「もう死にたい」とか思ってていいよ

またメンヘラが喜びそうな記事を書かされるので非常に迷惑です。私はメンヘラって苦手なので。うつは甘えで怠けてるだけ。
リストカットの跡ある人とか、もう光速で距離おきます。だって、リストカッターと関わったって絶対いいことないもん。振り回されて嫌な想いするだけ!
経験から断言します。さわらぬリストカッターにたたりなし。手首切る人間にはおさわり禁止。ふれあい禁止。自殺未遂するような人からは遠ざかるに限る!

と、まずメンヘラ除けをしておいて、書きます。

sakura

若い頃は「もっと生きたい!」と思ったほうがいいです。
命への希望があり、生への期待があったほうがいいです。
でも、人生折り返し、アラフォー以降になってくると「もう死にたい」も悪くないです。

「死にたい」という言葉では刺激が強すぎるなら、「もう十分生きたかな」とか「これ以上生きていなくてもいいかな」でもいいです。ポジティブな言い方がお好みなら「いつ死んでも後悔しないな」でもいいです。
スピリチュアルな言い回しがよければ「もうこの肉体に宿っていなくてもいいかな」とか「肉体から離れるときが来てもいいな」とか。
お好きな表現をお選びください。

逆に考えてみてください。
年食って「いつまでも生きたい!」というのは絶望の元です。
だって、もう確実に死は近づいているのだもの。

秦の始皇帝にはじまり、不老不死を求めた権力者は多いです。ですが、そういうことすると大体病みます。余計に苦しみます。だって、「太陽が東から昇るのをやめさせる!!」ってくらい不毛なことしてるんだもの。どう考えても負け戦なんだもの。

もしあなたがまだお若かったとしても「いつまで経っても若い気でいるギラギラした老人」を、どう思います?
キモイですよね。
「小奇麗にするのはいいけど勘違いして若い女を口説くのは迷惑」ってのが大方の若い女性の総意でしょう。
【参考】60代向け雑誌MADUROが変な言葉を流行らせようとしている! | ガールズちゃんねる – Girls Channel –

いつまでもバブリーな気でいるジジイとかマジ加齢臭キツすぎて無理ですよねー。
「いつまで経っても元気元気!」とかいうジジイ、ウザイですよねー。
団塊の世代の老人から言い寄られるとか、何の罰ゲームですか。気持ち悪い!

cosmos

じゃあ逆に「いいなぁ~」とほっこりするようなおじいちゃんおばあちゃんって、どんな人でしょう。
謙虚で懐が深くて、老いを自然に受け入れている人……大体そんな感じになると思います。間違っても若い女になんか手を出さないで、長年連れ添った同年代の妻を大切にしているおじいちゃんこそ、ステキですよねぇ~!!!

「いつまでも現役!」「いつまでもSEX!」とか言ってるジジイは迷惑だからサッサと死ねばいいのに。加齢臭キツイですー。お口クサァーイ。

でもね、人生に希望を抱きすぎて命にしがみついてると、そうなっちゃうんですよ。
不老不死(アンチエイジング)バンザイ!になっちゃうんですよ。
だから、「もう死にたい」が大事なんです。

lotus

「もうたくさん生きたからいいやぁ」と思えば、人間は謙虚になり、欲張らなくなります。生への執着をどんどん手放していくことができます。
当然、死への恐怖は薄らぎ、逆に命が終わることが安らぎとなっていきます。

命あるものは必ず死ぬ。形あるものは必ず滅びる。
そういう宇宙の法則を受け入れることになります。
ある意味悟りの境地です。

年齢を重ねてきたら「もう生きなくてもいっかぁ」と思う気持ちを否定しないでください。そこを否定すると、ドンドンドンドン辛くなってきます。
「そのうち自分も死ねるのだ」と思うと、楽になれる。これは年齢を重ねた人間にとって大いなる知恵ですよ。

もちろん自殺はダメです。天命は全うしなければなりません。【参考】自殺はただの逃避
でも、寿命が近づいてきたなら、それを穏やかに受け入れればよいのです。死にたいと思ってていいのです。
十分生きて傷ついてきた人間にとって、死は間違いなく安らぎですよ。

2015年05月02日 | Posted in 人生:スピリチュアルブログ | タグ: , , Comments Closed 

関連記事