだ。
【参考】悪いこと言わないから、会社なんて始めるべきではありません:日経ビジネスオンライン

というわけで、何か事業をはじめたい人はまず事業計画案を作成して地元の商工会議所(地区によっては商工会)に行きましょう。
えっ、「自分に何が合うのか知りたい」?「何をやったらいいのかわからない」?
それなら一生夢見てたらいいんじゃないですかね(笑顔)夢っていいね★-(ゝω・)vキャピッ

姉妹記事もどうぞ

凡人でもプロのヒーラーになる方法

凡人でもプロのヒーラーになる方法
多くのヒーラー志願者が、素晴らしい霊能力を持っています。でも、そういう人の多くが、9割くらいはプロとしてはやって行けません。やって行けたとしても、副業として、細々としかやって行けません。

そういう人が一番勘違いしているのが
「霊能力さえあればヒーラーとしてやっていける」
と考えていることです。

2015年06月10日 | Posted in ビジネス:スピリチュアルブログ | タグ: , , , , Comments Closed 

関連記事