できればいいってモンじゃない

相変わらずゲーム刀剣乱舞やっています。リアルネト充のススメです。
春の庭におわすばみ様は実にお美しい。(塩対応はご褒美です)
08
ばみ様カンストしました。うれしい。でもさびしい。ばみロス。

骨喰の代わりに久しぶりに鯰尾入れたら、すごいカッコよくてビックリしました。君、かっこいいね!鯰尾くん。
真剣必殺の髪おろした鯰尾くんやばいですね。カッコイイです。馬糞はいりません。

刀剣乱舞はレベリング(レベル上げ)が大切なゲームなので、時間をみつけてはちまちまちまちまちまちまマップ周回しています。
刀剣乱舞のゲームシステム自体はシンプルなのですが、快適なレベリングには、コツが要ります。そして、「これって実にチーム(組織)運営そのまんまだなあ」と驚くのです。

例えば、蛍丸は育つと超誉ゲッターで、誉独占で周りの疲労たまりまくりになります。当然放っておくとレベル差も開いてしまう。
蛍ちゃんはメッチャ頼りになる存在だしボスや検非違使戦では欠かせないメンバーなんですが、日ごろの周回ともなると足の遅い馬や並刀装をわざとつけてあんまり誉取りすぎないようにしたり、快適レベリングのためには思い切って外してしまうこともあります。

刀剣乱舞やってない方に説明すると「超デキる天才新人ちゃんが、仕事の成果独り占めにしちゃって周りが腐る」という現象が起こるんです。もちろん対外プレゼンやコンペ等を彼に任せておけば超難関も一発スルー+契約成立なんで、スッゴイスッゴイありがたい存在ではあるんですよ。だけど、そういう存在がいると、日常業務の中ではとびぬけすぎちゃって却って浮いて周りのモチベを奪ってしまう。だって「え、そんなの簡単ですよね?」と、先輩ができないことサラッとやってのけるわけですよ、新人ちゃんが。そりゃ皆やる気なくしますわ。

だから、こういう時上司はわざとその新人にドサ周りやらせたりコピー取らせたりエクセルに数字ひたすら打ち込ませたりで、あんま実力出せないようにするんですよ。そうすることによって、ようやくチーム内のバランスが取れる。
そうすると新人ちゃんは当然ストレスためちゃうから、上司は「いや、お前ができるのはわかってるよ。今度のコンペでもお前に叩き台出してもらいたいと思ってるからな」とアメを与えるのも忘れずに。

しかもね、この蛍丸(天才男子)と石切丸(凡人おっさん)の関係が、また!
蛍丸がいなかったら、石切丸だってエースなんですよ。第一線の選手なんですよ!
なのに、蛍ちゃんが来たとたん誉(成果)取られまくりで、挙句の果てに(疲労で)コンディション落ちて、情けなくどよーんとしているオッサンの姿……。もうリアルすぎて私まじ心痛むよ!!(涙)タイバニかよ!

ゆえに、果てしなく仕事(出撃)しても誰もモチベ(桜)を下げず順調に業務(レベリング)をこなしていくためには、チームマネジメント的な思考が要求されるわけです。
面白いのが「有能ならそれでいい」というわけでもないこと。
ここ一番のコンペ等(ボス戦)では、確かにできるプレーヤーがいないと困るんですが、日常業務(レベリング)はデキりゃいいってもんでも無かったりする。

例えば「蛍丸が一人で誉(成果)独占して困る」って単純に外してみても、今度は次のできる人が誉独占するだけになっちゃったりする。
組織論でよくいう「2:6:2」の法則がここでも発動するんです! 誰かがいなくなったら、自然とそのポジを穴埋めする人が現れるという法則です。
【参考】2・6・2の法則

「○○だから排除」したところで問題は解決しないんですね。
モチベ落ちてる(疲労気味)のキャラに投石つけてピッチャーにして誉(成果)ゲッターにしたり、馬や刀装付け替えて起動順変えたりしたほうが上手くいく。邪魔に見える誰かを切るより「いる子を活用する」ほうが大切だったりする。

office_hands

リアルでもそうですよね。リストラしたら業績上がるかっていったらそうじゃないでしょ。仕事ができない人を首切ったって、業務システム自体に問題があったら解決しない。人が問題なんじゃなくてシステムが問題っていうのを強調するだけの結果になる。

「この人と結婚さえすれば人生バラ色!」とか「こいつさえ退職すれば全て解決!」とか「転職すれば私は幸せになれる!」とか、ついつい短絡的なことを思いがちだけれど、そうは問屋が卸さない。上手くバランスを取るには、目立たない意外なところがキーだったりもする。毒親問題でよく母親の過干渉がクローズアップされますが、大抵その後ろにはもっと根深い問題として父親の家庭への無関心があるように。

スピリチュアルな言い方をするならば、「必要なものはもたらされる」。
自分の学びにとって必要な人、もの、環境はすべて整えられる。
もちろん、排除したり捨てたり変えたりするのは本人の自由ですが、本当に必要でもたらされているものは、何度捨ててもまた現れる。似たような人が現れ、似たような環境に引き寄せられる。

ひとまず与えられた環境でできるだけトライ&エラーして、少しずつ地道に自分にとって心地よいものを得ていくことが大事だなあ。手間暇かかるけど、それが一番確実。
なんて、刀剣乱舞をプレイしていて思うのです。ばみ様hshs。
刀剣乱舞-ONLINE- クリアしおり 骨喰藤四郎

2015年03月31日 | Posted in オタク ヒーリング, ビジネス:スピリチュアルブログ | タグ: , , Comments Closed 

関連記事