与えすぎは、よくない

皆様お元気ですか。いよいよGWですね。
私は相変わらずゲーム刀剣乱舞をやっています。
今は低レベルで組んで検非違使狩やってるところです。
touken05
YES。相変わらず長曽祢さん来ません。浦島君2人目来ました……

この刀剣乱舞というゲームは基本無料でできます。お金をかけてもっと楽にプレイしようと思えばできるし、無料のままでもできます。
私はファミコン時代、いやゲームウォッチ時代からのゲーマーなので「こんなゲームが無料でプレイできるなんて、すごいなあ」と感動してしまいます。

でも、「ゲームが無料であることが当たり前」という層の一部には、このゲームは超クソでクソ運営がクソなゲームをつまらなく作っているように見えるようです。
確かに、バグがあったり商売下手だなあと思うところもあります。期間限定イベントをジャンジャカやったりお気に入りキャラを強化したりデコるシステム作ればもっと課金する人増えるのに、とも思います。
だけど根本的には、自分のような「ゲームソフトに1万円払ってそれでもクソゲーを引く」みたいなことをしてきたゲーマーにとっては、「そこまで罵ることなのか」とズレを感じます。

要するに、基準が違うのです。
「タダで当たり前」と「タダなんてありがたい」と。
同一のものを見ているはずなのに、ここまで感じ方に差が出るのです。

与える女は、不幸になる!

婦人公論 2014年 12/7号 [雑誌]

二度目の離婚をした作家の村山由佳さんは、婦人公論でこのように述べています。

今後については……、そうですね、もう結婚はしないかな。
これまで2度結婚して、それぞれの人は性格的には真逆なんですが、そのどちらとも離婚することになってしまった。この点から考えると、おそらく私の側により多くの問題があるのだろうなあ、と思わざるを得ません。

これは自覚しているのですが、私の悪癖は男性に尽くしまくってしまうことです。相手が望んでいようといまいと、とことん尽くす。相手のためではなく自分のためです。なぜなら、そうしていないと、相手に必要とされるだけの価値が自分にあると思えなくて不安でたまらないから。その自己評価の低さがいけないんだと、わかってはいるんですけど。

――婦人公論2014 12/7号<告白 離婚を決めて>「結局俺はポイ捨てかよ」彼の言葉が胸に突き刺さる 村山由佳

そう。
男に尽くすって、本当に女を不幸に突き落す。
男って尽くすと簡単に調子に乗りますから。

私は料理が好きで家事全般が大好きです。テンプレで金星かに座です。
家の中を心地よい環境に整えることが得意です。

男がいようといまいと、本質的にそうなのです。
というか、一番の目的は「私に心地よい環境を提供すること」であって、男性に尽くすために家事をするわけではありません。たまたま誰かがその近くにいたから「あぁ、じゃあご飯食べる?」というかんじで、「ついで」にすぎません。

なのに、結果的にはそれが男性を「こいつは『尽くす女』で、俺のいうことは何でも聞くのだ! ガハハハ!」という天狗にさせてしまう。何を勘違いしているのだか意味不明なのですが、男性に何度か食事を提供すると見事にそうなってしまうのです。

だから「男に尽くすって、本当によくない!」と私は声を大にして言います。
少なくとも女性にとって劣悪な関係を作り上げてしまいます。男がいるほうが疲れるようなロクでもない関係しか作れなくなっちゃいます。

大切なものを簡単に与えちゃダメ

park_tree_green

はじめっから当たり前のように与えられているものに、人間はありがたみなど感じないのです。
蛇口をひねれば水が出るのは当たり前だし、空気があって呼吸できるのも当たり前なのです。そして「お前はやって当たり前」で、少しでもミスをすると途端に不機嫌になられるのです。

人間ははじめに与えられた環境を「当たり前」と思います。それが基準になります。
だから、あなたにとって価値があって労力を割かねばならぬものを「当たり前」のように提供すると、相手は(あなた自身を含め)それをないがしろにするようになりますよ。

安易に何でもポイポイと与えればいいというわけではないのです。
植物だって肥料を与えすぎると根腐れしてしまいます。

特に、男性に尽くしてはなりませんよ!
尽くすと男性をスポイルし性根を腐らせるだけです。
あなたが幸せになりたいなら、男に尽くしてはならないのです。

愛しすぎる女たち (中公文庫)
ロビン ノーウッド
中央公論新社
売り上げランキング: 48,499
2015年04月26日 | Posted in オタク ヒーリング, 恋愛・結婚:スピリチュアルブログ | タグ: , , , Comments Closed 

関連記事